1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 城とドラゴン>
  4. キャラ>
  5. 進撃タイプ>
  6. 【城ドラ部】“デビル”の特徴と対策

【城ドラ部】“デビル”の特徴と対策

2015-07-17 13:43 投稿

即死で大型キルの可能性

『城とドラゴン』には、さまざまなタイプのキャラが数多く登場。ここでは、それぞれのキャラの特徴や役割などを解説し、そのキャラの運用方法をレクチャーしていく。今回は“デビル”についてお届け。

※全キャラの相性まとめました(非公認)

前進して敵を倒す! 砦にも攻撃!

01デビル
 タイプ:進撃 
攻撃:231
防御:533
HP:667
召喚コスト:●●●
最大召喚数:5体
攻撃回数(分):40回
足の速さ(分):51マス
範囲:近距離[少数]
スキル:シニガミノカマ
周囲の敵をたまに即死させる
LvUPで即死する確率が増す
一部のキャラには無効

※ステータスは初期時のもの

デビルの強いところ

・高防御、高HP
・即死で大型キャラも倒せる
・“ジシン”無効の浮遊タイプ

防御、HPに特化したステータスのデビルは、壁役として非常に頼りになる存在。

また、スキル“シニガミノカマ”で敵を即死させられるため、大型キャラも突破できる可能性を秘めている。デビル自身が高耐久のためスキル発動のチャンスが多い点も優秀。

02
▲剣士を始めとする小型キャラの集団も安定して止めてくれる。

現環境でアンチがほぼ存在しないアマゾネスに対しても、即死で互角に近く戦えるのも強さのひとつに挙げられる。

デビルの弱いところ

・攻撃力が低い
・即死が効かないキャラに不利

攻撃力が低いデビルは、スキルの即死が決まらなければ突破力に乏しいため、即死の効かないアシュラ、スケルトン、魔導機兵相手には基本的に負けてしまう。

とくにスケルトンは、高い攻撃力でデビルのHPをゴリゴリ削ってくるため、非常に苦手な相手。

また、即死が有効な相手に対しても、そのスキルが決まらなければ殴り負けてしまうケースも多く、活躍できるかどうかはある程度運に左右されてしまうのはデビルを使ううえでは覚悟しておきたい。

03
▲デビルどうしの戦いは、どちらが先に即死を決めるかが勝負。

デビルの運用方法

・壁キャラとして前線に召喚
・大型キャラにぶつけて即死を狙う
・リーダーとしての運用を軸に考える

耐久が非常に高いデビルは、壁役として適任。敵を足止めしつつ即死を狙ったり、後方からアーチャーやカタパルトで火力補助をしたりして、じりじりラインを押し上げていこう。

ほかにも、大型キャラ相手にぶつけて即死を狙っていくのも決まればリターンの大きい戦略。とくにゴーレム相手には、スキル“ジシン”が効かないため、倒されるまでに“シニガミノカマ”が発動するチャンスが増える。結果、即死が決まる確率も高まるため、積極的に差し込んでいきたい相手。

ゴーレムの足止め要員としても適任。

04
▲大型キャラに即死が決まれば戦況はグッと有利になる。

デビルの対策

・アシュラで応戦
・スケルトンで応戦
・遠距離、飛行キャラで対処
・スルーする

前述の通り、即死の効かないキャラならデビルを比較的安心して迎え撃てる。

05
▲スケルトンならデビルを素早く処理できる。

また、デビルの攻撃が及ばない位置から攻撃可能な遠距離、飛行キャラで撃破を狙うのも有効。

これらのキャラが手持ちにいない場合は、スルーしてしまうのもひとつの手。城壁へのダメージは低いため、そのあいだに落城を狙えるならあり。

いずれも難しいなら、思い切って大型キャラや高火力キャラをぶつけたり、剣士を1体ずつ差し込んで足止めするなど、ケースによって対応策をチョイスしよう。

(攻略班:竹中プレジデント)

※全キャラの相性まとめました(非公認)

▼関連キャラ
※【城ドラ部】“ゴーレム”の特徴と対策
※【城ドラ部】“スケルトン”の特徴と対策

動画やってます

▲プリティーキャット登場。
shirobanner
▲『城ドラ』まとめ▲

城とドラゴン

ジャンル
リアルタイム対戦ストラテジー
メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
基本無料
対応機種
iOS 7.0以降 / iPhone5以降、Android4.2以降(一部非推奨端末あり)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧