1. サイトTOP>
  2. 【TGS2015】アソビモブースで新作タイトル『GODGAMES』と『ゲートオブリベリオン』を体験!

【TGS2015】アソビモブースで新作タイトル『GODGAMES』と『ゲートオブリベリオン』を体験!

2015-09-18 09:00 投稿

新作、イベントテンコ盛り!

asobi1

2015年9月17日(木)より開催中の東京ゲームショウ2015。

本イベントに出展中のアソビモのブースでは、新作ゲームの試遊ができるほか、多彩なステージイベントも開催されている。

今回はアソビモのブース内に開設されていた新作ゲーム、『GODGAMES(ゴッドゲームス)』と『ゲートオブリベリオン』を遊んでみた。

イベントで賑わうブース

asobi2
DSC00433
▲試遊台でプレイをするとポストカードや缶バッジなどが貰える。

最大プレイ人数は30人!『GODGAMES』

asobi3

スマートフォンアプリでありながら、最大30人で対戦可能な『GODGAMES』とはどういったゲームなのか。まずはそのゲームシステムを簡単に説明する。

1試合3分でお手軽プレイ

『GODGAMES』は、フリーインバトルを採用した最大30人同時対戦のマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)ゲーム。

1試合の時間が短いため、忙しいときでも気軽にプレイをすることができる。

asobi4
▲マルチプレイを選択すれば、すぐに試合に参加できる。
asobi5
▲体験版ではタンク、アシスト、ストライクが選択可能。

試合内容

『GODGAMES』の試合は、相手の拠点をすべて占拠するか、時間切れになるまで続く。プレイヤーは自身のユニットの操作し、敵の拠点を占拠しなくてはならないのだ。

ユニットは敵を発見するとオートで戦ってくれるため、その隙に次の一手を考えなければならない。

内容はギッシリ!

操作方法こそ簡単なものの、そのゲームシステムは奥深い。

自分のユニットへの指示と状況の把握をしている間に時間が過ぎていく。

asobi6
▲オートで進む戦闘中も画面は大忙し。

短いが濃厚な戦闘

『GODGAMES』は、短い時間で熱中することができるゲームだ。

ユニットへの指示に戦況の把握、敵の狙いを把握して先手を打つ戦略性。短い時間にMOBAの魅力がギッシリと詰まっていた。

asobi7
▲マルチプレイ中はとにかく戦況が目まぐるしく動き、退屈することがない。
asobi9
▲タイムアップでギリギリ勝利。
asobi10
▲勝敗や貢献度で貰えるランクポイントが増加。
DSC00434
▲プレイ後は上記の缶バッチの中から1個が貰える。

少ない時間で遊ぶことができる魅力的な一作

今回の体験版ではマルチプレイを試遊したが、その際の快適さには驚かされた。

人数が揃うまで待つこともなく、すぐに戦闘に移行。途中参加も可能なため、気軽にプレイすることが可能だ。

大人数でのマルチプレイでも快適に動くため、ストレスが一切ない。MOBAをプレイしたことがない人にも、一度触れてみてほしい作品だ。

広大なフィールドを旅できる『ゲートオブリベリオン』

asobi11

『ゲートオブリベリオン』はアンリアルエンジン4を用いて開発された、スマートフォンコンテンツとは思えないほどのクオリティを持つMMORPG。

”神々の戦争を終えた歴史を持つ世界”という壮大な世界観背景を持っており、冒険のスケールも壮大だ。

プレイヤーはこの世界を、5つの種族、5つのジョブの中から選択して旅に出ることになる。

キャラクター選択

体験版では、最初に自分の操作するキャラクターを作ることになった。

まずは5つの種族からひとつを選ぶところからスタート。もちろん性別を変更することも可能だ。

asobi12
▲選べる種族はヒューム、エルダーナ、フォレス、ダーリス、トトラットの5種族。

ジョブも同様に、5つの中から選ぶことになる。

asobi13
▲選べるジョブはファイター、ソーサラー、ヒーラー、アーチャー、ランサー。
asobi14
▲ジョブを選択すると、同種族でも服装が変わる。

戦闘方法

戦闘中は、画面右下に出現するスキルバレットを駆使して進行する。

プレイヤーは各ジョブごとに備わっている多彩なスキルを利用し、敵を倒していくことになる。

asobi15
asobi16
▲スキルは3つまで表示される。

クエスト受注

チュートリアルが終わると、クエストを引き受けることに。新たな場所に生息するモンスターの退治が目的だ。

こうして仕事を引き受けることで、新たなマップへと旅に出ることができる。

asobi18
▲モンスター退治のために新天地へ!

フィールドには敵が点在。目的地へ進む途中に出会えば、そのまま戦闘に移行する。もちろん、そのまま無視して逃げることも可能だ。

広大なフィールドだが、新設設計で安心

今回遊ぶことができた体験版では、チュートリアルからモンスター退治まで迷うことなく進むことができた。

自分で広いマップを動き回る必要があるが、目的地がハッキリとしているため迷うことがない。

また、自分の進む方向を表示してくれるナビゲーションアローのおかげで、会話を読み飛ばしてしまっても次の目的地が分かる。

マップを動き回るのが苦手な人でも、迷うことなく進むことができるだろう。

asobi19
asobi20
▲ナビゲーションアローが指し示す、次に出会うべき人物。
asobi21
▲試遊後はポストカードを貰えた。

スマホアプリのさらなる可能性を感じさせる一作

今回試遊した『ゲートオブリベリオン』の魅力は、フィールドの広さと快適さ。

スマートフォンアプリでありながら表示されている情報や操作感が良いため、体験版でなければ数時間没頭プレイすること間違いなしだ。

とくに、ナビゲーションアローの存在が大きい。フィールドが広すぎるがゆえに起こる、「何をしていいのか分からない」という状況を回避できる。

敷居が高いとされるMMORPGだが、『ゲートオブリベリオン』であれば初心者でもはじめやすいはず。

スマートフォンでMMORPGを遊んでみたいという方は、ぜひ遊んでみてほしい。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧