1. サイトTOP>
  2. 【東京インディーフェス】クリエイター魂の結晶が光る! トイディアブースは『ドラゴンファング』で勝負

【東京インディーフェス】クリエイター魂の結晶が光る! トイディアブースは『ドラゴンファング』で勝負

2015-05-09 01:22 投稿

熱き男・松田崇志氏率いるトイディアの代表作『ドラゴンファング』

ローグライクRPGといわれるジャンルで、インディーから120万ダウンロードを記録した『ドラゴンファング』。同アプリを開発、運営しているトイディアのブースは、『ドラゴンファング』一色!

『ドラゴンファング』って?と思ったら⇒※iPhoneユーザー待望の本格ローグライクRPG『ドラゴンファング』配信

トイディア代表の松田氏がアツい!⇒※【開発者インタビュー】『ドラゴンファング』”ローグライクRPG”を作りあげる覚悟

探索型RPGというジャンルの中で尖ったゲーム性を持つ『ドラゴンファング』は、インディーだからこそできる自由度と、開発スタッフ全員がゲーム全体を把握できるという利点をゲームに活かすことで、インディーでも結果がついてくるということを証明した作品と言える。

この東京インディーフェス2015のトイディアブースで体験プレイできた実機も、そんな『ドラゴンファング』が用意されていた。

IMG_0047

ローグライクながら複数の敵を迎え撃ち、ハイリスクハイリターンな戦いかたが楽しめる本作。ある意味ゲームの仕様とも言えるその絶妙なバランス調整は、トイディア開発陣のゲームにかける情熱のたまもの。

ブース内のスタッフに聞いたところ、こうした調整もわずか10人程度ながら、チーム全員が一丸となってひとつの作品を作っていく姿勢がそれを可能にしているそう。「クリエイターの質がそのままゲームのクオリティ」を信念のように持っているトイディア。『ドラゴンファング』は少人数の利点を活かしてきたが、気になる次回作は? 開発聞いてみたところ「開発までは現在手が回らない」とのことだった。

IMG_0046

次回作にはまだ手が回らない。そう聞きながらも、ブースを取材する中でアツいスタッフたちが手掛けるトイディアのつぎなる作品が楽しみでしかたない。

ドラゴンファング〜竜者ドランと時の迷宮〜

ジャンル
ローグライクRPG
メーカー
トイディア
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 この App は iPhone 5 に最適化されています。Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧