1. サイトTOP>
  2. 【新作】『勇者のくせにこなまいきだDASH!』はしっかり遊んでみたらやっぱり『勇なま』だった!

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【新作】『勇者のくせにこなまいきだDASH!』はしっかり遊んでみたらやっぱり『勇なま』だった!

2018-02-20 20:16 投稿

ジャンルは違えど、これもまた『勇なま』!

今回紹介するのは、フォワードワークスより配信中の『勇者のくせにこなまいきだDASH!』(以下、『勇こな』)。プレイステーション・ポータブルでリリース後、スマッシュヒットとなった『勇者のくせになまいきだ。』(以下、『勇なま』)のシリーズ最新作となるアプリだ。

IMG_4010

これまでのシリーズではダンジョンを作ってモンスターを育て、攻めてくる勇者を撃退するという、あえてジャンル分けするのであれば、ダンジョン経営シミュレーションのような内容だった。しかし本作はその流れから離れ、3マッチパズルが遊びの軸となっている。

しかし、ゲームジャンルは変われど『勇なま』らしさは変わらず健在! 『勇なま』ファンはもちろん、『勇なま』をよく知らないという人でも楽しめるタイトルになっているぞ。

ゲームの見どころ
・看板キャラクターのふたりは健在!
・モンスターや勇者も『勇なま』らしさでいっぱい!
・本気で楽しめる3マッチパズル

看板キャラクターのふたりは健在!

「あのゲームシステム、あのゲームジャンルこそが『勇なま』らしさなのだ」と言う人もいるだろう。だが、あのゆるい雰囲気、メタなネタもふんだんに使っていく笑い、愛らしいモンスターたちもまた、『勇なま』らしさを演出する柱のひとつではないだろうか。

そういった点で見ると、『勇こな』には『勇なま』らしさが溢れている!

まずあの雰囲気を醸し出す要因の筆頭である魔王。相変わらずである。世界征服を企んではいるものの、プレイヤーに対しては驚くほど腰が低く、魔王と呼ぶには人間臭すぎるあの感じは、本作も健在だ。

IMG_3875

そして、その愛らしい見た目とは裏腹に、破壊神たるプレイヤーに対しても高慢な態度で接してくる、特定の層には絶大な人気を得ているムスメちゃんも相変わらずだ。

IMG_4009
▲今作でも変わらず“ツルハシ”呼ばわり。ありがとうございます!

このふたりがちょいちょい顔を出していろいろなコメントを出してくれるところは、まさに『勇なま』らしさと言える箇所。

このほかにも、個性溢れるモンスターや勇者たちといった『勇なま』の魂を感じられる箇所はふんだんに散りばめられているので、ぜひそういった箇所を堪能してほしい。

モンスターや勇者も『勇なま』らしさでいっぱい!

さて、上で少し触れたが、やはり個性溢れるモンスターや勇者たちにも触れておかねばなるまい。

『勇なま』の登場モンスターと言えば、ドットで愛らしく、またはユニークに描かれ、さらに変わった名前が付けられている愛すべき存在たち。

MON_0029_背景MON_0027_IMG_3959
MON_0023_IMG_3963MON_0020_IMG_3966
MON_0018_IMG_3968MON_0017_IMG_3969

こうして改めて振り返ってみると、やはりこのネーミングセンスとデザインセンスこそ『勇なま』らしさの中核をなす要素のひとつだろう。なんど見てもおもしろい。

ちなみに、筆者が個人的に好きなモンスターはガジロング。かわいいし、過去穴をほって勇者を撃退していたころには何度もお世話になった存在だ。なので、私はガジロングを積極的に使っていく所存!

みんなもぜひ、自分の好きなモンスターを見つけて、愛を持ってゲームプレイに臨んでほしい。

そして勇者といえば、その名前にも、彼らが発するコメントにも、メタなネタが胃もたれするほど盛り込まれている畜生たちだ。

・赤い有馬さんを苦手としてそう
HERO_0008_IMG_3993
・好きでさらわれてたのか……
HERO_0015_IMG_3924
・アニメでもないね!
HERO_0012_IMG_3934
・民明書房を片手に語れ!
HERO_2_0002_IMG_0052
・な、なんだってー!
HERO_2_0001_IMG_0107
・ドラマではありません、これは実戦です!
HERO_2_0000_IMG_0114

やはり、こちらもこのネタ満載の感じは『勇なま』ならではといったところ。ちなみに本作の勇者は、過去シリーズ以上に勇者が雑に扱われているのもポイント。

本作において勇者は、ただ追い払って終わりではなく、捕まえて労働力として酷使される運命にあるのだ。具体的には、魔王軍を補強するために穴掘りをさせられる。使い捨てで。

IMG_3895

勇者をただの労働力として扱い、使い捨てるゲームなど前代未聞! しかしこれが『勇なま』!!

本気で楽しめる3マッチパズル

ここまで『勇なま』らしさであったり、尖っている部分だけを取り上げてしまったが、本作はゲームとしても良く出来ている。

システムはシンプルな3マッチパズルだが、モンスターを3つ並べて消したら、そのモンスターの生態系上位に存在するモンスターが1体召喚されるという、『勇なま』らしさが感じられ、また同時にパズルのアクセントにもなる要素がシステムを構成している。

IMG_3880

また通常の3マッチパズルであれば、ジャマなブロックを消して、3つ揃ったブロックが消えて、またそれによってコンボが起こって終わりというものが多いが、本作はブロックを消して生まれた空間に、ブロックをスライドしてはめ込むといったアクションができるようになっている。

このスライドをうまく使いこなせるかいなかが、本作のパズルのポイント。ただただブロックを消していくだけでもなんとかなるが、消したと同時に違うブロックがひとつ生まれる本作においては、これだと連鎖は生まれにくい。

そう、スライドこそが連鎖を重ねていくポイントなのだ。スライドは、ただブロックを消した直後に行えるアクションというわけではなく、ブロック全体がグラグラと動いているのときに使えるアクション。

このグラグラは、コンボによってブロックが消えた瞬間にも発生する演出。つまり、コンボからさらにコンボを繋げられるかどうかは、このスライドにかかっていると言っても過言ではない。上から何が落ちてくるのか、その運だけでコンボを稼ぐゲームとは違い、本作ではコンボは実力によって勝ち取るものになっているぞ。

IMG_3906

そんな感じでゆるい雰囲気を発しながらも、中身は意外なことにクソマジメというのも、やはり『勇なま』らしさといえるポイントだろう。

もう最初っから最後まで『勇なま』らしさという言葉一色に染まってしまった……。しかしそれは、ゲームシステムが違えど、それだけ『勇なま』らしいゲームに仕上がっているということ。

くり返しになるが、正直なところ「ゲームジャンルが違うから、これはもう『勇なま』ではない」とはいわずに、ぜひプレイしてみて欲しい。本作を構成する要素を分解して見つめ直してみると、やはり本作は『勇なま』なのだ。たとえゲームジャンルが違っていても。

まぁ細かいことは気にせず、楽しめばいいのさ! パズル好き、ゆるい空気が好き、魔王軍が好き、ムスメちゃんが好きならば、まずはガッツリ遊んでみよう。

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新
編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

勇者のくせにこなまいきだDASH!

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーフォワードワークス
公式サイトhttps://www.yuukona.com/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧