1. サイトTOP>
  2. 『黒ウィズ』×スクラップ! 『黒ウィズ』のリアルクイズイベント先行体験会のリポートをお届け

『黒ウィズ』×スクラップ! 『黒ウィズ』のリアルクイズイベント先行体験会のリポートをお届け

2015-10-07 17:10 投稿

クイズバトルを実体験

コロプラから配信中の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』と「リアル脱出ゲーム」でおなじみのスクラップがコラボしたイベント「リアルクイズRPG 伝説の魔道士は誰だ!?」が10月9日より、全国4会場で開催される。

※「リアルクイズRPG 伝説の魔道士は誰だ!?」公式サイト

【開催日時】
2015年10月9日~2015年12月3日

【開催場所】
・東京
ヒミツキチラボ(渋谷)
原宿ヒミツキチオブスクラップ
・名古屋
名古屋ヒミツキチオブスクラップ
・大阪
大阪ヒミツキチオブスクラップ

ここでは、開催にさきがけて6日におこなわれたプレス向けの先行体験会の模様をレポートする。

ph01
▲体験会はまず『黒ウィズ』、スクラップ双方の代表者が登壇。コロプラのうがぴよ氏はリアル脱出ゲームへの参加経験もあり、今回のコラボを楽しみにしていたと語った。
ph02
▲スクラップの吉村プロデューサーは黒ウィズのヘビーユーザーとのこと。クイズには知識、リアルイベントではひらめきが重要で、その2つの融合を楽しんでほしいと語った。

そしていよいよイベントスタート。イベントの内容は『黒ウィズ』に登場する4つの町からなるステージで、ギルドマスターからの依頼にしたがって魔物をクイズで討伐していくというシンプルなもの。さらに各ステージの最後にはギルドマスターの試練が用意されている。プレイヤーはこれらの戦いに勝利することで、自己を鍛え、最終的に邪龍と呼ばれる存在との決戦に挑むことになる。

ph03
▲参加者の体力や攻撃力はシートとチップで管理される。クイズに正解すると攻撃力ぶんのダメージを与えられ、不正解だとダメージを受けて体力が0になるとそのステージは失格となる。
ph04
▲ウィズはフルボイスでしゃべる。ゲームだと決まったセリフしか言わないのでこれは新鮮かも。
ph04
▲クイズは『黒ウィズ』でいえば1~2色パネルくらいの難易度。ただし各ステージのギルドマスターの出すクイズは少しひねった問題になっている。

また、各ステージの合間には、魔物を倒して得た財宝を使って精霊を仲間にすることができる。誰を仲間にできるかはランダムだが、精霊はそれぞれ攻撃力を上げる、ダメージを回復するなどさまざまな能力を持っており、攻略に役立つこと間違いなしだ。

ph07-a
▲精霊は毎回カード3枚がランダムに配られ、そのなかから1体を仲間にすることができる。
ph07-b
▲精霊の能力はそれぞれ異なる。なかには一撃で魔物を倒してくれたり、複数回答ができるなど変わった能力を持つものも。

ちなみにこの精霊カード、非常にイラストや質感などがよく、ファンにとってはコレクションアイテムとして集めたいものになりそう。

精霊カードは全部で15種類あり、イベントに参加するたび参加賞として2枚、成績優秀者にはプラス1枚、その会場で伝説の魔道士に選ばれたプレイヤーには全15枚がプレゼントされるので、何度も参加してコンプリートを目指すのもいいだろう。なお、2回目以降参加する時は、精霊カード1枚を所持した状態で参加できるので、少しだけ有利にイベントを進められるとのことだ。

ここまでイベントの流れを簡単にまとめると、クイズに正解することで魔物を倒し、得た財宝を使って精霊を仲間にしたり、自分を強化したりすることで後半のステージに現れるより強力な魔物たちに挑んでいくということになる。

なお、イベントは各会場数10人~100人程度で行われるとのことだが、プレイヤーが着席するテーブル1つ1つにゲームを管理するディーラーつくため、進行に取り残されたりということはなく、クイズに集中することができるようになっていた。

会場で販売されるグッズにも注目

各会場では『黒ウィズ』グッズの販売もおこなわれるのでこちらもぜひチェックしてみてほしい。

ph08
▲ウィズのフェイスタオル。
ph09
▲トートのトートバッグ。シャレのきいた1品だ。
ph10
▲ウィズと杖があしらわれたスマホケース。これはかわいい。
ph11
ph12
▲さまざまな精霊のポストカードも。アリエッタやアルドべリクなど新しいキャラクターのものも用意されている。
ph13
▲会場にはLカードをあしらったフォトフレームも。イベントに参加した際はぜひ記念写真をとっておこう。

一度と言わず、二度、三度と参加してみよう

というわけで、ここまで「リアルクイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ 伝説の魔道士は誰だ!?」の先行体験会の模様をお届けした。参加してみた感想としては『黒ウィズ』のテイストをしっかり出しつつ、クイズのドキドキ感や、ランダムに配られた精霊から誰を仲間にするかの戦略性などリアルイベントとして白熱するものになっているという印象だ。

『黒ウィズ』のファンにはぜひ参加して、リアルに再現されたクイズバトルを味わってみてほしい。

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

メーカー
コロプラ
配信日
配信中
価格
アイテム課金制
対応機種
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 5.0 以降。※iPhone 4S 以上推奨 iPhone 5 用に最適化済み、Android2.3以降

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧