1. サイトTOP>
  2. PCゲームの老舗”HUE”がスマホ向け完全新作『はがねオーケストラ』を発表 ただし謎多し

PCゲームの老舗”HUE”がスマホ向け完全新作『はがねオーケストラ』を発表 ただし謎多し

2015-06-27 00:00 投稿

世界観ありきのスマホらしいゲームを目指して制作中

01

『グラナド・エスパダ』などのPC向けオンラインゲームで知られるハンビットユビキタスエンターテインメント(HUE)が完全新作となるスマホゲーム『はがねオーケストラ』を電撃発表。

物悲しさを感じる一枚のイメージイラストととともに、スクリーンショットが公開された。

発表内容を確認すると、“準リアルタイム+戦術を用いたアクションRPG“とあり、2015年内に配信を予定している。  ハンビットユビキタスエンターテインメントの内製タイトルとなるとのこと。

なお、今回公開されたスクリーンショットからは、ゲームの一部内容がうかがえるが……ロボットを題材にしたシミュレーションか? とにかくイメージイラストやゲーム画像を見る限り、世界観にはこだわっている様子。みんなもこれらの画像から色々と想像を膨らませてみてはいかが?

【2015年8月15日、続報への下記リンク追記】

ハンビットの気になる新作『はがねオーケストラ』の続報到着! ただし謎は深まる

01

以下、リリースより抜粋

■スマホらしい操作感のあるゲーム

スマートフォンを従来のゲームハードの延長ではなく、第三のゲームハードであると捉えて、スマートフォン用の“ゲームらしいゲームデザイン”を目指して、触感性の良さを重視しつつ、自社開発を進めております。

■すべてが世界観ありきの制作体制

海外向けPCオンラインゲームを取り扱うパブリッシャーとして長年運営を行っておりましたが、本作は弊社での初の試みとなる、日本国内でアプリ開発を進めているタイトルとなります。

【制作陣】
・脚本兼総監督(プロデューサー):片野健
・助監督(ディレクター):加瀬圭翼
・エグゼクティブ・プロデューサー:中尾圭吾

本製品の開発には、日本のゲームユーザーの目線を取り入れられるよう、『グラナド・エスパダ』、『アークサイン』にて長くゲームデザイン、ゲーム事情に深く携わってきたメンバーが監修を行っています。

【クリエイター陣】

◆メインイラストレーター:今野隼史

膨大な量の世界設定や登場人物設定をゲーム内に表現しきるために、イラストレーターの今野隼史氏と専属契約。監督と二人三脚で2年以上の歳月をかけて、キャラクターから背景、小物など合計400点以上のイラストを描き下ろしており、『はがねオーケストラ』の世界を作り上げています。

今野隼史のコメント

砂煙と機械と冒険とかわいい女の子としぶとい男共と温泉とその他色々な楽しさが詰まった世界を、全部描ききるつもりで毎日筆を走らせています。
(きっと描ききれないところは、このゲームを遊ぶ人がばっちり想像してくれるはず)

乞うご期待です。

03

◆サウンドクリエイター陣営

『暴れん坊天狗』や『カードヒーロー』など、コンシューマーゲーム業界で長らく作曲活動をしてきた“大久保高嶺”を音響監督として制作チームに加え、さら誰もが聴けば分かる特徴的な作風で知られる某対戦型ロボットゲームの楽曲を担当されていたクリエイター“けんちゃろん”も本作に参加していただき、本製品の持つ独特のゲーム内世界観、空気感をよりプレイヤーの皆様に想像していただけるよう、BGMから効果音に至るまで、事細かに打ち合わせ、妥協なく調整を加えながらサウンド制作をしております。

◆声優陣

本製品の、ゲーム世界観を元に、数十人規模のオーディションを行い、声優を選定いたしました。
「アークサイン」にて高く評価をいただいた「声優さんありきの選定ではなく、キャラクターの設定やイメージに合わせてしっかりと選定する」いうポリシーを本作でも適用。
声質から演技に至るまで細部にこだわり、配役いたしました。

【2015年8月15日、続報への下記リンク追記】

ハンビットの気になる新作『はがねオーケストラ』の続報到着! ただし謎は深まる

はがねオーケストラ

メーカー
ハンビットユビキタスエンターテインメント
配信日
2015年内配信予定

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧