1. サイトTOP>
  2. 街づくり感覚で牧場を広げていたら愛馬がとんでもないことに!? 『ダービーロード』で自己流育成

街づくり感覚で牧場を広げていたら愛馬がとんでもないことに!? 『ダービーロード』で自己流育成

2016-03-25 12:00 投稿

箱庭型育成シミュレーション!

ほのぼの育成ライフを楽しむまったり派。

攻略に攻略を重ねガンガンやり込むこだわり派。

シミュレーションゲームをする上で、あなたはどちら派だろうか?

今回ご紹介する競走馬育成シミュレーションゲーム『ダービーロード』は、そのどちらにもおすすめしたい一作だ。

本作のパートは大きく3つ。箱庭型の操作で牧場施設を設置したり敷地を広げる牧場パートと、馬を生み育てる育成パート、そして育てた馬をレースに出走させるレースパート。

レース画面

牧場を大きくする→馬を育てる→レースに出て賞金を稼ぐ→また牧場を大きくする……といったシンプルな流れではあるものの、各パートが作り込まれていて、飽きることなく育成ライフを満喫できてしまうのだ。

ホーム画面
▲箱庭型の牧場を開拓していくのがめっちゃ楽しい!

競馬ビギナーから熱狂的なファンまで楽しめる懐の深さ

競馬ゲームというと調教やら配合やら血統やらローテーションやら、考慮しなければいけない要素がありすぎてパッと見はハードルの高さを感じてしまうだろう。

しかし本作は、競馬ゲームが初めての方でも、俗に言う“箱庭ゲー”として競馬知識ゼロから楽しめる仕上がりになっている。

たとえば、牧場に畑を設置することで競走馬育成に役立つ餌を収穫できたり、観光施設の設置で収益を増やせたり、レースで思うように勝てなくても、箱庭ゲー要素で牧場を拡張する、といった楽しみがある。

もちろんコアな競馬ファンでも満足できる配合理論や調教システムも確立されているので、こだわろうと思えばいくらでも掘り下げられる懐の広さも兼ね備えている。過去の配合の成功例から傾向を割り出す“ニックス”や“インブリード”(近親交配)を駆使して、独自の血統図を創り上げる……なんてことも可能だ。

チュートリアル調教風景

実在のキャスト・騎手・競走馬が育成ライフを盛り上げる!

本作をより際立たせてくれているのが、実際の競馬関係者たちによる夢の共演だ。

秘書役には女優の足立梨花を起用。競馬中継番組『みんなのKEIBA』でおなじみの競馬評論家・井崎脩五郎氏や、G1ジョッキーのアンカツこと安藤勝己氏、海外からはオリビエ・ペリエ騎手が登場し、プレイヤーの育成ライフを助けてくれるぞ。

足立さん井崎脩五郎
▲競馬ゲームといえば秘書の存在は外せない(?)。井崎脩五郎氏は競馬ファンならずともご存知の方は多いはず。
アンカツオリビエ・ペリエ
▲“キングカメハメハ”や“ダイワスカーレット”の主戦騎手として大活躍した元騎手のアンカツ。オリビエ・ペリエ騎手は日本ラブなジョッキーだが、凱旋門賞でソレミアに騎乗し日本の三冠馬オルフェーヴルを競り負かす神騎乗をしたことでも有名。

また、レースに参戦する騎手や競走馬も実名で登場。“ディープインパクト”産駒で有馬記念に登録、“ハーツクライ”に挑んで父の無念を晴らす……なんてこともできる。鞍上は武豊騎手でもいいし、新人ジョッキーに任せてみるのもおもしろそう。

筆者個人としては、国内G1制覇の叶わなかった“ルーラーシップ”の産駒で、ダービー馬を育てたいところだ。

騎手選択ディープインパクト
▲自分好みな騎手に愛馬の騎乗を依頼し、往年のライバル馬に挑戦しよう。

今年デビューして話題となった、中央競馬16年ぶりの女性騎手・藤田菜七子ジョッキーも、いまはまだ実装されていないが、これから登場するかも?

他プレイヤーとの協力や対戦でさらに熱く楽しく!

競走馬の育成をスムーズに進めていく上で欠かせないのがフレンドの存在。フレンドが持っている競走馬を拝借して調教に参加させることで、愛馬の能力をさらに引き伸ばすことができる。フレンドが増えるとプレゼントがもらえるので、積極的にフレンド申請は送っておきたいところ!

また最近実装されたユーザー対戦も熱い。他プレイヤーの競走馬と戦わせることで、自分の馬の能力を知ったり、育成上の改善点を見つけ出そう。

ユーザ対戦
▲定期的に開かれる大会で好成績を残せれば豪華報酬がもらえるかも!?

思い入れの深い配合で未来のG1馬を作れ!

リアルで一口馬主もしている競馬大好き筆者がプレイしてみた感想として、本作最大の魅力は自分の好きな血統を活かした繁殖・生産ができる点が挙げられる。

実際の競馬だと現役時代の成績と繁殖実績両方に優れている馬でないと血を残すことは難しいが、本作は配合をきっちり組んで牧場施設を拡充させれば、思い入れのある血統でGI馬育成も夢ではない。

たとえば白毛の馬だけを育成しまくる白毛縛りプレイだってできる。

白毛馬
▲“ユキチャン”が手に入ったら、白毛馬育成のスタート!

実際の競馬では最近“シロインジャー”という白毛馬がデビューし話題を集めたが、近い血統の白毛馬をゲーム内で再現することも可能だ。

以上のように、ガチプレイヤーがこだわり抜いて強い競走馬を追い求められる一方で、「街づくり感覚で牧場を拡張していたら、施設が充実してみるみる愛馬が強くなってGI馬になちゃった」ということが起こり得るのも本作の魅力。まったり派もこだわり派も楽しめるはずだ。

次回からは、レースに勝つためのテクニックや筆者のリアル競馬のレース予想などもお届けする予定なので、お見逃しなく!

大型アップデート&60DL記念キャンペーン中

2016年3月22日に大型アップデートが実施され、新機能“ユーザー対戦”が実装。同時に60万ダウンロードを突破! これを記念して、ゲームをプレイ するだけで、もれなくSRディープインパクトがもらえるキャンペーンが実施中だ。また3月22日~3月31日までの期間はゲーム内アイテムのDRコイン 20枚がもらえるのでゲームを遊び始めるならいまがチャンス!

ダービーロード presented by みんなのKEIBA

ジャンル
競走馬育成シミュレーションゲーム
メーカー
フジテレビ、オルトプラス
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Android 4.1以降、RAM2GB以上搭載のスマートフォン端末 iOS 6.0以降、iPhone5、5s、6及び6Plus

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧