1. サイトTOP>
  2. 【闘会議2015】スマホタイトルだけじゃない! 会場をブラリ徘徊してみた

【闘会議2015】スマホタイトルだけじゃない! 会場をブラリ徘徊してみた

2015-01-31 20:18 投稿

あれやこれやそれや……とにかくお楽しみ満載

2015年1月31日午前10時から幕張メッセで開催となった”闘会議2015″。ファミ通Appでは主にスマホタイトルに総力を挙げる……と闘会議2015開幕の記事では語っていたが、もちろんそれ以外のブースもチェックしてきましたよ、はい。

ということでスマホタイトルが大きく絡んではいない各ブースの反響などを、現場の写真と合わせて紹介していこう。

リアルゲームエリア

このエリアでは、ゲームで体験できる内容をよりリアルに近づけて楽しめるコーナー。たとえば、11人vs11人という実際のサッカーと同じ人数に分かれて行われるPS4版『FIFA 15』プレイエリアや、音声を認識させてゲームをプレイするコーナー。さらに会場全体にちりばめられたクトゥルフ神話の謎を解き明かしていく、会場徘徊型のリアル謎解きイベントなどなどが実施されていた。

特に人気の高かったリアルサッカーおよび謎解きコーナーの様子を収めてきたので、以下で紹介しよう。

■『FIFA 15』リアルプレイエリア

001
▲こちらが11人vs11人で行われる『FIFA 15』の会場。FW、MF、DF、GKの4つのポジションにそれぞれ置かれたモニターとPS4。各配置にプレイヤーがひとりずつつき、それぞれのポジションの選手を操作するというもの。スケールがでかい!
002
▲巨大スクリーンの下には実況および解説の人も! リアルを追及している。
004
003
▲GOALが決まる瞬間。この瞬間の点を取ったチームおよび点を与えてしまったチーム、そして生放送を見ている人たちの各メンバーの一喜一憂がこれまたリアルだった。

■クトゥルフ神話を題材にした謎解きエリア

005
▲第1チェックポイントの様子。謎を解くルートはどうやら4種類用意さrており、最終的に同じ答えにたどり着くということだ。どのルートでクリアするか? といった複数回楽しめる謎解きに挑戦するプレイヤーはご覧のとおりだった。

レトロゲームエリア

昔懐かしいあんなタイトル、こんなタイトルを体験できるのがこちらのコーナー。ゲームの歴史を追いかけられる部分や、歴代作品で行われるタイムアタックや懐かしの裏ワザ、とにかくやられてナンボのゲームなどが体験できるスペースなどが用意されている。

とくにやられゲーのチョイスが『スぺランカー』、『トランスフォーマー コンボイの謎』という、往年のプレイヤーなら「鬼畜!」と思うこと間違いなしのタイトルになっている。

006
▲レトロゲームエリアには、ゲームの歴史が年表となっておかれており、その年代に対応したタイトルが体験できるようになっている。、
007
▲タイムアタックのコーナーでは、プレイステーション用パズルゲームの『XI[sai]』と、スーパーファミコン用レースゲーム『マリオカート』がプレイできた。どちらも懐かしい
008
▲裏ワザコーナーでは、タイトルごとに裏ワザの手段が記載されている。普通のプレイ時には体験できない感覚に出くわそう。
009
010
▲レトロゲームコーナー一番人気がやられゲーコーナー。多くのプレイヤーが席に着き、プレイ開始と同時に席を立つ……あまりの理不尽なやられ方になんでやられたのかわからないプレイヤーも数多く見受けられた。

まるなげ広場

次に紹介するのは一般ユーザーにまるなげにしたコーナー。各自が自作したテレビゲームを持ち寄ったり、体を動かして体感したり、オリジナル商品の物販があったりと、とにかく何でもござれな広場となっていた。

011
▲広場の入り口。この先はいろんな出展者たちによるそれぞれの世界が構築されていた。
012
013
014
▲自作ゲーム、物販、大き目のスゴロクなど、各自がもちよりたいものが揃えう小さなお祭りのようなブーストなっていた。

アナログゲームエリア

ゲーム機やテレビ画面が一切置かれてないコーナー。麻雀、花札、ボードゲーム、トランプゲームなどなど、昔ながらの楽しみとなっていたゲームを各テーブルごとに行えるようになっていた。各ゲームともに切羽つまった駆け引きが始まるとテーブルを囲う観客も鎮まる。この一体感がアナログらしさをあらわにしていたと思われる。

015
019

コスプレエリア

いろいろなキャラクターになりきるために、多くのレイヤーが衣装を用意して集まるエリアがここ。ゲームに絡むキャラクターはもちろんのこと、テレビアニメや漫画のキャラクターなどなど、コスプレイヤーの皆さんがなりたいキャラクターになりきっていた。

ちなみに、闘会議2015でのコスプレエリアでは、普段は触れないコスプレに必須な数々の小道具(キャラクターの武器や装備など)に触れるというコーナーが設けられており、コスプレをしない人たち手に取り、興味津々だった様子だ。

016
▲設けられたブースにこれでもかとコスプレイヤーならびにコスプレに興味をもつ人、レイヤーさんを撮影しに来たカメラマンが集まった。
017
018
▲こちらが展示されていた小道具の一部。これらを手にポーズをとる人も少なくなかった。

なお、コスプレエリアのレイヤーの皆様をまとめた記事は2日目に掲載予定なので、2月1日もファミ通Appの闘会議2015記事をチェックしてほしい。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧