1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第325回『魔剣士という名の死神』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第325回『魔剣士という名の死神』

2014-05-02 17:10 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App

iPhone版はこちら →Android版はこちら

大塚角満の熱血パズドラ部(改訂版)
5/22発売決定!

※文庫サイズになって復活です

※Amazonでの予約はこちら

魔剣士という名の死神

4月30日の午後。おなじみガンホーのY大課長から以下のSMSが届いた。

「かどま~ん。ゴッドフェス回せよ~」

俺は驚いた。

「え! ゴッドフェスなんてやっていたんだ!」

と。

というのも、前々回のコラムで書いた通り、俺はヘラ・ソエルのワガママなスキル(なんかいい響きだナ)に振り回されてコンティニューを余儀なくされ、手持ちの魔法石をほとんど吐き出してしまっていた。これにより「しばらく、雌伏の時代を過ごそう」となり、静かな清貧生活に突入したばかりだったのである。

とはいえ、ゴッドフェスともなると話は少々違ってくる。俺は「今回は、何が対象なのかな……?」とブツブツと言いながらパズドラ運営サイトをチェックし、まもなく三国の神シリーズがラインアップされていることを知ることになる。たまらず、SMSで俺は叫んだ。

「あ!! 今回のゴッドフェス、超いいじゃん!!」

すぐさま、Y大課長から返事が。

「そうなんよ。これは回すしかないっしょ!」

しかし前述の通り、俺の魔法石はほとんど枯渇状態だった。日付が変われば配給の魔法石が手に入るが、それでも2個ほど足りていない。

……となれば、やることはただひとつだ。俺はSMSで宣言した。

「いまからチャレンジモードを回して、石をかき集めてくる!!! 明日の朝、レアガチャ勝負じゃ!!!」

Y大課長が、コクンと頷いたのがわかった。

「よし。はよ行って来い」

というわけでそこからしばらく、俺は原稿を放り出してチャレンジモードの人となったのでした。

そして、翌朝。

懸命にあがいた甲斐あって、俺は6個の魔法石を手にしていた。ドラマ『北の国から』の泥のついた1万円札のような、血すらにじむ大切な魔法石たちである。

「とーちゃん、がんばったよ……><」

疲れた声で、誰にともなくつぶやく。この時点ですでに、それなりの達成感があった。

でも、ここは終着点ではない。

命の魔法石で三国の神々たちを引き当てて初めて、本当の安息の日々が訪れるのだ。

そんなとき、出社の身支度をしながらスマホをいじくっていた身内のHが、「あ!! なにこれ!?」と素っ頓狂な声を出した。どうやら、レアガチャを回したらしい。

「なになに?? 何が出たの???」

興味津々にスマホの画面を覗きこむと、そこにはこんな方が……。

 

おおはしこはし~~~~ん…………

驚いた俺、尻尾を踏まれたネコのように飛び上がった。

「いま話題のおおはし・こはしじゃん!!!(※注・大喬&小喬のことだからね、念のため)孫権に続いて、またまた三国神かよ!!!(怒)」

そう、以前のゴッドフェスで身内のHは、見事に孫権を引き当てている。しかもこのときは、Y大課長、さらに同僚の美人ドSパズドラー・Tさんも孫権を引いていて、さながら俺のまわりは“孫権ラッシュ”と化したのだ。そんな気運の中にあっても俺は三国神を当てられず、ひとりで「いーんだいーんだ俺なんか……。ゴッドフェスじゃなくてゴーレムフェスなんだ……」といじけていたのであった。

ちくしょう……。なんてうらやましい……。

Hの引いた大喬&小喬をヨダレを垂らしながら眺めていると、スマホがブルブルと震えだした。Y大課長から、SMSが届いたのだ。チラリと見ると、SMSにはスクショが貼りつけられている。そうか。レアガチャを回したんだな。

「な、なにを引きやがったんだ……?」

恐る恐る詳細を見ると、「今回は勝ち組!!!」というメッセージとともにこんなスクショが……!!

続・おおはしこはし~~~~ん…………

し、信じられん……。身内のHに続き、Y大課長まで大喬&小喬を引くなんて……。

でもこれは見方を変えれば、大喬&小喬を引き当てる“波”が来ているようなものであろう。孫権のときにはその波に乗ることはできなかったが、今度こそ逃さず、ついていってやろうではないか!!

「そうだ! これは吉兆だ!! いまこそ俺も!! おおはしこはしを!!!!」

レアガチャルームに飛び込んだ俺は、躊躇なくガチャレバーを下に下ろした。

そして……。

じみ~~~~ん…………

こいつを見た瞬間、胃の小弯部にきゅ~~~んと穴が穿たれたのがわかった。俺、2014年でもっとも大きな悲鳴をあげる。

「わああああああああああ!!!! の、呪いのタマゴぉぉぉおおおおおおお!!!!!!><」

そして、地味タマゴから出てきたのは…………。

ひさしぶり~~~~ん…………

忘れたころにやってくる、魔剣士という名の死神……。どうやったら、こいつとゴーレムをお祓いできるのよ……><

このスクショをイヤイヤながらSMSに貼りつけると、Y大課長から冷ややかな返信が返ってきた。

「角満は、間違えて友情ガチャを回したに違いない(^ω^)」

うるせえ! ほっとけ!!!

明日からの連休中、自宅の庭に魔剣士とゴーレムを祀るを建てて、呪いを落とそうと思います……。

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧