1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 『ガンダムコンクエスト』2周年記念爆誕祭バサラはこうしてゆうこに負けた!

『ガンダムコンクエスト』2周年記念爆誕祭バサラはこうしてゆうこに負けた!

2016-01-13 12:00 投稿

爆誕祭エキシビジョンバトルを解説

2015年12月17日(木)に“GUNDAM cafè 秋葉原店”にて行われた“ガンダムコンクエスト2周年 爆誕祭”。本イベントでは、2016年に開催予定のユーザー参加型リアル大会“第1回 全国ガンコン王選手権”のエキシビジョンマッチが行われた。今回は、エキシビジョンバトルの詳細を、参加者でもあるバサラ・オム大佐(バサラ佐藤)が解説しよう。

※2周年記念爆誕祭イベントリポート
<爆誕祭動画>

第一試合 倉田選手vs市村選手ROUND1

市村雄介と倉田哲史によるお笑いコンビがっつきたいか同士のバトルとなった第一試合。ROUND1の対戦カードはこの通り。

01-01

市村選手のユニットは、本人いわく「バリガー」とのことだったので、SR ザクII(シャア専用)でバリアやガードを張って前列を守りつつ、SR ノーベルガンダムとSR アビスガンダムが相手を倒していくという構成。倉田選手のユニットは、前列にSR ザクII(シャア専用)を配備した回避ユニット。バトルが始まると、倉田選手のユニットはスタートアップの掛かりが非常によく好スタート! そのまま機動力の差で市村選手のユニットより速く動き、SR ジオングの強化攻撃【機動力】Iで市村選手の機体を粉砕。一方の市村選手は、頼みのガードが発動せず、SR ザクII(シャア専用)が通常攻撃を出してしまう。

名称未設定 3
▲市村選手、1ターン目でガードが発動せず。これは痛い。

倉田選手がそのままSR ジオングの強化攻撃【機動力】Iで押し切って勝利。市村選手が試合後「(発動率が)80%くらいあるよ?」と語っていたが、実際には下記の通り78%と思われる。

Screenshot_2016-01-07-00-53-02
 Screenshot_2016-01-07-00-53-07
▲ガードは、覚醒していてスキルレベル10の場合、発動率は上記の通り。合計78%の発動率。
 Screenshot_2016-01-07-00-54-16
▲パイロットを、あっちのHR ディアッカ・エルスマンではなくてこっちのHR ディアッカ・エルスマン、アクティブスキル発動率アップのほうにしていれば……。
Screenshot_2016-01-07-00-55-13
 Screenshot_2016-01-07-00-55-19
▲45+43で88%までアップ! あっちのHR ディアッカ・エルスマンは技量が高いのでカット率は上がるが、発動率を高めたほうが良かったのではないか説!
 Screenshot_2016-01-07-15-39-42
 Screenshot_2016-01-07-15-39-36
▲SR ザクII(シャア専用)を覚醒させれば、スキルレベルが15まで上げられるので、46+41で87%に。これにアクティブスキル発動率アップのHR ディアッカ・エルスマンを載せれば、52+47で99%。できればこうしたいです、市村さん! ただ、いまのご時世、バリガーは高確率で貫通されるので、バリガーは保険くらいに思っておいたほうがいいかもしれない。

第一試合 倉田選手vs市村選手ROUND2

ROUND2はこのようなカードに。

01-02

倉田選手のユニットは、SR シャンブロの挑発を活かした、挑発ユニット。SR シャンブロの装甲を高めつつ敵の攻撃を挑発で受け、その間にSR クシャトリヤが後衛優先三回攻撃【感応】Iで攻撃し、一気に殲滅するというコンセプト。サポートにも先制付与があるSR マリュー・ラミアスを配置するという徹底ぶり。市村選手は、SR ガンダムレオパルドデストロイの攻撃を上げつつ先制を付与し、爆発攻撃で倒すというもの。だが、仮に爆発攻撃が発動しても倉田選手のSR シャンブロとR ガズアルにしか当たらない……。すでに不利な予感がしていたが、実際に始まると……。

名称未設定 4
▲倉田選手はスタートアップがバリバリきまり、SR クシャトリヤが開幕でスキルを発動。

倉田選手のSR クシャトリヤが最初に動き、後衛優先三回攻撃【感応】Iで市村選手の機体を3機撃破。市村選手はなすすべもなくそのまま敗北し、倉田選手が決勝進出。倉田選手の挑発&アタッカーユニットが見事にハマった形。このユニット強い!

第二試合 ゆうこ選手vsバサラ選手ROUND1

第二試合は、『ガンコン』応援団長のゆうこOOこと川西ゆうこ選手と、この俺バサラ佐藤とのバトル。当然、会場はゆうこ選手を応援する声のみ(笑)。俺もがっつきたいかとやりたかったよ! ROUND1の対戦カードは以下の通り。

02-01

ゆうこ選手は、ご自慢のユニットのひとつインジャ部隊。前衛のSR インフィニットジャスティスガンダムをひたすら強化し、強烈な2回攻撃を叩き込むというもの。相手からの能力ダウンは、サポートのSR エギーユ。デラーズで打ち消す。シンプルで継戦能力こそイマイチだが、相手の1ユニットを破壊するのには非常に強力な構成だ。一方の俺、バサラ佐藤は、せっかくなのでシーズン7で追加された新機体、SR ∀ガンダム(月光蝶の方)を入れた装甲部隊。SR ∀ガンダム(月光蝶じゃない方)に挑発を持たせ、SR キュベレイMk-II(エルピープル専用)、SR ガンダムMk-IIで装甲を高めつつ、SR ∀ガンダム(月光蝶の方)で回復するという構成。なぜかこのユニットを出しただけで会場からはブーイング。市村選手からは、「せめてお気に入りは切ってよ!(笑)」と言われ会場全体が敵に! バトルが始まると……。

 02-0102
▲ゆうこ選手のSR インフィニットジャスティスガンダムの攻撃は最低ダメージ! 大人げないバサラはもりもり回復し……。

ゆうこ選手のSR インフィニットジャスティスガンダムが最初に動くも、挑発をもったSR ∀ガンダム(月光蝶じゃない方)には最低ダメージ。さらに、バサラのSR キュベレイMk-II(エルピープル専用)が全方位攻撃【護壁】Iを発動し、ゆうこ選手の後衛を2体撃破。SR ∀ガンダム(月光蝶の方)がひたすら回復し、結果ノーダメージで勝利してしまった。会場からは落胆の声。「あー……」ってなんだよ! 新ユニット使いたかったんだよ!

第二試合 ゆうこ選手vsバサラ選手ROUND2

ROUND2では、大人げないバサラに対して、サポートなし、パイロットなし、コスト27以下というハンディキャップが課せられた。両者の編成はこの通り。

 02-02

ゆうこ選手はSR ∀ガンダムに挑発を付け、SR ダブルオーライザーで回復するという装甲編成。対するバサラは、SR ガンダム試作3号機ステイメンを中心にした支援攻撃ユニット。SR ブルーディスティニー1号機とSR カラミティガンダムは覚醒済み。サポート、パイロットなしでも「支援攻撃が発動すればワンチャンあるんじゃねー?」と思ったものの……。

 02-0202
▲支援攻撃のSR ガンダム試作3号機ステイメンがまさかの通常攻撃2連発!

バサラのSR ガンダム試作3号機ステイメンは1ターン目も2ターン目も通常攻撃。支援攻撃が発動しなかったこの部隊では、火力がまったく足りず、ゆうこ選手のSR ∀ガンダムが抜けなくてあっさりと敗北。挑発部隊、硬いんだよね。

 Screenshot_2016-01-07-13-43-24
▲支援攻撃Iの発動率は、スキルレベル10で55%。ステイメンのスキルでアクティブスキルの発動率は31%上がり、支援攻撃の発動率は72%くらいのはず。おかしい、なぜ出ない? なぜだ! 覚醒してスキルレベル15まで上げれば素で70%くらいまで上がるけど、自分には無理ですわ……。

第二試合 ゆうこ選手vsバサラ選手ROUND3

勝負はROUND3へ。バサラはパイロットかサポートのどちらかだけいれていいというルールに変更。対戦カードは以下のとおり。

 02-03

バサラはパイロットを選択し、シーズン6で手に入った☆つきHR ボルジャーノン(ギャバン専用)の挑発を軸にしたHR編成。対するゆうこ選手は、SR クロスボーン・ガンダムX1を前衛に、後衛に自身が選んだイベント機体、SR ケンプファーを配置した回避ユニット。なお、俺は編成を見た瞬間負けを確信(笑)。HR ボルジャーノン(ギャバン専用)が耐えてくれれば、ワンチャン有るかと思ったんだが……。

 02-0302
▲SR クロスボーン・ガンダムX1の強化攻撃【機動力】+がHR ボルジャーノン(ギャバン専用)に炸裂!

バトル開始と同時に、SR クロスボーン・ガンダムX1の強化攻撃【機動力】I+が飛んできて、俺のHR ボルジャーノン(ギャバン専用)はカンストダメージでお亡くなりに。装甲強化が足りなかったか? いやそういう問題でもないような。残りのメンツが一応がんばるが、ゆうこ選手の部隊に押し負けて、ゆうこ選手が勝利! お、女の子に華を持たせただけなんだからね!

決勝戦 倉田選手vsゆうこ選手ROUND1

決勝戦はこのふたり。倉田選手、ゆうこ選手ともに、予選で見せた以上に強力な部隊はもっていないらしい。というわけで、ROUND1はこの組み合わせ。

 03-01

倉田選手は、第一回戦ROUND2で安定した強さを発揮した、SR シャンブロ挑発部隊。対するゆうこ選手は、伝家の宝刀イントジャ部隊。ゆうこ選手のSR インフィニットジャスティスガンダムが、SR シャンブロの装甲を貫ければあるいは……というところだが。

 03-0102
▲ゆうこ選手のSR インフィニットジャスティスガンダム、またしても最低ダメージ!
 03-0103
▲倉田選手、またしてもSR クシャトリヤが無双!

ゆうこ選手のSR インフィニットジャスティスガンダムは、またしても挑発の壁が破れず! もう少し火力を上げるか、装甲強化抑制【狙撃】I+を持たせないと、挑発装甲が破れない予感! そして、倉田選手のSR クシャトリヤが後衛優先三回攻撃【感応】Iで、1ターンでゆうこ選手の後衛を一掃。そのまま勝負アリ!

決勝戦 倉田選手vsゆうこ選手ROUND2

決勝戦ROUND2はこのような組み合わせ。

 03-02

倉田選手は、第一試合ROUND2で市村選手が使った編成と似ている感じ。SR ガンダムレオパルドデストロイが先制し、爆発攻撃で相手を一掃するという狙い。ゆうこ選手のユニットは機体が固まっているため、どこに爆発攻撃が飛んでも3機は被弾する可能性があるため、爆発攻撃が来ないことを祈るか、来る前に勝負を決めたいところ。

 03-0202
▲どちらも先制がガッツリかかる。機動力の差で、ゆうこ選手のSR クロスボーン・ガンダムX1が最初に動き、強化攻撃【機動力】I+が炸裂する!
 03-0203
▲が、無傷のSR ガンダムレオパルドデストロイの爆発攻撃I+が炸裂! そして……。

ゆうこ選手の機体が先に動き、SR クロスボーン・ガンダムX1の強化攻撃【機動力】I+で、倉田選手のSR ザクII(シャア専用)を一撃! そのまま、ゆうこ選手の機体が連続で攻撃するが、倉田選手のSR ガンダムレオパルドデストロイは無傷。そして、SR ガンダムレオパルドデストロイが爆発攻撃I+を発動! なんと、後衛ど真ん中のSR ケンプファーに飛び全機が被弾、一撃の元に勝利! こうして、倉田選手が優勝を飾った! ゆうこ選手、強化攻撃がSR ガンダムレオパルドデストロイに飛ぶか、SR ザクII(シャア専用)のガードが発動していればまた結果は違ったかもしれない。みんなもいろいろな部隊と戦って、最強部隊を練り上げていこうぜ!

ガンダムコンクエスト

ジャンル
戦略シミュレーション
メーカー
バンダイナムコエンターテインメント
配信日
配信中
価格
基本無料(アイテム課金制)
対応機種
iOS、Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧