1. サイトTOP>
  2. Apple発表会で新型iPadが発表!Appleペンシル対応で価格は3万5800円~
下記の期間、システムメンテナンスを予定しております。 なお、期間中は、一時的に当サイトをご利用いただけない場合がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】 2018年12月17日 午前1時~当日午前5時まで
※メンテナンスの状況により上記期間が変更になることがあります。

-

Apple発表会で新型iPadが発表!Appleペンシル対応で価格は3万5800円~

2018-03-28 02:57 投稿

新型iPadは手頃な価格でハイスペック!

日本時間2018年3月28日の午前0時より、シカゴで行われたAppleの発表会イベント“Let’s take a field trip.”。今回のイベントは教育をテーマに行われ、そこでは教育関連のサービスや製品の発表が行われた。

なお、今回の発表内容を端的にまとめると、以下のようになる。

Let’s take a field trip.まとめ
・iPad新モデル発表
・iWork、ガレージバンドなどのアプリを教育向けに更新
・教員支援のサービス、アプリの発表
・教育者を育成するプログラムの発表
・Appleが開発したプログラミング言語“Swift”を用いたコーディング授業についての発表

どれも注目すべき内容ではあるが、ここでは一般使用者にも親和性の高いiPadに焦点を当ててまとめていこう。

ipad

なお、一部から期待の声が上がっていたiPhone SEの新モデルやiPhone Xの新カラーバリエーションは今回発表されていない。

学生、教育関係者ならさらに安く

発表でまず行われたものは、Appleがこれまで教育という分野にどれほど注力してきたかという話。

ティム・クック曰く、Appleはこれまで40年間教育分野に携わってきており、教育という分野はAppleにとって非常にコアとなる存在になっているという。

知らない人に向けて説明すると、これまでにもAppleは教育シーンへ向けてさまざまなアプローチを取っている。教育機関限定販売の端末を販売したり、リースしたりといった施策から、近年行われているタブレット端末iPadの教育現場への導入推進などがそれだ。

また、これらのアクションは近年確実に成果を上げており、初等教育から高等教育に至るまで、Apple製品は多くの実績を上げている。

そういった背景の中で行われた発表で、まず行われたのは新型iPadの発表。これはリーク情報にもあった通りのものだが、正式に発表された情報をもとにデータをまとめていこう。

まずスペックは以下の通り。

【新型iPadスペック】
チップセット:A10フュージョンコア(+M10コプロセッサ)
ディスプレイ:9.7インチRetinaディスプレイ(2048×1536)
ストレージサイズ:32GBモデル、128GBモデルの2タイプ
重量:469グラム(Wi-Fiモデル)、478グラム(Wi-Fi+セルラーモデル)
リアカメラ:8メガピクセル(1080p HDビデオ撮影可能)
フロントカメラ(FaceTimeカメラ):1.2メガピクセル(720p HDビデオ撮影可能)
バッテリー:最大稼働時間10時間
備考:タッチIDセンサー搭載、Appleペンシル対応、300Mbps LTE対応(セルラーモデル)
価格:35800円(税別)~(一般向け)※
※:教育機関向けには299ドル~。日本円での価格は不明
※:Appleペンシルは別途9800円(税別)で販売

やはり特筆すべきはAppleペンシルへの対応。これまでApple純正の高性能スタイラスペンAppleペンシルはiPad Proとのみペアリングできるものとなっていたが、新型iPadでも利用できるとあり、これをうれしく思う人も多いことだろう。

スペック全体を通して見ると、全体的に向上させつつも手軽さが増した形と言える。さすがにiPad Proとの比較は出来ないが、それでもふだん使いするならば、これ以上ないモデルとも言えるだろう。

このモデルについて、発表イベントでは担当者が「この魔法のガラス板で、なんでもできるようになる。校外学習にも持って行けるし、ビデオ撮影はもちろん、ロボットの操作も可能。iPadを使っての教育は、生徒達を情報の消費者ではなく、コンテンツの創造者に変える」と語っており、iPadの教育シーン参入に手応えを感じていることが伺えた。

また、こちらのiPadに限定したことではないが、本端末はAR機能を満足に動かすスペックも有しているとあり、教育現場でARを使った疑似体験などの提供なども行っていけるという。

これの例として、Appleペンシルを使ってカエルの解剖の疑似体験をインタラクティブに行えるといった様子が示された。

また、学校教育におけるハードウェアの在りかたとしてハードルになるのが、やはり予算の問題なのだろう。生徒全員にiPadを個別支給できない場合を想定して、iPadに複数のアカウントを設定し、個々がログインできるような機能や、それを手軽に管理できるサービスも提供されるという。

Apple端末は、正規取扱店の店頭で学生や学校関係者であることが証明出来れば学割が利くサービスも行っているので、今回発表されたiPadの購入を検討している人は、こちらについても調べてみるといいだろう。

なお、新しいiPadはすでに予約受付が開始されており、出荷は3月30日以降。カラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3種が用意されているという。詳細はApple公式ホームページから確認できるようになっているので、こちらも参照するといいだろう。

9.7インチ新型iPad特設ページ

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧