1. サイトTOP>
  2. 【TGS2015】DMM.comブース 『艦これ』Android版がプライベートシアターで明らかに

【TGS2015】DMM.comブース 『艦これ』Android版がプライベートシアターで明らかに

2015-09-17 18:57 投稿

POWERCHORD STUDIOとDMMゲームズの二段構え!

2015年9月17日~20日の期間、幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015。ビジネスデイ初日となる本日(17日)の会場の模様をお届け。本記事では、DMM.comブースをフィーチャー!

まず、POWERCHORD STUDIOコーナー。ブース中央には『艦隊これくしょん -艦これ-』のプライベートシアターが設けられており、そこでは元祖『艦これ』はもちろん、PSvita版『艦これ改』、アニメ版などの映像が流れ、本シリーズの魅力がビシビシ伝わるものに。

それだけでなく、2016年公開予定の劇場版やアーケード版のムービーも流れたが、極めつけはAndroid版『艦これ』が今冬配信予定であるというビッグニュース!

Android版はPC版と互換されており、自宅ではPC版、外ではスマホで遊べるようになることが映像の内容から判明した。

IMG_2906
▲こちらがフィギュアなどが展示されているブース中央の『艦コレ』コーナー。この奥にプライベートシアターが設けられている。

そのほか、『レーシング娘。』、『V.D. -バニッシュメント・デイ-』、『勇者ヤマダくん』(開発:オニオンゲームス)といったPOWERCHORD STUDIOタイトルのアプリがプレイアブル出展されていた。

IMG_2900
IMG_2902
▲こちらが『レーシング娘。』のスマホ版。

[関連記事]
※『レーシング娘。』最大の魅力とは、”R娘。”にシャワーをぶっかけることと見つけたり!

IMG_2903
IMG_2904
▲『勇者ヤマダくん』は試遊端末と記念撮影用のパネルが置かれていた。

[関連記事]
※【BitSummit2015】木村祥朗氏最新作『勇者ヤマダくん』…その正体は骨太一筆書きRPGだった!

IMG_2905
▲ブラウザ版が配信中の『V.D. -バニッシュメント・デイ-』がついにアプリでも!
IMG_2907
▲試遊端末はなかったが、『きみとくりお』なるアプリも。本作は、キュートなキャラクターを育成しながらメンタルトレーニングもできるユニークなアプリのようだ。

DMMゲームズコーナーもタイトルズラリ

IMG_2908

POWERCHORD STUDIOコーナーの隣には、DMMゲームズコーナーが。DMMゲームズは、3DアクションRPG『OZ Chrono Chronicle』(2015年秋配信予定・iOS/Android)、次世代リアルタイムカードバトル『魔法図書館キュラレ』(2015年秋配信予定・iOS/Android/DMM APP)、本格RPG『神航の地平線(Horizon)』(2016年春配信予定・iOS/DMM APP/PC)、ほのぼのファンタジーRPG『プリンセスパンツァー ~三人の姫と空白の大地~』(2015年秋冬配信予定・iOS/Android)といった新作ゲームを公開。

IMG_2911
IMG_2912
IMG_2913
▲DMMゲームズ渾身のアプリ群を会場で確かめよう。
IMG_2910
IMG_2909
▲ちなみにこちらはブラウザゲームの『刀剣乱舞』コーナー。イケメンキャラが多数登場するので女性の姿が目立った。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧