1. サイトTOP>
  2. 【話題】初観劇

【話題】初観劇

2015-01-08 21:46 投稿

【担当者のヒトコト】

新年早々、昨年末の話になるが、人生で初めて宝塚歌劇を感激してきた。観たのは、月組公演のミュージカル『PUCK(パック)』。

正直なところ、宝塚というと「女性向けのもの」で、しかも「若干年齢層が高いもの」という先入観バリバリだった。それに加えて、タモリばりにミュージカルが苦手。なんで演劇のセリフを歌わなきゃいかんのだ、と。

で、観た結果。よかったです。

座席が前から2番目という、宝塚初心者にはもったいない場所だったこともあるのだが、踊り、歌、構成のすべてに圧倒されてしまった。

出演者は全員女性なのに、男役の人たちの男らしく、グイグイ演目の世界に引き込まれてしまったのだ。途中で、「この人たち全員女性なんだかんな」と心に言い聞かせながら観劇しないと、なんだかふつうの男女が演じるミュージカルのよう。

ミュージカルのあとには、歌と踊りで構成されたショーファンタジー『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』も観ることができ、すっかり宝塚の魅力に興奮気味の時間を過ごすことができた。

「また行くか?」と問われたら、「ぜひ!」と答えたくなるほど(チケットが若干高いからそんなに行けないなーと思いつつw)。まだ観劇したことがない方は、1度はおススメします。

まったくの蛇足ですが、会社が歌舞伎座タワーに引っ越したので、歌舞伎もぜひとも観てみたい。
(女尻笠井 @maru36k

【今日の話題の記事トップ3】
※ 今日公開の記事のツイート数上位を記事作成時点で集計

1i1位.【情報追加】『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』が電撃発表!
2015年1月8日、ガンホー・オンライン・エンターテイメント新作発表会にて、ニンテンドー3DSソフト『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』が電撃発表!
2i2位.【ドラポ部】「ラミアぐう強w」ただし石化中の相手に限る
攻撃スキル扱いになる状態異常スキルに起用する子分について、ラミアのスキルで検証しました。
3i3位.『パズドラ』担当が『パズドラ スーパーマリオブラザーズ エディション』を体験してみた
ニンテンドー3DSの新作『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』をスマホ版『パズドラ』の記事担当者がプレイ!

ゲームファンであれば、ワクワクが止まらないタイトルが発表! 『パズドラ』と『スーパーマリオ』という、ゲーム業界の二大ブランドによる夢の競演は、当たり前だが多くの人たちの衝撃を与えたようだ。

2位は、われらがドラポ部部長(@drapobu_captain)の『ドラゴンポーカー』検証記事。攻撃や防御のアップ・ダウンをともなうメインスキルと、子分によるスキル威力アップの仕様について迫った良記事。

1位に輝いた新作『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』を、ファミ通App編集部の『パズドラ』担当であるジャスト野島(@JUST_NOJIMA)による初見プレイリポート。スマホ版『パズドラ』目線の必読記事です。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧