1. サイトTOP>
  2. 【事前登録】超ゲーマー向け『ベイングローリー』Android版配信決定!新ヒーローバーサーカーも追加に

【事前登録】超ゲーマー向け『ベイングローリー』Android版配信決定!新ヒーローバーサーカーも追加に

2015-06-26 15:21 投稿

Android版も配信決定

FeatureGraphicLaunch

世界で高い評価を得ているSuper Evil MegacorpのMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)『Vainglory(ベイングローリー)』。本作の正式配信が2015年7月3日に決定。合わせてAndroid版もリリースされる。

MOBAとは、RTS(リアルタイムストラテジー)をベースにしつつ、RPG、アクションの要素も併せ持った新たなゲームジャンル。PvPがゲームのメインモードとなっており、対人戦ならではの白熱したバトルを楽しめる。『Vainglory(ベイングローリー)』では、3人1組で2つのチームに分かれ、味方プレイヤーと協力しながら、敵チームの本拠地を破壊して勝敗を競うことになる。

ゲーム内容をもっと知りたいという人は紹介記事をチェック!
動画でみたい人はこちら。

現在配信されている『Vainglory(ベイングローリー)』は初期バージョンという扱い。7月3日のアップデートにより正式版となる。

このアップデートでもっとも大きな点が、150種類以上のAndroid端末でプレイが可能になること。iOS、Androidの異なるOS間での対戦が楽しめるようになる。

【Android版の事前登録はこちら】

さらに、iPhone、Androidともにカジュアル試合/ランク試合、ヒーロー(ゲーム内キャラクター)の外見と視覚効果を変える3階層のスキンシステム、新規プレイヤー向けの充実したチュートリアルなどの機能追加も行われる。

そして、既存ユーザーがもっとも気にしているであろう、新ヒーローも登場! 16体目のヒーローであるバーサーカーのロナが新たに加わる。

・カジュアル試合/ランク試合
カジュアル試合は、その名の通り、手軽にゲームを楽しめるモード。ランク試合はいくつかの必須条件をクリアしたプレイヤーのみが参加可能で、ハイレベルなバトルが展開される。

・スキンシステム
全てのヒーローに、外見と視覚効果を変える3レベルのスキンを実装予定。スキンの第一レベルは『Vainglory』の課金通貨であるICEを利用してアンロックし、以降は試合にランダムで付与されるカードを揃えることが必要がある。

Skaarf

・チュートリアル関係
動画、新しくなったアカデミー、練習用AIボットを実装。プレイヤーは30本の動画を含むアカデミーでゲームの基本を学ぶことができる。また、練習用AIボットを相手にチームメイトと組んでプレイすることで、戦略やチームワークを磨くことが可能に。

・バーサーカー
乱戦で引けを取らず、出くわした敵全てに絶大なダメージを与える強力なヒーロー。

Rona

今回のアップデートに合わせて、公式Twitchチャンネル( twitch.tv/vainglory )にてコミュニティを巻き込んだ24時間特別配信が行われる予定。サンフランシスコのTwitch本社から始まり、その後世界各国のVainglory配信者たちが交代でチャンネルをジャック、日本からの配信は7月2日午後8時~午後10時に実施される。

また、Super Evil MegacorpのCEO兼共同創立者、Bo Daly(ボー・デイリー)氏もコメントを発表している。

「私たちはモバイル端末の限界についての先入観を破壊し、モバイル世代にコアゲーム体験を贈りたいと考えています。『Vainglory』は何年も先まで楽しめるゲームとして、素晴らしいプレイヤーやインフルエンサーのコミュニティとともに作り上げられてきました。『Vainglory』がPC用ゲームであれば、7月3日はベータ終了の日と言えるでしょう。『Vainglory』は単なるモバイルゲームではありませんし、Super Evil Megacorpはいわゆるモバイルゲーム会社ではありません。私たちはコアゲーマーのためのコアゲームを作る会社で、モバイル機器こそが未来のコアゲーム機器だと信じているのです」

Vainglory

ジャンル
MOBA
メーカー
Super Evil Megacorp
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 6.1 以降。 iPad 対応。

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧