1. サイトTOP>
  2. オニオンゲームス『ミリオンオニオンホテル』は仕掛け満載でやみつきになるパズルゲー【A 5th Of BitSummit】

オニオンゲームス『ミリオンオニオンホテル』は仕掛け満載でやみつきになるパズルゲー【A 5th Of BitSummit】

2017-05-20 21:22 投稿

オニオンゲームスらしさを感じる中毒性の高いパズル

京都で開催中のインディゲームの祭典“A 5th Of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)”に、『勇者ヤマダくん』など、ユニークな作品をリリースするオニオンゲームスがブースを出展。

IMG_3513

同ブースでは、最新作となるiOS向けアプリ『ミリオンオニオンホテル』の実機が用意されており、来場した人が試遊することができた。

IMG_3512
▲サウンドも楽しめるようヘッドホンを装着してプレイできる。

▼A 5th Of BitSummitの見どころまとめはこちら

1i国内最大級のインディゲームの祭典“BitSummit” 今年の見どころまとめ【A 5th Of BitSummit】

学生時代から勉強の予習・復習などをしていなかった記者。『ミリオンオニオンホテル』についても恥ずかしながら予習を怠り、「ホテルを経営するゲームかしら?」と思う始末(ちゃんと下の記事を読んでおけ!)。

⇒【BitSummit】ジャンルは”ポエム”!?『moon』の木村祥朗氏最新作の動画をお届け
IMG_3514

とりあえずプレイを開始すると、目の前に現われたのは5×5のマス。するとマスの上に玉ねぎみたいなキャラ(マジックオニオン)が出現。このマジックオニオンをタップして消していくというモグラ叩きのような直感的な操作と、消したときの「ワー」という奇妙な声(?)とBGMのリズムがマッチして聴こえるのが印象的であり、心地よい感じがした。

IMG_3523

しかし、ただのモグラ叩きではない。タップしたマスの色が変色し、変色させたマスを縦、横、斜めのラインに揃えることで、ゲーム内でさまざまなことが起こるビンゴのような要素も。変色させたマスが2ライン以上になると、通常ステージから宇宙ステージに突入。スコアを稼ぐことができる。

また、記者がプレイしていたとき、パズル画面から突然ボーナス的な演出が発生し、本作の登場キャラによるストーリーシーンを見ることができた。これが、本作の“ポエム”要素の一部なのだろうか?

とにかく、ラインを揃えることでいろいろなことが起こるのが楽しい。プレイしながらラインを作ることを意識するため、頭脳的なプレイも要求されるがそこがまたクセになる。

IMG_3515
▲出現するのはマジックオニオンだけでなく、何度もタップしないと消せないキャラクターや、プレイの残り時間を増やせる“えんちょうタイマー”などさまざま。

今回は試遊ということでプレイできたのは序盤だけだったが、グラフィックやサウンド、世界観から感じたオニオンゲームらしさ。明日(5月21日)にA 5th Of BitSummitに来場する人は要チェック!

IMG_3522
▲ブースでは、『勇者ヤマダくん』Tシャツなど、オニオンゲームスのグッズも販売。
IMG_3526
▲オニオンゲームスブースでは、『ミリオンオニオンホテル』のパンフレットで作られた帽子が配布されていた。記者が被っても似合わないので、フレッシュな編集者をモデルとしてたてた。

▼A 5th Of BitSummitの見どころまとめはこちら

1i国内最大級のインディゲームの祭典“BitSummit” 今年の見どころまとめ【A 5th Of BitSummit】

ミリオンオニオンホテル

ジャンル
パズル
メーカー
オニオンゲームス
公式サイト
http://oniongames.jp/milliononionhotel/jp/
対応機種
iOS

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧