1. サイトTOP>
  2. 【夕刊】ラベンダー色に染まる風呂

【夕刊】ラベンダー色に染まる風呂

2015-11-24 20:45 投稿

 

【担当者のヒトコト】

satoruri128

昨日、私は髪の毛を染めた。美容院とかサロンとか、そんなオシャレなところに行った話を想像するかと思うが、私は自分で髪を染めた。うわあ……自分で染めるとか、高校生みたい……と引くかもしれないが、聞いてほしい。

私だって大学1年のときに盛大にブリーチに失敗してから、セルフ染髪は卒業したはずなのだ。器用な人ならともかく、私はそうではないので「世の中適材適所、そういうことはプロに任せればいいさ、もう大人なのだからね」とマイ理論を掲げていたのだ。

でもさ、サロンってさあ、結構バカにならない金額とられるよねえ。あまり髪を染めたことのない人のために説明すると、日本人の地毛の髪色は黒色が強いので、染めてもせいぜい茶色ぐらいにしかならない。綺麗な色を入れるためには、まずブリーチ(脱色)をしてから、カラーリングをしなくてはならないのだ。1回で済めばいいけど、綺麗に色を入れるためには、何度を色を抜かなくちゃあいけない。結果ブリーチ3回、カラー、グラデ、なんて、気づけば数万にもなってたりして……。

「色気づいてるんじゃねーよ!」という突っ込みが入りそうなので弁解するが、決してオシャレを意識しているわけではない。

髪なんて、ほんとは何もしないのに越したことはないのだ。傷むし、手入れはたいへんだし、男ウケは悪いし、前述のようにお金かかるし。でも私は、昔から黒髪が絶望的に似合わない人なので、結果的にこういった類のものに搾取される側の人間なのよ。不平等!

とまあ、前置きが長くなってしまったが、「たまには自分で染めていいかな……今、金欠だし(←結局のところコレである)」と思い立った私は、ドンキホーテに駆け込み、“マニックパニック”なるヘアカラーを買った。ドラッグストアに置いてあるヘアカラーってブリーチ剤とかも一緒に入っていい感じの茶色になるようになっているんだけど、これは染め粉のみ。それも青とか赤とか、ビビットな原色ばかりで、見た目は絵の具のようだ。

最初は躊躇しかけたもの、「でも、今の私の髪の毛、そんなに脱色していないから、ここまで色は入らないだろうなあ。せいぜいベージュぐらいになるんだろ」と思い直し、“マニックパニック”のピンクを購入。帰って、早速試してみたら……。

「うげー! ピンクすぎる~~~」

染まった。私の地毛の色はどこへやら、真ッピンクに染まってしまった。ちゃんと染まって嬉しいけど、でも、恥ずかしい! もうちょっとさりげない感じにしようと思ったのに、これじゃあヴィジュアル系大好きお姉ちゃんだ!

あわてた私は、その日の夜、次の日の夜と髪の毛をガシガシ洗って(カラー剤なので落ちるのが早いのだ)少しだけ色を落としてみせた。そのかわりに、お風呂は落ちた染料のせいで、ラベンダー色に染まってしまった。髪を洗うのに必死で、まだ落としていないが、果たしてあの染料は落ちてくれるのかしら。

いやあ、“マニックパニック”おそるべし。さすがアメリカ生まれだぜ……。そういえばあっちって、お菓子の色もとんでもなくビビッドだもんな。そりゃあ人の髪の毛の色を染め上げるのなんて朝飯前だろうよ。

(さとるり)

【編集者注目の記事】
※ 最近公開の記事の中から、気になったものをピックアップ


aikon
「(^q^)くおえうえーーーるえうおおおwwwwww」のクロエ・ルメールが『ガルフレ(♪)』では歌って踊る!

2年前に『ガールフレンド(仮)』の記事を担当していた際に、自称“聖櫻学園の愛のファンタジスタ”という称号を名乗っていた竹中プレジデントによる、看板ガール調査と言う名の、クロエちゃん押し記事。

以前某タイトルで一緒にチームを組んで仕事をしていた竹中プレジデントとは今も大の仲良し! あのときも美少女キャラにブヒブヒ言っていたけれど、今度はもっとブヒブヒっぷりが見れそうです。『ガルフレ(♪)』の配信日まで、プレジの記事を読みながら復習しよう。(主にクロエちゃんのことしか書いてないけど!)

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧