1. サイトTOP>
  2. これぞ“純粋無垢なアクションRPG”! 『クロノドラゴン』にメロメロです!

これぞ“純粋無垢なアクションRPG”! 『クロノドラゴン』にメロメロです!

2015-09-09 15:10 投稿

ステキなアクションRPGを遊びたい人へ

「小気味いい~~~~~!!!」

↑これが、そのアプリに初めて触ったときの、ワタクシの第一声であります。この軽やかさ、滑らかさ、そして遊びやすさを経験してしまったら、

「本気になってプレイせざるを得ないではないか!!!」

と、心から叫んでしまうに決まっているではないですか。

「これは……いい! とてもいい!!」

配信と同時に飛びつき、しばらく遊び込んだ末にそう思えたので、ひさしぶりにパズドラ以外のアプリの“推薦記事”を書かせていただきます。そのアプリとは……マーベラスから配信中のアクションRPG、『クロノドラゴン ~ななつの光と太初の樹~』だぁぁぁぁあああ!!!!

というわけでコンニチハ。大塚角満です。ここんとこ遊びたいゲームがたくさんありすぎて時間のやりくりに四苦八苦しているのですが、そんな状況下でも「『クロノドラゴン』は優先的に遊びたい!」と思っているくらいお気に入りです。ホントにオススメなので、未プレイの方の背中を押す記事を書いてくれようと思います。

『クロノドラゴン』のことを教えてくれたのは、我が盟友・中目黒目黒だった。確かふたりで飯を食っていたとき、ふいに目黒がスマホを取り出して、

「大塚さん、ちょっとこの動画を観てください」

そう言ってニヤリと笑ったのである。こういう顔をしたときのヤツの行動は、

・大塚角満のドストライクなアプリの動画を見せる
・大塚角満が大好物の心霊動画を見せる

↑このふたつしかなく、どうやらこのときは前者のようであった。

「なになに? なんかいいアプリでもあるの?」

期待度30パーセントくらいの心持ちで、目黒が突き出したスマホの画面を見つめる。するとそこには、ひと目で横画面のアクションRPGとわかるアプリのプレイ動画が映っていて、かわいらしいキャラクターが小気味いい動きを見せていた。しばらく、食い入るように動画を見つめてから、俺は小さく驚嘆の声を漏らした。

 cd-1

「これ……キャラが躍動してる! 超おもしろそう!! なんてアプリ!!?」

目黒は明らかに(しめた!!)という顔をし、込み上げる笑いを堪えているような声ではっきりとこういった。

「『クロノドラゴン』ってアプリです。マーベラスの新作ですよ!」

その瞬間から、俺はアプリの配信を心待ちにするようになったのである。

そして、この出会いから数週間が経った8月の終わり。思っていたよりも早く『クロノドラゴン』が配信された。当然、誰よりも早く(当社比)ダウンロードしてログイン。キャラクターを作ってプレイを始めた。そして20秒後には冒頭の、歓喜の悲鳴をあげたのである。

『クロノドラゴン』は掛け値なしに、純粋無垢なアクションRPGだった。

奇をてらわず、策も弄さず、作り手側が不器用なほどに“純なアクションRPG”を求めて行き着いた場所なんだろうなと、触るほどに思った。クエストを選んで冒険におもむき、ちょこまかと動き回りながら敵を倒す。複雑な操作はいっさいいらない。勝手に敵をターゲッティングしてくれるので、極端なことを言ってしまえば、攻撃ボタンを押しっぱなしにしているだけでじゃんじゃんと進んでいくことができるくらいだ(AUTOボタンを押せば、本当に見ているだけでゲームを進めることができる)。が、それが通用するのは序盤だけで、敵が強くなるほどに回避やスキルを使うタイミングが求められ、シビアで、ヒリヒリするようなアクションRPGならではの醍醐味を感じられるようになる。

俺が思う“良いアクションRPG”の尺度のひとつに、

「俺ってかっこいい!!!」

と思える瞬間があるかどうか……というものがあるのだが、『クロノドラゴン』はその刹那が、連続して訪れる。

ソロで強敵を倒したとき。

マルチプレイで仲間のピンチを救ったとき。

レイドやエクストラダンジョンで会心のプレイができたとき。

“良作”の太鼓判を押したい。

しかも『クロノドラゴン』のいいところは、アクション部分だけではない。育成要素が幾重にも実装されていて、育てゲーとしても存分に楽しめるのだ。

cd-3

冒険やガチャで手に入る武器や防具、ルーンといった装備は特殊効果がそれぞれ違っていて、何度も何度もクエストに出かけるモチベーションになる。これは紛れもなく『ディアブロ』に代表されるハック&スラッシュの楽しみかただ。“それ系”が好きな人にはたまらないだろう(俺もそうだけど)。キャラクタービルドで考えさせられるゲームは、本当にのめり込んでしまう。

cd-2

自分なりに育てたキャラでクエストに出向き、跳ね返されたらスキルや装備を見直して再度チャレンジする--。

前述の通り、ここも特別奇をてらっているわけではない、アクションRPGのセオリーのような遊びかただ。でもそれを、愚直なまでに実践しているからこそ、『クロノドラゴン』はここまでおもしろくなっているんだと思う。

「ひさしぶりに、いいアクションRPGを遊びたいなー」

そんなことを思ったことがある人には、強く強くオススメします。そしてマルチの世界で俺に出会ったら、ぜひ手伝ってくださいなw

 cd-4

 

クロノドラゴン ~ななつの光と太初の樹~

メーカー
マーベラス
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 7.1.2以上(推奨環境:iPhone 5以降)/Android 4.1以降(※一部非推奨・非対応端末あり)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧