1. サイトTOP>
  2. プロゲーマーやYouTuberも参加した『PUBG MOBILE』初のオフラインイベント!ドン勝したのは……

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

プロゲーマーやYouTuberも参加した『PUBG MOBILE』初のオフラインイベント!ドン勝したのは……

2018-06-17 19:18 投稿

幕張メッセでドン勝!

2018年6月17に幕張メッセで開催された“RAGE 2018 Summer”にて、『PUBG MOBILE』のオフラインイベント“RAGE×PUBG MOBILE ドン勝チャレンジ”が実施された。

IMG_0714

イベントでは来場者の中から参加プレイヤーを募集し、有名プレイヤーを交えた最大50人によるカスタムマッチが全6回執り行われた。

本記事では、激戦がくり広げられた全6試合の様子をお届けしていく。

・大会のアーカイブはこちら

『PUBG』プレイヤーが集う!

会場には試合開始前から多くのプレイヤーが駆けつけ、参加希望者が列を作った。

参加無料でオフラインの大会に挑戦できるということで、クランメンバーといっしょに挑戦するプレイヤーもいたようだ。

IMG_0737
IMG_0683
▲イベント前半は、“ブンブン丸”やプロゲーマーの“SUMOMOXqX”、YouTuberの“よさこいバンキッシュ”の面々がゲストとして登場。
IMG_0684
▲後半は引き続き“ブンブン丸”、“けんき”や“Nigongo”、“高田健志”がイベントの進行を務めた。
IMG_0676
▲本大会で優勝者にプレゼントされた非売品のドン勝Tシャツ。

第1戦

第1戦は、よさこいバンキッシュの“わきを”、“ステップ”のふたりがゲストプレイヤーとして参戦。

IMG_0694

“わきを”は、プレイヤーが密集しやすいポチンキに降下。

危険性も高いプレイングではあるが、幸い近くに降りたプレイヤーは少なく序盤から安定して物資を確保した。

一方、“ステップ”は家屋の探索中に待ち構えていたプレイヤーと遭遇。撃ち合いの末に敗北し、序盤での敗退となった。

IMG_0691

好調なプレイングを続けてきた“わきを”も、遮蔽物がない場所で接敵して銃撃戦になり敗退。

後の試合は、会場に集まったプレイヤー同士の決戦となった。

ラストはパルスの範囲が収縮する中、一騎打ちで接戦をくり広げた。最後まで慎重な立ち回りを続け、撃ち合いに勝利したのは“Nova4MesAb1”。

IMG_0704
【ドン勝プレイヤー】
Nova4MesAb1
IMG_0707

第2戦

第2戦は、よさこいバンキッシュの“オナブタ”、プロゲーマーの“SUMOMOXqX”がゲストとして参戦。

『PUBG MOBILE』に慣れていない“オナブタ”が終点ギリギリの位置で降下をはじめる中、“SUMOMOXqX”は着地と同時に車両を確保する好調な滑り出しでスタートした。

IMG_0719

しかし、第1戦で2位だったプレイヤー“NovaYu4”が“SUMOMOXqX”とゲーム中盤に接触。“NovaYu4”の的確な動きかたと射撃のテクニックで、“SUMOMOXqX”が撃破された。

一方の“オナブタ”は、戦闘をせずにひたすら車両で移動を続け20位以内まで残っていたが、最後はパルスの収縮でダメージを受けて敗退。

IMG_0729
▲“オナブタ”は一度も戦闘をすることなく、ひとり敗退。プレイを終えた“オナブタ”は「ひとりだけRPGを遊んでいた」とコメントを残した。

ラストは、第1戦でもキル数を稼いでいた“はたやーん”と“NovaYu4”のバトルに。正面からの激突は、“NovaYu4”が見事なエイム力で撃ち勝った。

IMG_0730
【ドン勝プレイヤー】
NovaYu4
IMG_0733

第3戦

第3戦は、再び“わきを”、“ステップ”がバトルに参加。

最初の物資探し中、“ステップ”は近くにプレイヤーがいたことに気がつかず、一方的な攻撃を受けて早くも敗退した。

IMG_0741

残るゲストプレイヤーの“わきを”は、冷静な動きでキル数を稼ぎながら移動。最終的には倒されてしまったが、8位まで残る奮闘を見せた。

最後まで残っていたプレイヤーは、前2戦で活躍していた強者ばかり。遮蔽物の少ない中、慎重な立ち回りで“marunn”が勝利をつかんだ。

IMG_0748
▲最終決戦は平原がメインで遮蔽物が少ない場所に。プレイヤーの位置を的確に見極める状況判断が勝利に繋がった。
【ドン勝プレイヤー】
marunn
IMG_0750

第4戦

2部となりゲストメンバーの変わった第4戦目は、“Nigongo”と“高田健志”がゲームに参加。

どちらもPC版をやり込んでいるだけあり、序盤の物資回収をスムーズに進めていった。途中、物資を中心に両者が睨みあうシーンも。

ゲスト同士で潰しあう展開が心配されたが、ギリギリのところで遭遇は避けられた。

IMG_0765
▲物資を狙って一触即発の展開!“高田健志”が匍匐前進で進んだため、気づかれずに済んだ。

終盤は第1戦でドン勝を決めた“Nova4MesAb1”と、“セロリ菌”の一騎打ちに。

家屋に潜む相手に向けて的確にグレネードを投げ込む“Nova4MesAb1”の冴えたプレイングには、ゲストからも称賛の声が上がった。

最後は意を決して家屋から飛び降りた“セロリ菌”が銃撃戦を制し、勝利を収めた。

IMG_0781
▲モバイル版では狙いにくいと言われるグレネードを、的確に窓から投げ入れる見事なプレイングが連発。
IMG_0786
▲激しい銃撃戦の末、“セロリ菌”が勝利した。
【ドン勝プレイヤー】
セロリ菌
IMG_0787

第5戦

第5戦は、“けんき”がバトルに参戦。

ここまでゲストプレイヤーが一度もトップ5に入っていないことから、“けんき”は安定方向でトップ5に入ることを目指すと意気込みを表明した。

しかし、降下地点の選択に失敗して何とも幸先の悪いスタート。車両を入手してからはプレイヤーを引いてキル、落ちてきた物資の回収などで上手く持ち直すことに成功。

IMG_0797
▲危険を顧みず、一直線に物資の下へ。ほかのプレイヤーの姿もなく、安全に物資を回収することができた。
IMG_0799
▲戦闘を避けるプレイで、見事3位にランクイン!

ラストはキル数を稼いでいるふたりのプレイヤーが激突。パルスの収縮が迫る中、最適なタイミングで構え撃ちをした“慢心王ぽいぬ”が勝利した。

IMG_0807
【ドン勝プレイヤー】
慢心王ぽいぬ
IMG_0812

第6戦

本大会最後の試合には、再び“Nigongo”と“高田健志”が参加した。

ラストはドン勝を取りたいと、“高田健志”のやる気も十分。全試合で活躍したハイレベルプレイヤーも引き続き参加する中、最後のバトルがスタートした。

IMG_0820
▲開幕早々、物資探しをしているプレイヤーをキルする“高田健志”。

車両で積極的にロードキルを狙うプレイヤーが現れるなど、ここまでになかった試合展開に。

ラストは、有利なポジションを確保できた“みさとちゃん”がドン勝を手にした。

IMG_0831
【ドン勝プレイヤー】
みさとちゃん
IMG_0836

モバイル版特有の動きにも注目したい

今回の大会はプロが集まるものではなく、会場に訪れたプレイヤーが参加する形式となっていた。しかし、いざゲームがはじまってみると、ハイレベルなプレイヤーによる熱い戦いがくり広げられた。

6戦を通し、最後まで残っていたメンバーもほぼ同一。ゲストとして参加していたプロゲーマーも感心するような腕前を見せてくれた。PC版とは違った操作が要求されるが、すでにモバイル版に最適化された動きをするユーザーが活躍をしているようだ。

プロでも負ける可能性があり、アマチュアにも勝てる可能性がある『PUBG』の魅力はそのままに、モバイル版ならではのプレイスキルも楽しめることが確認できた今回の大会。今回ドン勝を決めたプレイヤーが、今後もモバイル版の大会で活躍してくれることを期待したい。

・大会のアーカイブはこちら

PUBG MOBILE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーPUBG
公式サイトhttps://pubgmobile.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧