1. サイトTOP>
  2. 世界配信で日本サッカーが世界に羽ばたく! 『ポケットフットボーラー』キック・オフ会

世界配信で日本サッカーが世界に羽ばたく! 『ポケットフットボーラー』キック・オフ会

2015-08-04 00:49 投稿

ゲストは元日本代表のふたりが登場!

面白法人カヤックが2015年夏に配信予定のスマートフォン向けサッカーゲーム『ポケットフットボーラー』。本作は監督としてプレイするのではなく、プレイヤーが作ったアバターが選手として活躍する。ほかのプレイヤーとクラブチームを結成し、世界中の強豪クラブに挑むという共闘スポーツRPGだ。

[関連記事]
※35億人の頂点を目指すカヤックの新作サッカーアプリ『ポケットフットボーラー』を遊びつくす

『ポケットフットボーラー』の事前登録者から抽選で選ばれた30名を招待したイベント『ポケットフットボーラー』キック・オフ会が、原宿のfootbol cafe MFで開催された。

1

当日MCを務めた加藤未央に呼ばれ、元日本代表の望月重良氏と武田修宏氏がゲストで登場! イベントは2部構成となっていて、第1部では元サッカー日本代表ゲストふたりによるトークショーが行われた。

2
3
▲過去にサッカー番組『スーパーサッカー』のアシスタントを務めていた加藤未央。

元日本代表ながら、バラエティ番組などテレビを舞台に活躍する武田氏と、現SC相模原の代表の望月氏という肩書きの異なるふたりだったが、来場者からの質問を各々違う角度から切るサッカートークは、来場者を大いに盛り上げていた。ふたりの会話のなかで一番印象的だったのが、望月氏の武田氏に対する「現役のとき……じつはそんなうまくなかったよね?(笑)ただ、ゴールへの嗅覚はすごかった」という発言を受けての武田氏の返答だ。

武田氏は「(当時の自分は)そんなにうまくはなかったね(笑) でも、サッカーでもバラエティでも、結果がすべて。俺、本番には強いから(笑)」と会場を笑わせた。

4
▲お客さんにも気さくに話しかける武田氏によって、客席もすぐに和やかなムードに。

実機で初公開! “神の子”登場も……顔が四角!?

続いてイベントは第2部に突入。ここでもうひとりのゲスト、ディエゴ加藤マラドーナが登場し、会場にその日いちばんの笑いが起きた。

5
6
▲武田氏と親交が深いそうで、さまざまなエピソードの暴露され戸惑いを隠せないディエゴ氏。

ゲストが出揃ったところで、初お目見えとなる『ポケットフットボーラー』の実機デモプレイのコーナーに。ゲーム解説には、面白法人カヤックから開発の貝畑政徳氏と橘俊明氏を招き、ゲームの概要や流れなどを解説していった。

7
8
9

▲顔を四角にした理由として、「どうがんばってもカッコよくならないように」と、開発時のこだわりを語っていた貝畑氏。橘氏からは、UIの使いかたを聞くことができた。プレイヤーどうしで結成したクラブチームでは、試合に挑むまでの間に作戦会議が行われ、フォーメーションやスタメンなどを決定する。試合はオートで進行していくので、作戦会議でのプレイヤーどうしのコミュニケーションが重要。作戦会議中、チーム内ではチャットができるようになっている。

ただ本作は世界配信されるため、海外のプレイヤーとのコミュニケーションを取る必要もあるが、定型文を使った同時翻訳機能があるので、ある程度の言語間のやりとりは可能になっているそうだ。

10
15
▲定型文によって、海外のユーザーとも戦術的な話し合いをすることができるのはうれしい。

ゲームの説明を終えたところで、ディエゴ加藤マラドーナと武田氏がチームに分かれて対戦することに。それぞれのチームの出場メンバーは、当日参加したゲストやユーザーの名前が当てられていた。

対戦前に、まずディエゴのアバターを作ろうという話に。肌の色や髪型、顔のパーツなど、顔の輪郭以外の部分は変更可能だそう(笑) パーツをこだわったおかげで少しマラドーナっぽく(?)なり、ご満悦のディエゴだった。

11
12
13
14
▲武田氏のキャラクターは用意されていたものだったが、ステータスと思われる部分では、武田氏の個性を反映していたようだ。

試合直前には、ブーストアイテムを購入することができ、試合を有利に運ぶことができるそうだ。開始時刻が過ぎたら、自動的に試合が開始される。

16
17
▲試合中は、プレイヤーはアバターを操作できない。ほかのプレイヤーとの作戦会議が勝利の秘訣のようだ。

開始からチーム武田の味方プレイヤーのミスが目立ち、チームマラドーナがペースを握っていく。攻守ともに、特定のシチュエーションで発動するスキルのエフェクトがカッコイイ! ……はずなのだが、顔が四角のせいですべてコミカルに(笑)。試合では、決定的な見せ場をあまり作れなかったものの、2点を取ったチームマラドーナが勝利した。

19
20
21
▲解説という立場ながら、普通に楽しんでいた武田氏。試合後は「(実際の)試合前にこれでフォーメーション確認したらおもしろいね(笑)」と、監督をするときの参考にしようと目論む場面も。

試合後はプレイヤーの活躍が10点満点で評価され、新聞の一面に載るという要素も。これを受けて武田氏は、「これ実際に選手も結構見るんですよ! いいですね、これ!」と、現役時代を振り返りながら語っていた。

22
23

イベントの最後は出演者によるフォトセッションが行われた。終始会場を盛り上げてくれた出演者には、退場するまで客席からおしみない拍手が送られていた。

24

※『ポケットフットボーラー』公式サイトはこちら

ポケットフットボーラー

ジャンル
共闘スポーツRPG
メーカー
面白法人カヤック
配信日
2015年夏
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone、Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧