1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】『ウマ娘』でもダスカちゃん推しです

【今日の編集部】『ウマ娘』でもダスカちゃん推しです

2018-04-04 20:00 投稿

【本日の担当:さとるり】
satoruri128_1

ずいぶん前の【夕刊】かなんかでも書いたかもしれないけれど、じつは私にはその昔、競馬にハマっていた時期がある。興味本位で競馬が好きな友だちについて競馬場に行き、生で走る競走馬たちの迫力に魅了されたんだよね。ギャンブルというより“推し”の馬を応援するつもりで、毎週競馬場やウインズに足を運んでいた。

ちょうど大学時代だったのだけれど、私の世代はちょうど就職氷河期なんて言われて、やたら早くから就職活動がはじまって。それで、私もわりと早くから動いていたんだけど、インターンに落ちたりして、大学3年生の段階ですでに自分の限界を感じて打ちひしがれていた。

「『働きマン』の主人公みたいにバリキャリになりたかったけど私には無理かも……まあ女だし、テキトーなところに就職してさっさと結婚するしかないのかな……」

いまにしてみればその“さっさと結婚する”ってのがいちばんむずかしいんだけどw 若かりし私はけっこう本気でそう思っていた。でもそんなときにちょうどあの伝説の“第138回天皇賞”があったんだ。ウオッカとダイワスカーレット(ダスカ)の牝馬の対決。

私は連対(1位か2位しかとらない)で圧倒的な強さを見せつけるダスカ推しだったんだけど、東京ダービーで牝馬ながら優勝した“史上最強牝馬”と言われたウオッカも、“おてんば娘感”があって好きだった。この2頭がワンツーフィニッシュしたこのレースが終わったときは、涙がボロボロこぼれていた。なんていうか、あのレースを見たときの感動は筆舌に尽くしがたくて、もう「レースをググって!」としか言えないんだけど、簡単に説明すると逃げ馬のダスカが逃げて、ウオッカが追いかけて抜かして、「ああもうダスカ、ダメか」と思ったときにゴール直前でもう1回ダスカがウオッカのこと抜かそうとするんだよ。

おま、散々逃げたくせに、その力どこにあった? っていう。2頭からとも「ぜってぇ負けねぇ!」っていうような気迫が伝わってきて、ほんとにもう、すごかったの。

めちゃくちゃ僅差だったから結果がすぐに出ず、ゴールしたときは私もどっちが勝ったかなんて分からなかったんだけど、それでもその場で崩れ落ちてオイオイ泣いてしまって、隣の見ず知らずのオッチャンにすごく心配された。なんていうか、牝馬なのに牡馬に混ざってもこんなに強いレースをする2頭にものすごく感動して、感極まって泣いちゃったんだよね。

「ぅッ……私も負けない……ウオッカやダスカを見習って、絶対負けない! がんばるぅぅぅ!」

まあそこからいろいろあって、10年経ち、いまの“働く私”がいるのである。(書いてて気付いたけど10年も経ったのか、嘘でしょ……)

つまり、あの2頭がいなかったら、いまの私はいなかったのかもね。うんうん。

んで、なんで急にそんな話をしたかっていうと、先日、今期のアニメのひとつ『ウマ娘 プリティーダービー』が始まったからである。これはサイゲームスから配信予定のスマホアプリのアニメ。私の大好きなP.A.WORKSが制作していて、作画がとっても綺麗。

▼ゲームは事前登録中!

1

【『ウマ娘 プリティーダービー』事前登録はこちら】

さっそくアニメを観たんだけど、ウマ娘たちがめっちゃカワイイ! 耳、尻尾など、デザイン的にカワイイというほかにも、競走馬だからみんな日常の中ですぐ走っちゃうところとかが、愛らしすぎるんだ……。

私の推しはもちろんダイワスカーレットちゃん! ツインテかわいいよ~。

6

ウマ娘がかわいいだけでなく、疾走感あるレースの描きかたとかがわりと本格的。さらに、アニメには細江さんが出てきて(もちろん本人が声をあてている)競馬好きなら楽しめる要素もあるので、けっこうおすすめです。見逃した人は、AbemaTVでも観れるので、ぜひチェックしてみてね! ゲームのほうも楽しみだ!

⇒『ウマ娘 プリティーダービー』AbemaTVで第1話無料配信中

▼アニメのPVはこちら!

(C) Cygames, Inc.

(編集部:さとるり)

編集部の今日の1枚

『A3!』でエイプリルフールの時に配られたカードのバクステを全部あけました。万里くんが本当にホストだったら、私貢ぎすぎて風呂に沈められた挙句東京湾に沈められていた未来しか見えないので、彼が二次元の人かつ役者であったことに、本当に感謝しています。

IMG_0936

4月4日の注目記事ダイジェスト

アソビズム開発のスマホアプリ『LINE トロッコウォーズ』がいよいよ配信開始!

トロッコメイン

▼最新の人気記事、新作&事前登録のまとめ記事はこちら!

前へ次へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧