1. サイトTOP>
  2. 『グラブル』“推しペア”アンケート深読み版 vol.20ラカムと騎空艇のことを語り合うなら?

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

『グラブル』“推しペア”アンケート深読み版 vol.20ラカムと騎空艇のことを語り合うなら?

2018-05-26 11:00 投稿

『グラブル』“推しペア”アンケート深読み版!

発売中のファミ通App NO.035 Androidでも好評、『グランブルーファンタジー』(以下、『グラブル』)のホットな情報をお届けするファン連動型ページ“グラブル部”。

グラブル部_ロゴ_CS6

毎回お題のキャラクターにベストマッチなイチオシメンバーを答える、名付けて“推しペア”アンケート! 今週も全空2000万騎空士さんの生の声とともに熱いパワーが届いてます! 誌面では紹介し切れないディープな“深読み版”の記事に、いざ注目!

【今回のお題】ラカムと騎空艇のことを語り合うなら?

グラブル_04ラカム

第1位>子供の頃からいつまでも推し:ノア

騎空士達の集う島・ガロンゾに暮らす、謎めいた雰囲気を持つ少年。すべてを見通すかのような眼差しで、主人公らを導く。幼い日のラカムと出会ったことがあり、彼ととある約束をしているというが……。

01ノア

【ココが推し!】
関係のある二人だけど余りこういった絡みを見ないから/むしろ彼以外の回答を思い浮かべる方が難しい/騎空艇のことにおいてノアを選ばない理由がない

第2位>マシンを語らせたら止まらない推し:ミュオン

小型騎空挺“走艇”のレース、スカイレースで名を馳せる若き実力派レーサー。その圧倒的な実力と端正な容姿から高い人気を誇り、「蒼い流星」と呼ばれる。スピードに特化した走艇「ブルーオービット」を自在に操り、ひたすらに速さを追い求める。

02ミュオン

【ココが推し!】
走艇と騎空艇に乗って感じる風の心地良さや、操舵技術のお互いの長所や、どちらかには無い新しい楽しさとかを長く語り合えそうだから/騎空艇と走艇のポイントを互いに指摘しあいそう、良いシナジーになるのでは……

第3位>ガッチリ通じ合うマブダチ推し:オイゲン

アウギュステ列島の自警団を率いる老獪な傭兵。気のいい人柄で主人公らと打ち解け、騎空団に加わる。エルステ帝国の最高顧問である黒騎士とは浅からぬ因縁があるようだが……?

グラブル_01オイゲン

【ココが推し!】
やはり騎空挺とラカムを知ってるのはこの人だから/ラカムと語り合うなら、オイゲン以外にいない。もちろんメカっぽい話もいけそうだし

番外>初めはいろいろありました推し:カタリナ

ルリアを連れてエルステ帝国を逃れ、主人公とともに旅を続ける元帝国軍人。主人公やルリアのかけがえのない理解者として、騎空団全体を支えている。ビィの愛らしさに目がない。

グラブル_04カタリナ

【ココが推し!】
ずっとグランサイファーで旅をしてきている仲間だから/カタリナが小型艇の操縦に失敗して墜落したからラカムと会えた/騎空団のパパ&ママって感じで

旅の思い出、ラカムといっしょに語ろう!

2018年3月のメインクエストで、ついに「暁の空編」が完結した団長さん一行の旅。もちろん星の島イスタルシアへの冒険はまだまだ続くけれど、今回の「暁の空編」でもメインクエスト主要メンバーたちのさまざまな活躍が描かれました。そして騎空艇の操舵士ラカムももちろんそのひとり。なじみのファータ・グランデ空域を離れてからというもの、その身に背負った責任と重圧を思えば、その頑張りにはいくら感謝をしてもし尽くせません! ということで今回は、ラカムと騎空艇談義に花を咲かせてくれる“推しペア”がお題。どんなアプローチでお相手を務めるのか、いざ深読みです!

堂々の1位に輝いたのは、“騎空艇”と言えばもう彼しかいない! とダントツの票数を獲得したノア! メインクエストではグランサイファーの修理のためにガロンゾ島を訪れますが、そのときにラカムと再会を果たすのが彼。必然とも言えるその出会いがきっかけになって、さまざまな運命の渦が巻き起こされていきます。幼ささえ残る外見の少年なのに、なぜかラカムが子供だったころに面識があるというのだから、のっけから疑問満載。ラカムやグランサイファーとは分かち難い縁で結ばれている彼なので、「ノア以上にぴったりの相手はいないんじゃないかな」というコメントが、すべてを物語っています。

PH01ノア

続いて2位は、走艇を使ったレース、「スカイレース」の若き実力派レーサーのミュオン! ……と聞くと、ただの勝負好きな感じもするけれど、彼が求めるのは勝敗へのこだわりゆえの速さじゃなくて、速さの限界を超えた先に見える“景色”。だからレースとはいえその根底では、自分を相手に孤独と向き合いながら、限界の先を見据え続けているんです。レース用の走艇と、大空を旅するグランサイファー。目的も大きさも違うけれど、艇に対する思い入れやひたむきな愛情は、ミュオンもラカムも同じはず。「それぞれのよさを心ゆくまで語り合ってほしい!」というあたたかなエールも!

PH02ミュオン

第3位にランクインしたのは、もはや何も語る必要もない騎空団の顔のひとり、オイゲン! ちょっと年かさのラカムと、年頃の娘さんを持つオイゲンは、ともに騎空団の年長組として陰日向になってみんなを見守る兄貴分です。グランサイファーに乗るまでは、アウギュステ自警団の傭兵として、地に足のついた仕事をしていた彼ですが、若き日には騎空士として世を渡っていたらしく、あちこち飛び回っていたことも。騎空士仲間の顔見知りもいっぱいだから、その顔の広さと見識の深さと、飛空艇愛がうかがえます!「語ることが多すぎて止まらない」などなど、こちらも盤石の“推しペア”として、おおいに票を獲得しました!

PH03オイゲン

では恒例となりました番外編の紹介です。ランク外ながらもちょっと押さえておきたい彼女はこちら!

ある意味納得の、カタリナ。オイゲン同様これまでの長い旅をずっと支えてくれた、欠かせないメンバーのひとりです。ここでひとつラカムとの関わりに触れておくなら、何と言っても旅のうんと初期、主人公とビィ、ルリアが乗り、カタリナが操縦する小型艇が、ポートブリーズ群島のアンガド高原に墜落した事件だと言えるでしょう。打ち捨てられたグランサイファーの発見と、当時はまだ空と騎空挺に心を閉ざしていたラカムとの出会い。それにより、一行は操舵士ラカムとグランサイファーとともに、長きに渡る冒険の幕を開けることになったのです。あの頃からずっと変わらずに、主人公たちを助け続けてくれているカタリナは、ラカムとの思い出語りのパートナーとしてはある意味誰よりふさわしいですよね!

PH04カタリナ

毎週ひとつのお題に合わせてピッタリのパートナーを選ぶ“推しペア”アンケート深読み版。次回のお題は「リルルといっしょにステージに立つなら?」です。新緑の季節を彩る華やかなステージを、リルルといっしょに盛り上げるお相手を、いざ深読み!

▼過去の“推しペア”アンケート
vol.01ハロウィンの仮装で、カリオストロといっしょに盛り上がりそうなのは?
vol.02シャルロッテに秋の味覚を提供できるシェフ役は?
vol.03コワフュールのスタイリングのお客さんにピッタリなのは?
vol.04カリオストロが使役するのウロボロスのお世話役にピッタリなのは?
vol.05パーシヴァルの家臣にピッタリなのは?
vol.06ジャンヌダルクの「私に続け!」に続くなら誰?
vol.07メーテラのショッピングのお相手を引き受けるなら?
vol.08ヨダルラーハの釣りのパートナーにピッタリなのは?
vol.09センといっしょにお昼寝をするなら誰?
vol.10ラムレッダのご相伴役にピッタリなのは?
vol.11オイゲンと子育てを語るのに適任なのは?
vol.12ジンと滝に打たれて修行をするのにうってつけなのは?
vol.13ルナールの絵のモデルになるなら?
vol.14アオイドスのセッションのお相手にぴったりなのは?
vol.15ファスティバといっしょに愛の伝道者になれそうなのは?
vol.16カルメリーナといっしょに歓送迎会を盛り上げそうなのは?
vol.17フェザーと徹底的に鍛錬をしそうなのは?
vol.18イルザといっしょに教官をするなら?
vol.19スフラマールといっしょに魔法の授業を受け持つなら?
▼過去のユーザーアンケート深読み版もチェック
『グラブル』ユーザーアンケート深読み版

グランブルーファンタジー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーサイゲームス
公式サイトhttp://granbluefantasy.jp/index.php
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧