1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 東京ゲームショウ>
  4. 【TGS2014】『にゃんこ大戦争』“ものまね実況プレイ動画大決戦!”リポート

【TGS2014】『にゃんこ大戦争』“ものまね実況プレイ動画大決戦!”リポート

2014-09-21 16:46 投稿

期間限定シリアルコードも

東京ゲームショウのCyber Zのステージにて、『にゃんこ大戦争』のイベント“ものまね実況プレイ動画大決戦!”が実施された。

最初にステージに登場したのは、ニコニコ生放送の実況ではおなじみ、“七色の声を持つ生主”と言われるじゅん☆じゅん氏。“ちびまるこちゃん”の登場人物のものまねでさっそく会場を沸かせた。

じゅん☆じゅん氏に続いて、壇上にはポノスの取締役兼パートナーシップ部長の永谷朋明氏、開発部マネージャーの竹松力氏が登場。

永谷氏(写真中央)が『にゃんこ大戦争』が1200万ダウンロードを突破した喜びをれば、竹松氏(写真右)は「開発者のひとりが“猫とタワーディフェンスを混ぜたら絶対におもしろくなる!”と言い出したことが制作のきっかけでした」と開発当時を振り返った。

永谷、竹松両氏のデモプレイのあと、いよいよじゅん☆じゅん氏がステージをプレイ。ステージはゲームショウにちなんで千葉県を選択した。

プレイ開始と同時に、ジャイアン(『ドラえもん』)、マリオ(『スーパーマリオ』)、ふなっしー、しずかちゃん(『ドラえもん』)、丸尾君(『ちびまる子ちゃん』)と連続してものまねを披露するじゅん☆じゅん氏。「しゃべりながらのプレイはキツイ!(笑)」と言いながらも、ものまねのクオリティーの高さに会場は拍手喝采。

一方ゲームのほうは、使用されたデータが圧倒的な強さだったため、まったく苦戦することなく敵の拠点を制圧して勝利した。

プレイ後は、Cyber Zが開発中のスマホゲームのプレイ動画共有サービス“OPENREC(オープンレック)”を紹介。じゅん☆じゅん氏は「実況動画の撮影は機材の準備がたいへんなので、OPENRECの登場はうれしい」と語った。

シリアルコードは【ラスボス】

『にゃんこ大戦争』はゲームショウ初日のビジネスデーにはニンテンドー3DSに移植されることも発表されており、今後も展開からも目が離せない。そしてイベントの最後には期間限定のシリアルコードも発表された。

▲シリアルコードは【ラスボス】。大御所歌手を起用した『にゃんこ大戦争』のCM放映当時に登場したイベントキャラクターが手に入るぞ。

【TGS2014】『にゃんこ大戦争』が3DSに増殖!驚きの新作情報も

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧