1. サイトTOP>
  2. 『クロックタワー』河野氏の新作PVを『呪怨』監督がガチ制作!約30秒で鳥肌3回立ちました……

『クロックタワー』河野氏の新作PVを『呪怨』監督がガチ制作!約30秒で鳥肌3回立ちました……

2015-01-07 13:09 投稿

あのプロジェクトがヌラリと動き出す

2014年9月、幕張で行われたインディーゲームメーカーが一堂に集うイベント“INDIE STREAM FES 2014”のスポンサーセッションにて、『クロックタワー』を手掛けたクリエイター河野一二三氏による新作ホラーゲームプロジェクト“Project Scissors”が電撃発表された。

logo

河野氏のほか、『サイレントヒル』シリーズのレッドピラミッドシング(超異様な人型クリーチャー)をデザインした伊藤暢達氏、映画『呪怨』などを手がけた清水崇氏らホラークリエイターが大集結。2014年はスマホ業界で良作ホラーゲームが立て続けに配信されたこともあり、その動向が注目されたが、残念ながら年内に続報が届くことはなかった。

しかし2015年1月、“Project Scissors”の新たな動きをキャッチした!

“NightCry First Teaser”と題したこの動画の配信主は“Project Scissors”。いよいよプロジェクト本格始動ってこと!? ちなみに本動画は約30秒程度の短いものだが、筆者は見終わるまでに3回ほどゾワッと鳥肌が立った。少年、女性、井戸、不気味なクリーチャーなど映像が継ぎ接ぎされており、正直ストーリーを予想することは難しい。わけわからん。しかし怖い。怖すぎる。

 cap02
 cap03
 cap04
cap05

広報サプライズ

あまりにも衝撃的なショートムービーに“Project Scissors”への期待が再燃。河野氏率いるヌードメーカーの広報さんにゲームの配信時期を聞いてみたところ……

「あ、でしたら河野に代わりますね」

!!!!???!!?

広報さんの思いがけないサプライズで、河野氏と直接話すことになってしまった。いきなり電凸してきた筆者に対して、書けないようなことをたくさん教えてくれたので、「すみません、書けるような感じで!」とお願いしていただいたコメントがこちら。

「PVめちゃくちゃいいですよね。インディーゲームなのに世界的にも有名な清水監督に本気を出していただけたことがすごくうれしいです。ゲームはいまのところ2015年中の配信を目指しています。PVも公開できたので、近々でなにか続報を出せたらいいなと思っております。結構いろいろ考えていますので、お楽しみに!」(河野)

ちなみに「“シザーマン”※は出ますか」との質問には「『クロックタワー』のシザーマンとイコールな存在は出ません」とのことだった。
※『クロックタワー』シリーズの人気キャラクター。殺人鬼だけどね。

今年大注目の1本の動向には今後も注目していきたい。

Project Scissors

ジャンル
ホラーアクションアドベンチャー
メーカー
ヌードメーカー
対応機種
プレイステーション Vita、スマートフォン、タブレット

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧