1. サイトTOP>
  2. 【TGS2015】ゲームの情熱に突き動かされたTwitchとAmazonが考える新たな戦略

【TGS2015】ゲームの情熱に突き動かされたTwitchとAmazonが考える新たな戦略

2015-09-17 14:30 投稿

ユーザーをファンに進化させ、どれだけ増やせるか

2015年9月17日~20日の期間、幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2015。ビジネスデイ初日となる本日、”TGSフォーラム2015基調講演”が行われた。

本記事では、同講演の第2部”ゲームマーケティング新時代~動画配信プラットフォーム活用の新しい可能性~”の中から、”TwitchとAmazonが切り開くゲーム実況とアプリビジネス拡大の新しい戦略”の模様をお届けする。

TN4_3086

ステージに登壇したのは、Twitchのディレクターを務めるビクター氏とアマゾンジャパンのアプリ事業部ディレクターであるジョナサン・ナガオ氏。

「元々はプロゲーマーとして『ストリートファイター』などをプレイしていた」と挨拶したビクター氏。プロゲーマー時代、いろいろな場所でゲームを練習したり大会に参加するなどして「とにかく(ゲームプレイは)情熱がすごい」ということを学んだそうだ。

TN4_3114

その情熱はTwitch上でもカンファレンスや大会、実況など、さまざまな形でブロードキャスト配信されている。昔はメディアやトレーラーなどでゲームの情報を得ていたが、「いまはTwitchの動画配信プラットフォームからユーザーはゲームを買うかどうか決めている」とビクター氏。「我々はコアユーザーやデベロッパーと、このアジアでTwitchを共有できないかと考えております。ぜひいっしょにやりましょう」と、Twitchの魅力をアピールした。

TN4_3091
▲(写真左から)Amazonのナガオ氏、Twitchのビクター氏。

ビクター氏の言葉を受け、「ゲーム業界、ゲーム産業は、いまエキサイティングな時代を迎え、すばらしいことが起きています。そしてAmazon AppStoreにはすばらしいチャンスがある」と続いたのがナガオ氏。デベロッパーが動画配信プラットフォームを活用するためにやっていることを説明していった。

まず重要なのは「ファンを増やすこと」とナガオ氏。その理由として「ファンの人数だけで言えばそこまで多くはないニッチなもの」(ナガオ)と、自身の趣味である空手を例に挙げる。それと比べて、「バスケットボールなどは非常に多くのプログラムもあり、Tシャツやフェイスペイントなどのグッズなども併せてかなりの収益があり、ファンのベースもしっかりしている」(ナガオ)。このように、いかに多くの人を巻き込んでファンを増やし、拡大させるかが重要とした。

Twitchに関しては1ユーザー平均で1日106分試聴しているとのこと。ナガオ氏は「そこにデベロッパーにとってチャンスがある」と語る。では実際にどうアプローチすればいいのか?

ひとつ目のアプローチとして「プレイヤーがゲームにさまざまな形(大会など)で関われるものを作ること」とナガオ氏。ある調査結果によると、”プレイヤーとデベロッパーがやりとりできるゲーム”のほうがそうではないゲームよりも4倍、そのゲームを続けるユーザーが多いそうだ。

TN4_3127

とあるクイズゲームでは、クイズの問題をプレイヤーたちが作ったり編集できる機能を搭載。その機能により、「常に新しい問題が供給され、その内容もローカルな問題を入れることも可能。従ってユーザーにも親しまれるし、デベロッパーが新しい問題を作る作業をユーザーがサポートする」(ナガオ)という”やりとり”が生まれる。

また、ナガオ氏の息子は『マインクラフト』をプレイしているそうだが、以前、『マイクラ』のJavaキャンプに参加したという。すると「キャンプから帰ってきたら、武器や新しいマップを作成してそれらを共有しています」とナガオ氏。キャンプ前はプレイヤーだった息子がファンになったエピソードを語り、「プレイヤーがファンに進化するというのはそういうことです」(ナガオ)と加えた。

もうひとつのアプローチとして挙げられたのが、開発中のゲームでもストリーミング配信するというもの。Twitchには多くのフォロワーがいるので、ゲームをリリースする前からユーザーの意見もフィードバックしてゲーム開発の内容を変えていく。それがファンを構築することに繋がるとのことだ。また、例えばそのゲームのTシャツを作り、それを買ったユーザーはゲームが配信されたときに無料で提供するという仕組みも紹介。「Tシャツを着てくれることでそのプレイヤー自身がファンになるだけでなく、周囲の友だちたちにも広めてくれる」(ナガオ)という宣伝効果も見込める。

TN4_3155

最近は多くのデベロッパーもゲームのグッズを販売して収入源を広げている。これについてナガオ氏は「すばらしいこと」だと語り、ゲームTシャツを着た人が街を歩き、ゲームキャラのぬいぐるみを持った子どもが外で駆け回るといったことが、ある意味マーケティング、宣伝になるとの意見を述べた。また、Amazonなどのプラットフォームでグッズを販売するのも何百万という人たちにリーチできるともアピールした。

そのほかのアプローチとしては、影響力の高い人を作ること。何万、何百万の人たちに影響力を与える人(フォロワー数が多い人)がTwitch上にいることに「そのスケールに注目してほしい」とナガオ氏。彼らにゲーム配信を行ってもらうことも重要とのこと。加えて、「みんなゲームがうまくなりたいと思っている」というユーザーに影響力のある”ゲームを教えてあげる人間”も影響力を持っているとした。

TN4_3145

最後にナガオ氏は、「Amazonは自分たちのビジネスを展開していきたいと考えています。我々はもちろんゲームに力を入れており、Amazonのゲームスタジオからモバイルアプリを立ち上げています。また、PC、モバイル、家庭用と幅広いプラットフォームのゲームがAmazon上で展開されている。まさにゲーム業界の情熱にTwitch、そしてAmazonも突き動かされています」と来場者へメッセージを送った。

TN4_3167

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧