1. サイトTOP>
  2. 【新作】摩天楼でウェブスイング!『アメイジング・スパイダーマン2』を先行プレイ

【新作】摩天楼でウェブスイング!『アメイジング・スパイダーマン2』を先行プレイ

2014-04-18 16:11 投稿

ヒーローたちが続々と集結

アメコミ原作の映画は、世界中で高い評価を受けている。日本とて例外ではない。『アベンジャーズ』や『X-MEN』など、多くの作品が受け入れられ、続編が渇望されているのだ。

そしてこの春、アメコミ旋風はいっそう激しさを増すだろう。4月19日には『キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』の公開が控えているし、その翌週4月25日には『アメイジング・スパイダーマン2』が封切り。

マーベル・コミックのビッグタイトルが立て続けに公開予定なのだから堪らない。このコンボに嬉しい悲鳴を上げているファンも多いはずだ。

広大なオープンワールド

映画公開に先駆けて配信された『キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー – 公式ゲーム』に続き、『アメイジング・スパイダーマン2』の公式ゲームもまた、映画公開より一足早くリリースされた。

アプリの内容は、ウェブスイングでニューヨークの摩天楼を翔る、オープンワールド系のアクションゲーム。ストーリーは映画シナリオをアレンジしたものに仕上がっているそうだ。

ちなみに、オープンワールドとは広大なマップを自由に動き回って、ミッションをクリアーしていくタイプのゲーム。好きなときに好きな場所へ行ける自由度が魅力で、同ジャンルの作品として『グランド・セフト・オート』シリーズや『ギャングスター』シリーズが挙げられる。

これらは悪党が主役なので、車を盗んだり人を襲ったり、悪事を働くのが主なお仕事だが、ゲーム版『アメイジング・スパイダーマン2』はその真逆。クモの能力を持つ覆面ヒーロー・スパイダーマンを操ってギャングをぶちのめし、車泥棒を捕まえ、住民の命を救い、ときにはファンにサインを書く。悪行ではなく、善行を積むことでゲームが進むのだ。

では、先行プレイで体験したゲーム版『アメイジング・スパイダーマン2』の魅力をお伝えしよう。

リアルな摩天楼で迫力のウェブスイング

広大なニューヨークの街では、小競り合いから大きな事件まで、さまざまな騒動が起きる。それを解決するのがスパイダーマンの仕事だ。ストーリーに関わるミッションの発生ポイントには青い柱が、ストーリーと関係のないミッションの発生ポイントには赤い柱が表示されるので、クモ糸を使った独自の高速移動、ウェブスイングで現場に急行しよう。

ジャンプアイコンをタップ後、そのまま長押しでウェブスイング。振り切ったら指を放してジャンプし、長押しで再びウェブスイング……。このくり返しでビュンビュン進むことが可能だ。

▲CGで丁寧に再現されたニューヨークの街並を縦横無尽に翔る。セントラル・パークやタイムズ・スクエアなどの名所もあるようだ。ヒーローだからクルマは盗みません。

ウェブスイングの方向転換や地上での移動は、画面左に表示されるバーチャルスティックをドラッグして行う。ウェブスイングがとにかくおもしろいので、ミッションを無視して遊び回ってしまうことも少なくないだろう。

どんなに高い所から落ちてもダメージは受けないので、安心して跳び回るといい。また、ビルの側面にぶつかると張り付いて、そのまま昇り降りできる。ウェブスイングに慣れないうちは屋上まで壁を走って登るのアリ。

空へ向けて立ち上る柱まで辿り着いたら、ミッションがスタート。暴漢の鎮圧から時限爆弾の捜索まで、豊富なミッションが用意されている。スピード勝負のミッションも多い。

▲人命救助ミッション。画面右上に表示されたケガ人のライフが尽きる前に病院へ急ごう。ちなみに、画面左上GPS外周の青いゲージが、スパイダーマン自身のライフ。

ミッション中にバトルが発生することも。バトルではバーチャルスティックのほかに3つのボタンを使用するが、ゲーム序盤のチュートリアルが丁寧なのですぐに憶えられるはずだ。

【パンチボタン】
タップすると近接攻撃が可能。連続で押せばコンボが発生
【カウンターボタン】
タイミングよくタップすると相手の攻撃を見切って反撃、スタンさせる
【ウェブボタン】
タップするとクモ糸での遠距離攻撃が可能。長押しでスタンした相手を絡めとる

▲近接攻撃は基本中の基本。悪党どもをボコボコにしてやろう。
▲相手の頭上に、赤い雷のようなマークが出たらカウンターのチャンス。決まれば相手に大きな隙が生まれる。

カウンター攻撃は背後の敵にも反応可能。これは身に迫る危険を察知する能力、“スパイダーセンス”をゲーム上で再現したものだと思われる。ファンがニヤリとできる心憎い演出だ。

なお、ミッションをクリアーすると、“スパイダーポイント”を入手できる。これがあれば原作でおなじみのコスチューム(能力値補正あり・一部購入可能)や、回復アイテムの購入、新たなスキルの解放ができる。

メインミッションで行き詰まってしまったときは、サイドミッションで“スパイダーポイント”を稼ぐといいだろう。また、“スパイダーポイント”は手っ取り早く課金で入手することもできるようだ。

いろいろと解説したが、実際にアクションを見てもらうのがイチバン。プレイ動画を用意したので、ご覧あれ。


ヴィランも登場! 映画さながらのアクション

映画シナリオをベースに構築されたメインミッションでは、映画さながらのアクションイベントが楽しめる。例えば、走行中のクルマからクルマへ飛び移ってギャングを追撃したり、敵の浮遊兵器をクモ糸で撃墜したり……。迫力のシーンがこれでもかと詰め込まれている。これらがタップだけの簡単操作でくり出せるから、本当に映画を観ているかのような感覚に陥ること間違いなし。

▲迫り来るミサイルを避ける緊迫のシーン。1秒たりとも画面から目を逸らせない。

試遊では体験できなかったが、エレクトロやグリーン・ゴブリンなどのヴィランがボスとして登場予定。資料を見る限り、かなり激しいバトルアクションが用意されているようだ。また、資料には原作で人気ナンバーワンの敵役、ヴェノムの名前も確認できたが、果たして……。

▲強力な電撃を放つエレクトロとの死闘。“スパイダーセンス”の出番か!?
▲元怪盗のブラックキャットも登場予定。スパイダーマンとはただならぬ関係。

また、ソーシャル要素として“ミステリオのアリーナ”が用意されている。これはマンハッタンの街中で行われるラウンド制のバトルで、わらわらと現れる敵を倒してスコアを獲得し、世界のプレイヤーとランキングを競うものらしい。コスチュームなどの報酬が手に入る、期間限定のイベントも予定されているようなので、今後の展開にも期待したい。

親愛なる隣人・スパイダーマン

アメコミ界でも屈指の人気を誇るスパイダーマンだが、その人気の秘密は何処にあるのだろうか。作品によって設定の細部がコロコロ変わる(アメコミではよくある)ので一概には言えないが、概ね以下の設定は共通しているようだ。

1:ある事件によってクモの能力を持つ超人になった
2:ある悲劇によってヒーローとして目覚めた
3:いちいち悩む
4:戦闘中でも軽口を連発する

スパイダーマンの正体は冴えない青年ピーター・パーカー。愛称は親愛なる隣人、スパイディなど。彼は特殊なクモに噛まれたことで超人化したのだが、当時はスーパーパワーをもっぱら自分のために使っていた。目の前で起きた強盗を見逃してしまうなど、とてもヒーローと呼べるような人物ではなかったのだ。

そんなピーターはある悲劇を通して学ぶ。「大いなる力には、大いなる責任が伴う」ことを。この言葉がピーターをヒーローとして目覚めさせるのだが、ここで多くは語るまい。とにかく、「スーパーパワーを手に入れてヒーロー誕生」という単純な話ではなく、成長する過程が描かれている点が魅力的なのだ。このエピソードはシリーズ1作目『アメイジング・スパイダーマン』でも描かれているので、ぜひご覧いただきたい。

また、若者らしく恋に悩んだり、余裕のなさからおしゃべりになってしまったりと、人間臭い部分が目立つのもスパイディの特徴。キャプテン・アメリカほどの精神の強さはないかもしれないが、親愛なる隣人の通り名がこれほどマッチするヒーローは、ほかにはいないだろう。

アメイジング・スパイダーマン2 -公式ゲーム-

メーカー
ゲームロフト
配信日
配信中
価格
iPhone:500円 / Android:450円
対応機種
iOS 7.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み。Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧