1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. “ことば”遊びが楽しいだけじゃない『コトダマン』の世界観とキャラクターを紹介

“ことば”遊びが楽しいだけじゃない『コトダマン』の世界観とキャラクターを紹介

2017-12-15 12:00 投稿

『コトダマン』の世界ってどんな世界?

2018年春に配信予定のセガ新作『共闘ことばRPG コトダマン』(以下『コトダマン』)。今回はゲームの世界観と、物語の主役となる“コトダマン”達を紹介していくぞ。

 コトダマン_1120_04

『コトダマン』の世界観

 コトダマン_1213_01

その昔、何もない世界に生まれた神“ニューワード”。ニューワードはまず5人の神子をつくり、“言(こと)”という名の木の種を授けた。

 コトダマン_1213_02

5人の神子たちは世界の中心に種を植え、想いを込めて祈った。すると種から芽が出て、瞬く間に大木“言の木”となり、文字の羅列が刻まれた大きな葉を付けた。

 コトダマン_1213_03

ニューワードがその文字の羅列を“コトバ”と名付けたことで、何もない世界に“言葉”が生まれた。

 コトダマン_1213_04

神子が祈り続けると、今度は美しい花が咲き、不思議なエネルギーを宿した文字“コトダマ”を放った。
コトダマは葉に刻まれたコトバの通りに結び付き、“大地”や“空”、“海”などの“物”が生まれた。
その後、長い年月をかけてコトバは、5つの美しい大陸をつくった。

 コトダマン_1213_05

大陸ができたあと、花はコトダマを吸収して実となり、その中から文字の精霊“コトダマン”が生まれた。
コトダマンは葉に刻まれたコトバの通りに結び付き、“喜び”、“悲しみ”、“怒り”などの“感情”が生まれた。

 コトダマン_1213_06

その後、長い年月をかけてコトバは5つの豊かな国をつくり、“言霊界(げんれいかい)”が生まれた。

 コトダマン_1213_07

ある時、特別な光を放つコトダマンが誕生した。ニューワードはこの“光の子”が自分の後継者であると信じ、この世界の指導者として育てるよう、光の国の神子・ヤサシサに授けた。

 コトダマン_1213_08

それを知った闇の国の神子・ネタミは嫉妬に狂い、光の国を攻めてヤサシサを殺し、光の子を奪った。そして光の子を体内に吸収すると“悪魔神ウラミ”となった。

 コトダマン_1213_09

悪魔神となったウラミは、悪魔を引き連れて言の木へ向かい、止めに入ったほかの神子をも殺し、言の木に死の呪いをかけた。すると木は枯れ、コトバが失われ、言霊界は暗黒に包まれた。

 コトダマン_1213_10

しかし、ヤサシサは命と引き換えに光の子を逃がしていた。光の子は双子だったのだ。時が経ち、光の子は勇敢な少年“キボウ”へと成長した。

 コトダマン_1213_11

キボウは大戦を生き残った正義の仲間と“言聖軍”を結成。言霊界を悪魔たちの手から取り戻し、悪魔神ウラミを倒すことを決意する。

 コトダマン_1213_12

その時、悪魔たちによって力を封じられていた言神・ニューワードが現れた。言霊界を元の姿に戻すには“救世主”を見つけ出し、言の木の呪いを解く必要があること、各国の“若神子”を解放し“五魔将軍”を倒さなければならないことを告げ、消えた。

 コトダマン_1213_13

キボウはウラミとの決戦に挑まなければならない自分の代わりに世話役の“リーフ”に救世主の捜索と、言霊界の解放を託した。

物語の鍵となる登場人物

プレイヤーは救世主となって“リーフ”のナビゲートのもとに、悪魔に封じられた言霊界の解放を目指して戦っていくようだ。悪魔たちによって各国に囚われている“若神子”を解放し、悪魔神・ウラミが率いる悪魔“五将軍”を倒す、という王道ストーリーが展開されていくのか気になるところ。

光の子 キボウ

 コトダマン_キボウ

『コトダマン』の主人公。正義の仲間と“言聖軍”を結成。言霊界を悪魔たちの手から取り戻し、悪魔神ウラミを倒すことを決意する。

悪魔神ウラミ

 コトダマン_ウラミ

悪魔たちを引き連れ“言霊界”を闇に包んだ張本人であり、悪魔の神。

リーフ

 コトダマン_リーフ

ゲームのナビゲーター。語尾に「ヌキ!」がつく。キボウの代わりに、言霊界を解放する救世主を探している。

各国に囚われている若神子たち

若神子・リップク

 コトダマン_リップク

火の神子・イカリの遺志を継いだ火の少年。ウラミへの復讐を遂げる方法を求めて、ほかの若神子の知恵を借りようとしていたが、復讐心を克服し、正義感からくる純粋な怒りのみを燃やすことができるようになった。その炎は力強く、優しくもあるという。

若神子・キユウ

 コトダマン_キユウ

水の神子・カナシミの遺志を継ぎ、言霊界の未来を視る水の少年。暗雲に覆われた言霊界の未来を視たため、憂いを胸に生きていたが、未来を憂うだけでは道は拓けないと気づき、己の力を光の未来のために使うことを誓った。彼の術は多くのコトダマンを救ったという。

若神子・トキメキ

 コトダマン_トキメキ

木の神子・ヨロコビの遺志を継ぐ木の少女。愛を信じ、愛を愛する。愛こそが世界を救うと考えて、あらゆる争いを好まなかったが、愛すべき相手を見つけ、真の力を解放する。そしてその力のすべてを愛するリップクに捧げると決めた。愛こそが正義!

若神子・コウイ

 コトダマン_コウイ

光の神子・ヤサシサの遺志を継ぎ、世界を元に戻すために動いていたが、仲間との交流を経て闇の力を学び、光と闇が手を結ぶ道を見出し、言霊界に真の平和を取り戻すための研究を始めた。博識で頼りになるが、じつは怒るといちばん怖いらしい。

若神子・ハクジョウ

 コトダマン_ハクジョウ

闇の神子・ネタミの愛弟子だった少女。非常に冷たく薄情な性格であり、メンタルが強い。世界の危機に対しても無関心のようだったが、仲間の熱意にほだされ、世界を救う手伝いをする気になった。つねに冷静な観点で物事を見られる、頼れる参謀として若神子達を助ける。

悪魔神・ウラミが率いる五魔将軍

千変万化・マルゴシアス

 コトダマン_マルゴシアス

火山神殿ゴウシャに仕える神官だったが、現在は流浪の旅人。武器も防具も持ち歩かず、得意の変身能力だけで戦局を切り抜ける。
自分を捨てたゴウシャ転覆を画策中、ウラミが現れ魔の力を授ける。
魔将軍の力で、物だけでなく実体のない概念にまで変化できるようになった。

蒼き神速・ケルピ威

 コトダマン_ケルピ威

近衛師団ブルーローズの副師団長。重厚な甲冑姿からは想像もできないスピードで、誰よりも速く戦場を駆け、敵を斬る。
戦いに疲れ、ブルーローズと決別し、孤高の道を歩んでいたが、突如現れたウラミに心を支配され、魔将軍を名乗り破壊の限りを尽くすようになった。

終末を告げる神・セク滅ト

コトダマン_セク滅ト

かつて木の大陸を支配した王。その地位を追放されて以来、世界を滅亡させるという破壊の衝動に憑りつかれてしまった。
だが、破壊では過去は戻らない。空虚な心はウラミに付け入られる隙を与え、魔将軍へ変化した。

輪廻の光・ラミア弥陀仏

 コトダマン_ラミア弥陀仏

空中神殿ピ・カピカに仕える神官。長い下半身に包み込まれた者は、罪を許され穏やかな表情で息を引き取ってしまう。
浄化した魂も、来世でふたたび汚れてしまうことを悲しんでいるなか、現れたウラミに心を支配され、魔将軍に変貌を遂げる。強大な魔の力は永劫の救済を与える。

強欲の獣王・ビヒモスヤァ

 コトダマン_ビヒモスヤァ

宮殿リーパーテンプに住む悪魔貴族。政治にあまり興味がなく、テキトーに重税を課し、食う寝る遊ぶの自堕落な生活を送っていた。
だが、平民の革命により生活が一変。そこに現れたウラミに心を支配され、魔将軍を名乗り恐怖政治で平民を支配するようになった。

公式Twitterもチェック!

『コトダマン』の公式Twitter“【公式】コトダマン開発会議(@kotodaman_pr)”では、今回紹介した以外にも、個性豊かな“コトダマン”達が毎日公開されている。こちらもぜひチェックして、お気に入りのコトダマンを見つけよう。

[関連記事]

1iセガ新作『コトダマン』のゲームの魅力を中村プロデューサーに直撃!
1i言葉を作って戦うってどんな感じ?セガ新作『コトダマン』プレイレポート

共闘ことばRPG コトダマン

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttps://kotodaman.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧