1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 個人開発ゲームを斬る>
  4. 【個人開発ゲームを斬る】30秒間斬って斬って斬りまくれ!『30秒ヒーロー』

【個人開発ゲームを斬る】30秒間斬って斬って斬りまくれ!『30秒ヒーロー』

2016-02-15 14:45 投稿

◆2015年の“個人開発”を振り返る
※ベストアプリランキング(前編)
※ベストアプリランキング(後編)

1プレイ30秒

読者の皆様、“育成要素”があるゲームはお好きですか?

私事で恐縮ですが、年齢的にいろんな素早い動きに対応できなくなってきております。ですので、時間をかけて育てれば必ず「俺様、強ええ」感を味わえる育成ゲームが、大好物です。

今回ご紹介する『30秒ヒーロー』は、そんな私が大好物な、育成が楽しいシンプルアクションゲームでございます。

image1
▲30秒間斬りまくり

ステージは

ステージは1画面固定。

この範囲内に、モンスターが湧いてきますので、攻撃したいモンスターをタップで選択。すると、主人公がテクテクと歩いて、そのモンスターを倒すまで攻撃し続けます。

なんとなく嫌になったら、もう一度タップして、ターゲティングを解除。倒すとゴールドゲット、そして新たなモンスターが出現。

それを30秒くり返し、ゴールドを稼げるだけ稼ぎます。

“育成ターン”へ

image2
▲自分好みにカスタマイズ

モンスターから攻撃してくることはないので、いわゆる「ずっと俺のターン」。

30秒経過すると、ゲームオーバーとなり、そのコインを使った“育成ターン”へ。

“攻撃力”、“移動速度”、“コイン倍率”

この3つの要素をバランスよく上げるもよし、何かを特化するもよし。

強い敵を倒すほどゴールドが稼げるので、とにかく攻撃力を上げた方がいいかもしれません。

効率よく倒す

image3
▲できるだけまとめて攻撃

30秒という限られた時間の中で、できるだけたくさんモンスターを倒す必要があります。そこで大事になってくるのが、いかに効率よく倒すか。

主人公の攻撃範囲は意外に広め。

1体より2体
2体より3体

と、できるだけたくさん同時に攻撃できるようにターゲティング。じつは主人公の背後にも攻撃範囲があるので、そこもうまく利用しましょう。

時間が経過すると

image4
▲巨大クリスタルを見逃すな!

時間が経過すると、画面中央に突然現れる、巨大なクリスタル。こちらをタップしてターゲティングすると、主人公がジャンプしてクリスタルゲット。

image5
▲BOMはゲームの華

すると、ドカーンとド派手なエフェクトとともに、“クリスタルパワー”で画面内にいるモンスターを一掃。もちろん、画面内にたくさんモンスターを集めておいたほうが、おトク。

image6
▲なんか出た!

このクリスタルパワーには、いろんなエフェクトが用意されているようです。画面下から不気味な手が出てきたときは、普通にビビってしまいました。

見た目が変わるだけで、効果はいっしょのようです。

30秒なんで

image7
▲出てしまった最高得点

30秒なんで1ゲームがサクッと終わります。

「この回終わったら、ちょっと休憩しよう」なんて思っていると、意外にハイスコアが出ちゃったり。

image8
俺様強ええ!!!

ゴールドが貯まっちゃったので、育成しちゃったり。

すると、強くなった自分を試したくて、またプレイしちゃったり。

そしてまたハイスコア更新しちゃったり。

気づけば、いい意味の泥沼に。これ以上ハマると〆切に間に合わないので、断腸の思いでアプリを終了し、開発者の“Kan.kikuchi”さんにお話を聞いてみました。

Q1.『30秒ヒーロー』を作ろうと思ったきっかけは?

3DS/WiiUの『スマッシュブラザーズ(スマブラ)』をやっていたときに、オンライン対戦でぜんぜん勝てないんで、「敵を一方的に吹っ飛ばしてスッキリできるアプリを作ろう!」みたいなのがきっかけです。
ただ、そのときは成長要素も考えてなかったですし、バーチャルパッド操作にしようとしてたので、「あれ?これスマブラのCPU対戦で十分だな……」ってなって一度ボツにしてました(笑)。
その後、よりお手軽にするため、操作からはアクション性は排除して見た目だけアクションゲームっぽくしたり、すぐ飽きちゃいそうだったので、成長要素を追加してやればやるほどハイスコアが伸びるという形にしたり、といろいろ試行錯誤してたら、いまの形になりました。

Q2.開発期間はどれぐらいでしょうか? 苦労した点は?

開発期間は2ヵ月弱(175時間15分09秒)ほどです。
苦労したのはアプリの動作を軽くすることですね。
当初、とにかく見た目を派手にするためにエフェクトを豪華に使ったり、3Dオブジェクトをふんだんに使ったりしたら、アプリがすごく重くなって、ちょっと古い端末だとカクカクになってました。
なので、エフェクトの派手さをできるだけ残しつつ、軽くなるように調整したり、プログラムもより軽く処理できるように手直ししたりしました。
背景に至っては、動かないし静止画でいいなってことで、3Dステージのスクリーンショットを撮ってそれを貼りつけてるだけです(笑)。

image9
▲関係者以外立ち入り禁止の舞台裏をご紹介

Q3.「ここを見てほしい!」というこだわりポイントは?

いちばんは“エフェクトの爽快感”ですね。
とくにクリスタルを取ったときにでる必殺技のエフェクトは、なかなか爽快感があって、気持ちがいいと思います!
あとは攻撃時の演出も見てほしいです。
このゲームは攻撃力を上げると敵に与えるダメージが増えるだけでなく、演出も強化されるようになっています。
ヒットストップの長さ、敵の飛びの速度、画面のブレ具合と結構拘って作ったのでそこら辺に注目してみるのもおもしろいかもしれません。

Q4.キャラクターなどは“アセット(素材)”を利用したと思うのですが、どれぐらいのアセットで総額いくらぐらいなんでしょうか?

キャラクター、ステージ、コイン、BGM、SE、エフェクト、UI、すべてアセットです!
おもなアセットを累計すると$158.99ぐらいでした!
と言ってもBGMやエフェクトはもとから買っていたので、このゲームのために使ったのは$100くらいですね。

※開発者ブログ:http://kan-kikuchi.hatenablog.com/entry/30SecHero

Q5.リリース後の反響はいかがですか?

いくつかのレビューサイト様に取り上げてはもらえたものの、全然DLされません!タスケテ!!
現時点でiOS,Androidともに500DLほどで、過去最低ペースです(笑)。
ただ、予想以上にやり込んでくれてる方が多くて、それに関して嬉しいかぎりです!

Q6.何か攻略法というか、開発者だけがこっそり教える的な情報はありますか?

攻略法というほどではないんですが、クリスタルはできるだけ最後に使うのがいいと思います。
通常攻撃では倒せない敵も一掃できるので、スコアが一気に上がります。
あと動画広告を見てコインを貰うリワードというのがたまに出るんですが、このアプリの場合、起動後の初プレイ時は必ず出るようになってます。
なので、プレイの度にアプリを終了すれば毎回リワードが使えるという荒技が使えます(笑)。

image10
▲動画広告を見ると結構大量のコインゲット

Q7.最後に何かひと言、お願いします!

次回リリース予定のアプリが結構、自信作になりそうなのでこちらもよろしくお願いします!
規模が大きいRPGしてしまったため、開発は難航中ですが……年内には完成すると思うので、どうぞ見捨てないでください!!
あとTwitterアカウント(@Kan_Kikuchi)もよろしくです(コッソリ)

image11_1▲こちらの自信の新作image11_2▲画面は開発中

キャラクターの成長が数字だけではなく、見た目の演出もド派手になってくるので、飽きずにくり返し楽しむことができます。

「俺様強ええ」感を味わいたい方は、ぜひダウンロードして遊んでみてください!

◆2015年の“個人開発”を振り返る
※ベストアプリランキング(前編)
※ベストアプリランキング(後編)

■あぷまがどっとねっと
(あぷまが)

「すべてのアプリにチャンスを!」との思いから、藤田武男氏が個人開発者が開発したアプリを中心に紹介している情報サイト。ほかでは見つからない“お宝アプリ”が“あぷまが”なら見つかるかも! ちなみにイラストは、あぷまがのマスコットキャラ、アイロニー。


※あぷまがへのアクセスはこちらから

30秒ヒーロー

メーカー
Kan.kikuchi
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
iPhone、iPod touch、iPad、iOS 7.0 以上 Android 2.3 以上

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧