1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. インタビュー>
  4. 『黒猫のウィズ PC』開発者インタビュー スタッフは『黒ウィズ』のコアプレイヤー揃い!

『黒猫のウィズ PC』開発者インタビュー スタッフは『黒ウィズ』のコアプレイヤー揃い!

2016-10-05 18:00 投稿

大人気タイトルがPCブラウザゲームに

 プレスリリース用ヘッダー画像

『黒猫のウィズ PC』公式サイト

コロプラのスマホゲーム『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』(以下、『黒ウィズ』)をPC用ブラウザでプレイできる『黒猫のウィズ PC』。RPGとクイズを融合させたゲーム性はそのままに、PC版ならではの要素を加えた注目作だ。ここからは、本作の開発・運営を行うコアエッジのディレクター・畠山敦志氏とアートディレクター・坂下智亜紀氏にインタビューをお届け。開発秘話、今後の展望などを聞いた。

黒猫集合
ディレクター・畠山敦志氏(右)
アートディレクター・坂下智亜紀氏(左)

横スクロールの『黒ウィズ』も試作

――『黒猫のウィズ』をPCブラウザゲームにという展開は驚きました。

坂下智亜紀氏(以下、坂下) 自分たちも驚きました(笑)。偶然ご縁があったことと、コアエッジに『黒猫のウィズ』好きが多くいたことが重なって、実現に至った感じですね。

畠山敦志氏(以下、畠山) 代表の宮本(貴志氏)も大好きでして(笑)

――なるほど。コアエッジとしてももってこいのタイトルだったんですね。スマホ版とPC版の違いはどういったものになるのでしょうか?

畠山 ゲーム性など、基本的にオリジナルを踏襲していますので、“クラン”などの追加要素が“違い”の部分になってきますね。

坂下 PC版であることの良さを出すために、まずテーマを“つながり”にしようと決めました。具体的には“クラン(仲間と集まるチームのようなもの)”、“チャット機能”、“ランキング”などの要素を追加しています。まだベースだけで現時点では機能があるだけですが、今後様子を見ながら運用していく予定です。

――スマホ版の要素は丸々残しつつ、アレンジを加えていく形なんですね。

畠山 時間を掛けて洗練されていますし完成度の高いタイトルですから、そこはイジる必要もないですから。

坂下 コアな設定があるので、“アナザー精霊”のような違う視点で“もしも”のストリーリーを加えるような、プラスアルファは作りたいと思っています。

 ss03

――作業としては、スマホ版からPC版へデータをポンッとコンバートというわけにはいかないですよね?

畠山 そうですね。使える部分はそのままで使いましたが、ほとんど最初から作った感じになりましたね。

坂下 いちばん大変だったのが、オリジナルのクエスト部分が3Dで動いているという部分ですね。PC版はフラッシュですし、どう表現すればいいかは最大の難関でした。畠山とふたりでいろいろ相談して、横スクロールにしてみたりもしました(笑)

――横スクロールはおもしろそうですね(笑)

坂下 そう思ってやってはみたものの、すぐに「これはもう『黒ウィズ』じゃないよね」という結論に(笑)

畠山 いちばんプレイする部分ですし、あまりにもオリジナルの雰囲気が損なわれてしまうのはどうかと。

坂下 結局オリジナルに沿う形で作ることにしたのですが、サクサク感がなくなってしまうのもよくないので重くもできないですし。テンポを保ちつつ3D感を表現するのは苦労しましたね。

畠山 いろいろ工夫しましたが、クオリティは十分な仕上がりで再現度も高いものになったと思います。

スマホ版との違い

――見た目でいうと、そもそも画面比率がまったく違いますよね?

坂下 PC版は横に長いですね。ただこれは、置けるものが増えたり単純にプラスの部分ですね。リーダーにしたキャラクターがトップ画面に出てきたりといったことも、この画面ならではの仕様です。好きなキャラクターをそういうところに見えるように出しておきたいというのは、コアエッジの他のブラウザゲームでも要望が多かったので。

ss01

――チャット機能もPCでプレイするゲームならではの発想ですよね。

畠山 チャットのしやすさがコミュニケーションにつながるのは、PC版の強みだと思いますね。

――PCはプレイヤーによってP規格やスペックがバラバラだと思いますが、やはり気をつける部分ですか?

坂下 そこはPCブラウザゲームでは共通して考えるところですね。なるべく多くの方にプレイしてもらいたいので可能な限り低いスペックが基準になりますが、そのためにゲーム性やビジュアルを削ぐというのも違います。バランスが大事ですね。『黒猫のウィズ PC』はそのあたりは大丈夫です。

――『黒猫のウィズ』のゲーム性の軸となるクイズは、スマホ版のものがそのまま使われているのですか?

畠山 そうですね。そこは共有して頂いています。

――課金周りもスマホ版と基本的に同じですか?

畠山 基本的には同じですが、スマホ版にはない使い道もあります。たとえばコスト上限を上げたりできますね。強いキャラを引いたらすぐに使いたいという人もいると思うので。ガチャもいくつかバリエーションを用意するつもりです。

――精霊(キャラクター)も同様ですか?

畠山 スマホ版はいま6000種類くらいキャラクターが居ると思いますが、それがいきなり全部入っていると新規プレイヤーの方が混乱してしまうので(笑)。最初は300種類くらいで、徐々に追加していく予定です。

坂下 ステータスやスキルに関してはかなり変更しているので、スマホ版をプレイしている方も新鮮な気持ちで楽しめると思いますよ。

ss04

――そこは変えているんですね!

坂下 レアリティがいきなり変わっているようなことはないですが、いろいろと変更しました。いまのゲーム性に合わせたバランス調整とアレンジですね。カードゲームは得意分野ですし、スタッフが『黒猫のウィズ』のガチプレイヤーばかりで「これをもっとこうしたほうがいいんじゃないか」というように。この作業がいちばん楽しかったんじゃないかな(笑)。

畠山 作業としては大変でしたが、新規のプレイヤーにもスマホ版のプレイヤーにもいいことなので、できてよかったですね。

――ゲーム内イベントなどはどういった感じになるのでしょうか。

坂下 スマホ版とおなじものもありますし、新しいもの用意します。開催ペースや期間は様子も見ながらですが、プレイヤーのニーズに合うようにしていくつもりです。スマホ版と比べると“すこしの時間でちょっとだけ遊ぶ”ということも少ないでしょうし、PCブラウザ版プレイヤーの感覚にしっくり来るようにします。

コミュニティーを大事に

――PCブラウザゲームのプレイヤー層はどんな特徴がありますか?

坂下 幅広い層がいますが、大人と主婦の方がボリューム層ですね。

畠山 言葉で表現するのは難しいですが、やはり独特の文化はありますね。

坂下 コミュニティーは非常に大事で、人との繋がりの部分がゲームを盛り上げて広がっていくのが大きな特徴でしょうか。『黒猫のウィズ PC』でもそこは大事にしていきたいですね。

――最後に、すでにプレイしているファン、これから遊ぼうと思っている方にメッセージをお願いします。

畠山 繰り返しになりますが、プレイヤー間のつながりとコミュニティーを大事に思っていますし、『黒猫のウィズ』への愛もしっかり表現していきたいですね。世界観を守るのは大前提ですが、その中で僕たちなりの見せ方もしていきたいです。今後も期待して見守っていただければうれしいです。

坂下 いい手ごたえもありますし、ゲームを大切に育てて行きたいと思っています。もちろん、プレイヤーの皆さんと一緒に作り上げていきたいですね。まだアイデアレベルですが、リアルイベントのようなものもできたらいいなと思っています。よろしくお願いします。

 ss05
ss06

黒猫のウィズ PC

ジャンル
クイズRPG
配信日
配信中
対応機種
PCブラウザ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧