1. サイトTOP>
  2. 【セール情報】ダンガンロンパを含むスパイクチュンソフトのアプリが最大78%OFF!

【セール情報】ダンガンロンパを含むスパイクチュンソフトのアプリが最大78%OFF!

2014-07-19 12:00 投稿

“夏祭りだ!”Summerワンコインセール開催決定

スパイク・チュンソフトは、2014年7月18日(金)から9月7日(日)までの期間限定で、アドベンチャーゲームアプリである『ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生』、『428~封鎖された渋谷で~』、『かまいたちの夜Smart Sound Novel』、『9時間9人9の扉Smart Sound Novel』、『忌火起草』の5タイトルが500円で購入できるワンコインセールを開催決定!

  

『ダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生』

あらゆる分野の超一流の高校生を集め育て上げるために設立された“私立希望ヶ峰学園”。
「この学園を卒業出来れば人生において成功したも同然」とまで言われている学園に、主人公・苗木誠もまた、入学を許可されていた。平均的な学生のなかから、抽選によりただ1名選出された“超高校級の幸運”として…。入学式当日、集まった超高校級の生徒15人に、学園長と称する“モノクマ”が語りかける。
「これからオマエラには一生ここで暮らしてもらいます。もし学園から卒業したければ…仲間の誰かを殺して逃げ伸びることっ!」
新入生を待ち受けていたのは、生死を懸けた駆け引きと卑劣な学級裁判が目まぐるしく展開する“絶望”の高校生活だった。不条理に満ちたトガった世界観を、ポップなイラストと2.5Dモーショングラフィックという独特の技法で表現したハイスピード推理アクションゲーム、それが『ダンガンロンパ』なのだ!

 

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】iOS版『ダンガンロンパ』で希望と絶望が入り混じる余韻に浸れ

『428~封鎖された渋谷で~』

200X年4月28日
渋谷署管轄内でおこったひとつの誘拐事件をきっかけに、世界を震撼させる大事件は始まった。
熱血刑事、渋谷のチームの元ヘッド、ウイルス研究の第一人者、敏腕フリーライター、
そしてネコの着ぐるみなど本来であれば、全く交わることがなかったであろう人々の物語が
この事件の舞台となる渋谷でめまぐるしく交差する。
あなたは、いくつものこの世界を一変させる選択を迫られる。
あなたの選択によって、人々は一体何を目にすることになるのだろうか?

『428~封鎖された渋谷で~』は渋谷で起きた誘拐事件を軸にした、それぞれ違う主人公を持つ5つの物語からなるサウンドノベル。物語に登場する選択肢を選びながらゲームを進めていく。1人の主人公の何気ない選択が、他の主人公を窮地に陥れたり、全員の運命を悲劇にするなど、主人公それぞれのストーリーが交差し、連鎖していく。どの物語のどの選択肢を選び直せばいいのかを推理しながら、全ての物語をハッピーエンドに導け!

[関連記事]
※最後にサプライズあり! 絶対にネタバレなしで遊んでね『428 ~封鎖された渋谷で~』

『かまいたちの夜Smart Sound Novel』

主人公の透と大学の同級生の真理は、真理の叔父が経営するペンション「シュプール」を訪れる。
ペンションのオーナーと従業員、宿泊客を合わせた13名は、楽しいひと時を過ごしていた。そんな時、彼等の元に「こんや、12じ、だれかがしぬ」という不気味なメッセージが届く。
やがて、ガラスの炸裂音が響き渡り、メッセージ通りの第一の悲劇が現実となってしまう。
大吹雪で外へ出る事もままならず、ペンションは完全に孤立してしまっていた。犯人は誰なのか。外をさまよっているのか、それとも内部の犯行か。
何もわからないまま、否応なしに死の香りの漂う「かまいたちの夜」がはじまっていく…

映像とサウンドを背景に物語を読み進め、プレイヤーの選択によりストーリーが大きく変化する“マルチストーリー・マルチエンディング”というスタイルで新たなゲームの可能性を提案した“サウンドノベル”を、スマートデバイス向けに最適化。タッチやスワイプといった操作方法に対応したほか、高解像度で新たに撮影したグラフィックや、オーケストラ演奏を含むサウンドの再収録により一層臨場感の増した物語を、ゲームでも電子書籍でもない新感覚で楽しみいただけます。

 

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】真冬のペンションはスリル、ショック、サスペンス!! 『かまいたちの夜 Smart Sound Novel』

『9時間9人9の扉Smart Sound Novel』

「ゼロ」と名乗る謎の男によって見知らぬ客船に閉じ込められた9人の男女。
刻一刻と沈みゆく船から脱出するには“ノナリーゲーム”という命がけのゲームに
勝ち抜かなければならない。制限時間は9時間。
船内にある数字の書かれた扉のうち、9の扉が唯一の脱出口となる。
「誰」と「どの扉」に入るのか?
極限状態での脱出劇が、今、幕を開ける――!

『かまいたちの夜Smart Sound Novel』に続く「スマートサウンドノベル」で、プレイヤーの選択により大きく変化する物語を、臨場感溢れるサウンドと、iPhone/iPad用に高解像度化したグラフィックで楽しめるようになった。また、脱出ゲームパートを取り除き、一度読み進めたシナリオの特定ポイントにジャンプできる“フローチャートジャンプ機能”を新たに搭載するなど、純粋に物語を読むことに集中できるシステムを多数採用。文章を自動で表示するオートモードや画面の回転など、お好みの設定で快適に読み進めることが可能。

  

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】疑心暗鬼・人間不信の恐怖がより凝縮『9時間9人9の扉 Smart Sound Novel』

『忌火起草(いまびきそう)』

『ビジョンって薬知ってる?すげー盛り上がるぜ』
遊び感覚でそれを手に入れた若者たちは、つぎつぎに謎の焼死を遂げる。
その災いに巻き込まれてしまった主人公とヒロインは、呪いから逃れるため、
すべての根源と思われる朽ち果てた、ある屋敷へと向かう。
そこにあったのは、謎の花「忌火起草(いまびきそう)」に囲まれた、
幾世代にも渡って祟りの因果が渦巻いている、禍々しい場所であった……。

『忌火起草』は“恐怖を目と耳で体感する”新感覚サウンドノベルです。登場人物のセリフはフルボイス、状況説明や心理描写はゲーム画面上にテキストで表され、“画像、テキスト、ボイス、サウンド”のシンクロが、これまでにない恐怖体験を創りだしている。本作は2007年にPS3用ソフトとして登場し、その後様々なプラットフォーム向けに展開して参りました。本作では、PS3版“忌火起草”のネットワーク接続にて追加されたピンク編シナリオや、Wii版“忌火起草解明編”で追加されたシナリオも全て収録された完全版となっている。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧