1. サイトTOP>
  2. 【ゆるノマギア】第4回:上位6.1%の男

【ゆるノマギア】第4回:上位6.1%の男

2018-05-02 16:32 投稿

上位6.1%の男

みなさんどうも、生粋のカードゲーマー、ターザン馬場園です。

先日ランキングマッチ“クロノマギアβ杯”が開催されました。リリース後初のランキングマッチということでメタ(デッキの流行のこと)もある程度固まるのかなと思い参戦。最終日に一気に駆け上がってみることにしました。

使ったデッキはこちら。

ph1 のコピー

おたけび型のガメイラ。前回の記事で紹介した通り、ツインヘッドドラゴンを抜いてビーストリーパーを入れ、ドラゴンと獣を半々の割合にしています。

当たったデッキ所感

やはり煽動ゼータは多かったですが、これまでの型とはちょっと違ったタイプも見ました。竜騎士ヘクトールをフィニッシャーに採用し、味方クリーチャーに二回行動を付与して一気にライフを削る構成です。ゼータに一撃でライフを削り切られるとは思わなくて面食らったのを覚えています。

ph2

ガメイラのミラーマッチもよくありました。ただ、デッキのパーツが少しこれまでと異なっていて、3コスト帯のダイヤ獣枠に凶獣カリストを採用しているタイプをよく見ました。このカードは直前のアップデートで強化されたカードで、相手にダメージを与える度MP1を得るという”チャージアタック”を持っています。一気に展開した後も継続してカードを構えられるというのは強いですね。挑発も持っているので、速攻持ちによるラストの追い込みにも対応できます。

ph3

一応僕も使ってみたんですが、結果僕はキラーマンティスを採用していました。凶獣カリストは便利な反面打点が下がるので、フィニッシュが少し遠くなるように感じたところが大きいです。2点の打点の差でフィニッシュ圏内に入るかどうかは思った以上に左右された感触でした。どっしり構えられるメリットはあるんですけどね。

ph4

そしてこれまであまり見たことがなかったのに上のほうで見たのは水棲レオでした。攻めのパターンとしてはお約束通り一気に3体並べて、覚醒(味方の水棲タイプ全体に、攻撃力+2を付与)で強化して殴ってくる形。マギアスキルが3点ダメージの襲撃やバウンス(クリーチャーを手札に戻す)の退場命令といったなんでもこなせる構成なのが強みですね。

そのほかはエレナが多かった印象です。クリーチャーを強化して1ターンで大ダメージを与えてくる“コンボエレナ”はあまり当たったことがなかったので驚きました。その他はオーソドックスな悪魔強化型のエレナ。第一スキルが”ウェイクアップ”のエレナを見るたび頭を抱えてました(笑)。

そして最終結果

数時間ぶん回してTPは162P。最終的には上位6.1%以内に着地しました。ツイッターを見ると200Pあたりが相当熾烈だったようで、僕はそのギリギリ手前を攻めた形です(笑)。

ph5

この結果は正直言って意外でした。お世辞にも自分がうまいとは思えておらず、“中の下”くらいの気持ちでしたが上位6.1%以内というのは悪くない数字に思えます。

では、どこで差がついていたかと考えるとやっぱり“基本”ではないでしょうか。中途半端に攻撃してくる人があまりにも多く、さらに序盤になんとなく1体展開する人もやはり多かった。TP100付近でもぜんぜんそういったプレイヤーは多かったです。「フリーマッチで勝てていたからといって、それが通用する環境だったかというとそうではなかった」ということかもしれません。実際BPが高い人もたくさんいました。

僕もそんなにプレイングを詰められていたわけではありませんが、先日行われたトッププレイヤーとの対戦会で明らかに基本については身についていました。

というわけでひとつ上のプレイングをしたい方はちょもすさんの記事を読んでみてください。多分僕のよりはためになります。やさしい方は僕のもお願いします(笑)。

今週のしんどかった一枚

ph6

デウカリオーンの洪水。これがめちゃくちゃ刺さりました。泣きそうでした。基本的に3体並べて攻撃をスタートするデッキが多い中で、1枚で全部倒せるこのカードは脅威だと思います。6点火力はビーストリーパーでやっとギリギリ耐えられるレベルで、ほかの獣やドラゴンはあっさり流されてしまいます。だいたい相手が並べたクリーチャーの第一陣をこちらのフルメンバーで迎え討った後、その返しで流されるパターンが多かったですね。一旦仕切り直し、みたいな。並べる系のデッキが多かったので「サモン時全体2点火力のツインヘッドドラゴンを採用するのも悪くなかったかも。」といまになって思いますがどうだったんでしょうか。

つぎは”伝説の能力者杯”

さて、もうさっそく発表されてますが、つぎは”伝説の能力者杯”です。今回のランキングマッチとは違い、つぎは順位がハッキリわかるようです。上位6.1%が実際何位くらいなのかわかるというのは楽しみでもあり恐ろしくもありますね(笑)。とりあえず次回も今回と同じくらいの位置につけるようにはがんばりたいと思います。個人的に気になっているデッキもあるのでその辺も試しつつ…

ターザン馬場園

クロノマギア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://chronomagia.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧