1. サイトTOP>
  2. 初代『サカつく』の生みの親が手がける斬新過ぎるパズルゲーム『天空のバルスミラス』発表!

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

初代『サカつく』の生みの親が手がける斬新過ぎるパズルゲーム『天空のバルスミラス』発表!

2018-06-14 22:02 投稿

独特な世界観とゲームシステムが公開に!

ヴァールコードは、スマホ向けダークファンタジーパズルゲーム『天空のバルスミラス』を発表、併せて公式サイトをオープンした。

ヴァールコードはセガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)で初代『サカつく』を生んだ辰野英志氏が代表を務めるゲーム会社。“アイデア”を武器に“本当に面白くて新しいものをつくる”理念のもとに開発されたのが、本作『天空のバルスミラス』となる。

11

ゲームは非同期型の対戦プレイがメインだが、これまでのパズルゲームとは一線を画すゲーム性となっている。

各プレイヤーは天空城の君主となり、複数のパーツから“防衛ユニット”を構築。攻撃戦と防衛戦のふたつがあり、前者は敵防衛ユニットの破壊、後者は死守が目的となる。攻撃戦の場合は飛行石を飛ばして敵防衛ユニットを攻撃するが、防衛戦は完全放置。防衛ユニットが突破されたか否かの結果を確認だけとなる。その結果を受けて、防衛ユニットをどう改善して構築していくかがプレイヤーの腕の魅せどころとなりそうだ。

<ストーリー>
かつて、この地上はミラス人(びと)によって支配されていたという…彼らは、特殊な石工技術を持ち、終わりなき飛翔を叶える“天空石”を作り出すことができた…やがて、“天空石”の強大な力を持て余した彼らはついにその支配の場を天空にまで求めたという…この傲慢な振る舞いに憤怒した“大いなる意思”により地上は一夜にして深い海の底に沈んだ…

しかし、一部のミラス人たちは“天空石”の力によって空へ逃れたという…

やがて、その末裔たちによって空に浮かぶ王国、天空の城がつぎつぎと建造されていった…

誰も体験したことがない世界

プレイヤーは、かつて地上を支配したミラス人(びと)の末裔のひとりとして、天空の城(王国)の若き君主となる。その天空城をみずから操り、スーパーセル(超巨大積乱雲)に住まう、空を覆い隠すほどの巨獣をハンティングするなど誰も体験したことのない独特の世界が堪能できる。

15
18
▲超大物の巨獣を手に入れることで、戦力を強化し、戦いを有利に進めることができる。

ストラテジー要素を持つ戦略性の高いパズルゲーム

『天空のバルスミラス』は、指一本の簡単操作でありながら、爽快で戦略性の高いパズルを楽しめることが特徴。そのポイントとなるのが、天空の城を守る独特のシステム“防衛ユニット”。

防衛ユニットは、さまざまな特徴を持つパーツで構成されており、そのパーツの組みかたによって、パズルの攻略方法はまったく異なるものに。プレイヤーは、自身の天空城を守るこの防衛ユニットを自由に作ることができ、対戦プレイで敵からの攻撃に備えていく。

 14
▲防衛ユニットは、さまざまな特徴のパーツで構成されプレイヤーが自由に組み合わせて作成可。配信後、定期的に新しいパーツが投入される予定。
10
▲“天空石”から作り出される“飛行石”を打ち上げ上空から迫る敵に潰される前に、敵の防衛ユニットを破壊。指一本の操作で、爽快で戦略性の高いパズルが楽しめる。

リアルタイム3DCGとリアルなモーションで活躍する巨獣

火、水、樹、雷と言った属性を持つ巨獣は、リアルタイムの3DCGで描かれている。そして、リアルなモーションによって命を吹き込まれ、まるでそこに生きているかのようなリアリティを感じさせてくれるという。人気の高いドラゴン系の巨獣や、これまで見たことがないような巨獣が、この世界の独創性をさらに高める要素に。

巨獣

天空の城を守る巨大なる守護者“シモベ”

手に入れた巨獣で、三体一組のチームを編成し、シモベとして戦いに参加させることができる。シモベとなった巨獣は、パズルの戦いをサポートする強力なスキルを発動したり、衝突寸前まで接近した敵の防衛ユニットに体当たりを行い、絶体絶命のピンチから救ってくれることもある。

また、条件が揃ったときに展開される、巨獣同士の戦い“モンスターバトル”が、さらに戦いを盛り上げてくれる。

シモベ1
▲シモベは一体ずつ順番に登場し、天空の城を守っていく。敵の防衛ユニットの特徴やウェーブ数に合わせて出撃させるシモベの順番も重要な戦略のひとつとなる。
シモベ2
▲防衛ユニットには、巨獣を封印しているパーツがあり、この特殊なパーツによって引き起こされるのが“モンスターバトル”。巨獣は巨獣でしか倒せないというのが、戦いの鉄則。

マイペースで楽しめる非同期の対戦プレイ“サンダツ戦”

対戦は、相手プレイヤーの天空城に、好きなタイミングで攻撃を仕掛ける“攻撃戦”と、相手プレイヤーの攻撃から、自身の天空城を守る“防衛戦”の、2種類の戦いで構成される。

防衛戦は、あらかじめ天空城に設置した防衛ユニットが、ほかのプレイヤーの攻撃から24時間守ってくれるので、完全放置プレイとなり、あとからその戦いをリプレイで観戦できる。非同期の対戦プレイなので、プレイヤーはマイペースで、マッチングやタイムラグなどに悩まされず快適にほかのプレイヤーとの対戦を楽しむことが可能だ。

簒奪戦1
▲防衛ユニットが天空城を24時間守っているので、防衛側は100%放置プレイで成立。決着が付いたらプレイヤーに通知してくれる。
簒奪戦2
▲“攻撃戦”では、プレイヤーの天空城は下に陣取り、上空から迫る敵(ほかのプレイヤーの天空城)を攻撃する。

ひとりでも思う存分に楽しめる要素が充実

ひとりで楽しみたいときは、用意されたステージを次々クリアーし報酬を手に入れていくひとりプレイ専用モードがオススメ。対戦では体験できないような特別なステージ設定や、さらに深いパズルを気軽にテンポよく楽しむことができる。

また、後述の“防衛ユニット”のエディット機能を使い、難攻不落の防衛ユニットを目指して、じっくりと作り込む楽しさもある。

6

謎の女商人が登場するとレアアイテムやときには巨獣さえゲット可能なルーレット・チャンスが無料でまわせるとのこと。

1

防衛ユニットのエディット機能で長く遊び続けられる

パズルの攻略に大きな影響を与える“防衛ユニット”を、プレイヤー自身が自由に作成可能。配信後も、定期的に新しい特徴を持った新パーツを追加していく予定だ。

防衛ユニット1
▲防衛ユニットのエディットで使用可能なパーツは種類豊富。それらのパーツには重量があり、防衛ユニットの総重量が制限をオーバーするとサンダツ戦で使用不可に。制限の中でどれだけ強力な防衛ユニットを作り出せるかが勝負。
防衛ユニット2
▲プレイヤーが作ったオリジナルの防衛ユニットはお気に入りなど、一定数を保存しておくことも可能。サンダツ戦ごとに変動するギミックやルールに合わせて有利な性能を持つ防衛ユニットを作り出すことも防衛戦で勝利するためには重要に。

『天空のバルスミラス』公式サイト

『天空のバルスミラス』公式Twitter

天空のバルスミラス

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルパズル
メーカーヴァールコード
公式サイトhttp://www.balusmiras.com/
配信日2018年8月
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧