1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 【大塚角満のFLOプレイ日記 かど散歩】第4回:自由世界への助走

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【大塚角満のFLOプレイ日記 かど散歩】第4回:自由世界への助走

2018-07-26 14:38 投稿

kadosanpo_header_600

自由世界への助走

厳正なる抽選の結果、我が周辺に蠢く神の使い(『ファンタジーライフ オンライン』プレイヤーのこと)たちのライフが決定した。改めて書き出すと、

・中目黒目黒……木こり
・たっちー……王国兵士
・大塚角満……狩人

こんな感じ。そして、こいつはまあどうでもいいんだけど、岩田ジュビ漏という元ファミ通Appの編集者が、

「大塚さん!! 僕も『ファンタジーライフ オンライン』を始めましたよ!! ライフはもちろん“釣り人”です!!」

と、ヨダレをまき散らしながら接近してきたので、「あっそ」と一蹴。すると、

「なんでそんなつれないんですか!! ……あ! もしかして僕が釣り人だから、“つれない”と“釣れない”を掛けているんですね!?」

と、気が狂いそうなほどつまらないことを言ってきたので、ジュビ漏からのフレンド申請は拒否しておいた。こんなのは放っておいて、プレイ開始だ!

さてここからちょっと、ゲームの流れに沿ったことを書こう。ニンテンドー3DS版にはない要素がたんまりとあるので、かつてのプレイヤーたちにもかなり新鮮に映ると思う。

オノレの分身を作ったあと、まず最初に悩まされたのがこのシーンだった。

flo4-1

いつもいがみ合っているふたりの神様、ザケン(知恵の神)ブット(力の神)から、「ウチの陣営に入ってくれ!」と勧誘されるのである。

さっそく、ニンテンドー3DS版にはなかった要素である。説明を読むと、“どっちを選んでも物語の進行には影響ないっす”とあるが、続けて、

“今後、各陣営で競い合うイベントなどを予定しています”

なんて、聞き捨てならない文言が付け加えられているではないか!! これにプラスして“陣営を変更できる機能も開発予定”とあるので、本当に気楽に選んでもいいのだろうが、我が46年の人生経験上、こういう選択肢で一度選んだものって150%くらいの確率で変更なんてしないので、後悔しないように決めたい。そこで、もっともいっしょに遊ぶであろうたっちーと相談し、結果、

flo4-2

のブットの陣営にお世話になることにした。あとで聞いたら目黒も赤を選んだとのことなので、後々のことを考えてひとまず安心。「直感だったけど、よかった^^」、「イベントごとがあったら、いっしょにできそうですなあ^^」なんてホクホクしながら話していると、前出のジュビ漏が口を半開きにして、こんなことを言ってきた。

「大塚さん! 目黒さん! 陣営、どっちにしました!? 僕はもちろんにしたんですけど、おふたりもそうですよね!?」

俺と目黒は無言で目線を交わし、改めて、

にしてよかったなぁ^^^^」

と言い合ったのだった(※もちろん、仲がいい上での冗談ですよ)。

このあと、例のライフ決めがあり、

flo4-3

続いてパートナーキャラが手に入る“召喚”を実施することになる。これももちろん、『ファンタジーライフ オンライン』ならではの要素だ。ここでは無料で4回の召喚を行い、その中から好きなキャラを1体、仲間にすることができるようになっている。ちなみに俺は、以下の4名を引き当てた。

flo4-4
flo4-5
flo4-6
flo4-7

上から、採掘師、裁縫師、王国兵士、魔法使いだ。もちろん、どれを選んでも問題はない。が、『ファンタジーライフ オンライン』はフィールドに出るとき、彼らのようなパートナーを連れていけるので、“自分のライフではできないこと”を補ってもらうことがミソのひとつ。つまり、

「わ、わし、傭兵だから、一生石も木も採れないし、お裁縫もできないんだ!>< おべべが欲しかったら、金で解決するしかないんや!!>< 脳筋が憎い><」

なんて嘆く必要がないわけ(自分のライフもチェンジできるしね)。俺はいま狩人なので、「さらなる火力を!」ってんで王国兵士を選んでもいいが、ここは、やはり……!

「そもそも自分でなりたかったのは採掘師なので、その夢をパートナーに託すことにしよう」

ということで、採掘師の“ロッタナ”を選択した。これでフィールドに出るたびに、彼女に鉱石を掘ってもらうことができるぞ^^

その後、ニンテンドー3DS版をやっていた人にはおなじみ、天界の案内人と言える少女“ユエリア”と合流

flo4-8

▲なんか俺、案山子みたいになってるけどw

そして、

flo4-9

懐かしの“パーテル大平原”を舞台に物語が始まったのでありました!

さてここからいよいよ、プレイヤーのライフスタイルに合わせた自由な冒険が始まる。ストーリーを進めてもいいし、フィールド探索に精を出してもいいし、新要素“ビレッジ”の開拓にいそしんでもいい。はたまた、

flo4-10

パーテル大平原の象徴、“イネムリドラゴン”にちょっかいを出しても……よくないなw

毎回コラムの締めに書いているが、いよいよ次回あたりから、好き勝手に仲間と遊んでいる様子を書いていきます!w こうご期待!!

前へ

大塚角満

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

『FLOプレイ日記 かど散歩』バックナンバーはこちら

ファンタジーライフ オンライン

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーレベルファイブ
公式サイトhttp://www.fantasylife.jp/flo/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧