1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 城とドラゴン>
  4. キャラ>
  5. 進撃タイプ>
  6. 【城ドラ部】“スケルトン”の特徴と対策

【城ドラ部】“スケルトン”の特徴と対策

2015-04-30 14:43 投稿

差し込み要因としての運用がメイン

『城とドラゴン』には、さまざまなタイプのキャラが数多く登場。ここでは、それぞれのキャラの特徴や役割などを解説し、そのキャラの運用方法をレクチャーしていく。今回は“スケルトン”についてお届け。

※全キャラの相性まとめました(非公認)

前進して敵を倒す! 砦にも攻撃!

01スケルトン
 タイプ:進撃 
攻撃:1157
防御:266
HP:333
召喚コスト:●●
最大召喚数:7体
攻撃回数(分):21回
足の速さ(分):51マス
範囲:近距離[単体]
スキル:ヨミガエリ
死亡しても1度だけ復活する
LvUPで復活時のHPが増す

※ステータスは初期時のもの

スケルトンの強いところ

・全キャラ中トップクラスの高攻撃力
・スキル“ヨミガエリ”で復活することがある

スケルトンの強みは、高い攻撃力からくり出される重い一撃。

その攻撃は、オークやデビルなどの高耐久キャラや、ゴーレムやキメラなどの大型キャラですら、ゴリっとHPを削る。

02
▲高耐久のキャラにも大ダメージ。

さらに、スキル“ヨミガエリ”により、1度倒されても復活することがある。

敵側としては、復活したスケルトンの対処に再び召喚コストの消費を強いられるため、コスト面で有利に立ちやすいのも優秀な点である。

スケルトンの弱いところ

・HP・防御がかなり低い
・アシュラに弱い

HP・防御ともに低く、非常に脆いのもスケルトンの大きな特徴。

剣士やリザードマンのようにふつうに進軍させようとすると、遠距離からの攻撃であっという間に倒されてしまうので召喚位置には注意が必要。

また、アシュラからの攻撃が弱点のため、直接ぶつかると一方的に倒されてしまう。

現環境ではトップメタで使用プレイヤーも多いアシュラに弱いのは、スケルトンにとってはかなり厳しい。

03
▲近づく前に倒されてしまう。

スケルトンの運用方法

・高耐久キャラへの差し込み
・砦耐久の削り役
・敵城壁を落とすフィニッシャー

スケルトンは、生かすも殺すも“差し込み”()しだいと言っても過言ではない。

※差し込み……敵キャラに対してゼロ距離でキャラを召喚してぶつけること

大型キャラにうまく差し込めれば、高耐久のゴーレムすら一瞬で葬れるので、バトルを一気に有利な展開に持っていける。

04
▲状態異常でサポートできればより安全に差し込める。

ほかにも、オークやデビルなどの高耐久キャラもスケルトンなら素早く撃破可能。最大召喚数も7体と多めのため、息切れしにくいのも強み。

差し込み以外には、砦占拠の起点や城壁へのアタッカー役としての運用が適任。スケルトン1体でもゴリゴリ耐久を削り、落城に持っていってくれる。

スケルトンの対策

・大型キャラの前に囮を召喚しておく
・アシュラをぶつける
・遠距離から倒す

スケルトンの対策というより、スケルトンの差し込みに対する対策になるが、大型キャラの前方に小型キャラを召喚しておき、差し込みにくい状況を作るのが有効な手。

また、ゼロ距離で差し込まれないように、敵の召喚可能なポイントに陣取らないように大型キャラを配置するのも良策と言える。

もし、差し込まれて大型キャラを倒されてしまっても、その後アシュラがいる状況であればまとめて倒せるので不利にはなりにくい。

それ以外でも、アーチャー、魔法使い、スライム、ワイバーン、グリフォン、カタパルトなどの遠距離から攻撃可能なキャラをスケルトンの進軍ラインに召喚することで、比較的安全に処理できる。

05
▲近づけないと弱い。

(攻略班:竹中プレジデント)

※全キャラの相性まとめました(非公認)

▼ほかにも
※【城ドラ部】“剣士”の特徴と対策
※【城ドラ部】“カタパルト”の特徴と対策
※【城ドラ部】“騎馬兵”の特徴と対策

動画やってます

▲脅威のカイオンパ。
shirobanner
▲『城ドラ』まとめ▲

城とドラゴン

ジャンル
リアルタイム対戦ストラテジー
メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
基本無料
対応機種
iOS 7.0以降 / iPhone5以降、Android4.2以降(一部非推奨端末あり)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧