1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 『パズドラ』担当が『パズドラ スーパーマリオブラザーズ エディション』を体験してみた

『パズドラ』担当が『パズドラ スーパーマリオブラザーズ エディション』を体験してみた

2015-01-08 19:23 投稿

イッツ ア マリオタイム!

本日(2015年1月8日)、ニンテンドー3DSの新作『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』が発表された! 発表会後に試遊台をプレイすることができたので、ファミ通Appの『パズドラ』担当、ジャスト野島によるプレイリポートをお届け。

※『パズル&ドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション』が電撃発表!

※【ファミ通.com】『パズドラ スーパーマリオブラザーズ エディション』に宮本茂氏も太鼓判! 発表会リポート

001_t

マリオのキャラクターが動きまくり

今回試遊できたのは、特別に用意されたイージー、ノーマル、ハードの3つの難易度。とりあえずどのくらい難しいのか試すべく、“ハード”をチョイス。ここでステージ内容(出現する敵)やプレイヤー側のキャラクターの確認ができた。今回のリーダースキルは“HPが満タン時に攻撃力が3倍”という、本家『パズドラ』でいうこところのゼウスのような感じ。

つぎにアシスト(助っ人のようなもの)を選択。が、ひとりあたりのプレイ時間が限られていてリーダースキルやスキルをじっくり吟味している余裕はなさそうだったので、よく確認せずに選んでしまった。これが後にとんでもないことに……。

004

ともあれ、ステージへゴー!

発表会でも紹介されていた通り、ドロップには『マリオ』でおなじみのパワーアップアイテムが描かれていて新鮮! ただ、いつも『パズドラ』を遊んでいるから、見た目に慣れるまでちょっと時間が掛かった(笑)。

操作感覚はタッチペンを使っていたこともあり、『パズドラZ』と同じような感覚。難易度によって登場する敵が違ったけど、“ハード”ではワンワンやカロンなどが出てきてアニメーションしまくり。敵の動きを眺めているだけでも楽しい!

プレイしている間に気付いたのだが、自分はどうやら“5属性を消すと攻撃力が4倍”になるリーダースキルを持つ助っ人を選んでいたらしい。ドロップ操作がうまくいけば大ダメージが与えられるのだが、うまくいかなかったときに敵に攻撃されて、ダメージを食らったりスキル攻撃を受けたりと恐ろしい目に……。

ちなみに敵のスキル攻撃には、こちらのキャラクターを行動不能にするものや、ドロップのを変化させるようなものも。一方、プレイヤー側のスキルもドロップ変化系や固定ダメージ系があり、このあたりは本家『パズドラ』とほぼ同じ。『マリオ』ならではの新しいスキルも飛び出すのか!? また、『パズドラZ』の“Zドロップ”のように、消すと敵に大ダメージが与えられる“スーパードロップ”と呼ばれるものがあったり、ステージを進んでいくうちに味方がレベルアップしたりといった要素も見られた。キャラクターの育成については、続報に注目したいところだ。

006

さて、プレイのほうはというと、5属性消しができたりできなかったりをくり返しながら、「あと1ステージでボス!」というところまで到達。ここでボムへい3体が出現(歩く爆弾みたいなやつね)。すでにHPが減っていたのだが、HPを回復するハートドロップがなかなか落ちてこず、休む間もなくボムへいが攻撃してくるので立て直せない! で、そうこうしているうちにスキル攻撃で大ダメージを食らってゲームオーバー。4つも溜まっていたスキルを使えばよかった……。

ボスはアイツだった

悔しくてどうしても諦めきれなかったので、列に並び直してもう一度“ハード”に挑戦! 今回は助っ人のリーダースキルをちょっとだけ確認したところ、“4属性消しで攻撃力3倍”という手ごろなアシストキャラがいたのでこちらを選択。

すると、スムーズにステージを進み、一度もダメージを食らうことなくボムへい戦へ! 今回はHPも満タン、リーダースキルもしっかり使える状態で望んだため、苦戦せずに倒すことができた!(3ターン掛かったけど)

いよいよボスのラリー(モヒカンのコクッパね) が登場! クッパファミリーでおなじみのコイツもコンボをしっかり決めて撃破!! 正直、ボムへいのほうが数が多いしダメージも大きくて辛かったわ……。

このあと、発表会でデモプレイが行われていた“イージー”もプレイして、気付けば試遊台に残っている人は自分だけ。最後のひとりになるまでプレイしてしまった……。ガンホーさん最後まで居座ってごめんなさい(笑)。

image2

音から広がる『マリオ』の世界

というわけで長々と遊んでしまったわけだが、今回の試遊だけでも、ゲームの世界は完全に『マリオ』。プレイしている感覚は『パズドラ』という、両タイトルの魅力をバランスよく表現していることが実感できた。

そのうえでもうひとつ伝えたいのが、“音”から感じる“マリオ感”も凄まじかったということ。ドロップを動かしたときのポコポコポコッという、敵を踏みつけたときの音が気持よく、ドロップが消えるときにはコインを取ったときの音に。さらに8コンボ以上になると心地いいワンアップ音に変化するなど、とにかくすべてから『マリオ』の世界がテンポよく耳に流れ込んで来る。
すでに公開されているプロモーションムービーでは、マップのような画面を進んでいるシーンや敵を仲間にしている様子も見られたりと、興味は深まるばかり。

2大タイトルが融合した本作の発売日は2015年4月29日。ゴールデンウィークがいまから待ち遠しいーーー!!!!!
(TEXT:ジャスト野島)

※【ファミ通.com】『パズドラ スーパーマリオ エディション』は理屈抜きのおもしろさ!【プレイインプレッション】

005

※公式サイトはこちら

002
003
007
008
009

タイトル:『PUZZLE&DRAGONS SUPER MARIO BROS. EDITION』(パズルアンドドラゴンズ スーパーマリオブラザーズ エディション)
対応機種:Newニンテンドー3DS/Newニンテンドー3DS LL/ニンテンドー3DS/ニンテンドー3DS LL
ジャンル:パズルRPG
プレイ人数:1人(ローカル通信、すれちがい通信)
発売:2015年4月29日
価格:パッケージ版4000円[税別]、ダウンロード版4000円[税別]
CERO:A(全年齢対象)
【パッケージ版 早期購入特典】
たまドラテーマ(ニンテンドー3DS シリーズ用) ダウンロード番号
『パズドラZ テイマーバトル V2』スペシャル限定チケット
『パズル&ドラゴンズ トレーディングカードゲーム』オリジナルプロモカード
【ダウンロード版 早期購入特典】
たまドラテーマ(ニンテンドー3DS シリーズ用) ダウンロード番号

※画面は開発中のものです。

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧