1. サイトTOP>
  2. 『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2』集中連載#02(前夜祭イベントレポート編)

『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2』集中連載#02(前夜祭イベントレポート編)

2013-11-06 19:10 投稿

これが新たな『エウレカセブン』の始まりだ!

『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2(以下『パチスロ エウレカ2』)』のホール導入&アプリ配信を翌日に控えた2013年11月4日(月)、東京・渋谷にて、前夜祭“パチスロ交響詩篇エウレカセブン2 導入前夜から乗リニ乗レ。ファンLIVE!!”が開催。

アニメ1期OP『DAYS』を筆頭に数多くのヒット曲をリリースしているミクスチャーロックバンドFLOWや、アメイジンググレイスをサンプリングした幻想的なアニメ4期OP『sakura』で知られるニルギリスのミニライブを始め、人気ライター陣(俺は?)による機種解説トークショーやプレゼント大会が行われた。

レビュー原稿執筆を盾に参加をお願いしたら、レビューだけでなくイベントレポートの執筆も拝命いただいたので、その様子をご覧いただこう。


※『パチスロ エウレカ2』正式版アプリ配信中!!

俺はただ、エウレカに、エウレカに会いに来ただけなんだ!(by レントン)

俺が会場入りしたのはプレス受付開始と同時の開演30分前。しかし、会場に足を踏み入れると早くも人が溢れ返っている。開演1時間前からの入場が可能だった一般参加の人たちだ。数台設置された見本機を少しでも打とうと並ぶ人、777タウンにプレ実装されたPCを取り囲む人、そしていまかいまかと開演を待ちわびてステージの前に陣取っている人……朝の通勤ラッシュかと見まがう人ごみに気圧されてしまう。

▲会場はとにかく人人人。ちょっとでもいいから見本機に触りたかった。打ってる人うらやましす……。
▲ニルバーシュとジエンドの大型フィギュアも設置。欲しいんですけど、おいくらですかね?

俺も本当は見本機の近くに行きたかったのだが、場所取りをしておかないとヤバそうだったので泣く泣く諦めることに。こんなことなら仕事ではなく、一般応募したほうがよかったかも……と思ったが、応募していたところで抽選に当たる保証はなかった(つーか普段のヒキを考えると当たらない可能性のほうがずっと高い)ので、イベントに参加できただけでもよしとしなければ。

▲パチスロファンにはおなじみのサミーのプレミアムキャラ“エイリやん”も来場。

この世の中、いつだって気持ち良くなった方の勝ち。違うか?(by チャールズ)

そしてついに開演の時。最初に登場したのはMCを務める南まりかちゃん。パチンコ・パチスロ番組を中心に出演しているタレントさんなので、ご存知の方も多いだろう。そのまりかちゃんが始まりの合図を告げると登場したのはニルギリス。

初代のART中BIGで流れたおなじみのイントロが流れると会場のテンションが一気に上がった。パチスロで初めて聴いてからいい曲だなと思っていたけど、生で聴くのは堪りませんな。続いて、漫画版『エウレカセブン』を描いた片岡さんと近藤さんが再びタッグを組んで描いた漫画『デッドマン・ワンダーランド』のアニメED『SHINY SHINY』を披露。

▲ヴォーカルを務める(岩田)アッチュさんのリードでサビの振りを会場のみんなが真似るとさらなる一体感が生まれたように感じた。

ニルギリスのライヴが終わると続いてはレントン役の三瓶(由布子)さんからのビデオメッセージが。この後にも、ホランド役の藤原(啓治)さん、エウレカ役の名塚(佳織)さんからのビデオメッセージが差し挟まれ、各人が演じたキャラクターや『エウレカセブン』(以下『エウレカ』)という作品に対する愛を語っていた。『エウレカ』好きはもちろん、アニヲタの俺にとっては本当にご褒美です。顔がニヤニヤするのを担当編集に悟られないようにするので精一杯だったわ。

三瓶さんのビデオメッセージの後は、雑誌ライター(パチスロ必勝本:マコトさん、パチスロ攻略マガジン:松本バッチさん)による実機を使った機種解説。PVや雑誌でゲーム性は頭に入っていたはずだけど、やっぱり実機で演出など見ながらの解説だとするすると頭に入ってくる。

▲話がうまいこともあり、聞いてるだけで打ちたくって仕方がない。蛇の生殺しとはまさにこのこと。

続いて、パチスロ必勝ガイドの河原みのりちゃんが 777タウンのアプリを紹介。パソコン版・スマホ版ともにグラフィック&サウンドといい、実機の再現といい、クオリティが本当に高い。この記事を読んで、遊びたいと思った方は777タウンのサイトをチェックしよう。

[関連リンク]
※スマホでパチンコ・パチスロ 777town SP
※パソコンでパチンコ・パチスロゲーム 777TOWN.net

▲新装直後は座れる保証もないし、ホールに行けない人間にとっては導入と同時配信というのは嬉しい限りだ。

藤原さんのビデオメッセージを挟んだ後に、ライターVS来場者の実機を使った上乗せ対決が開催。勝者にはなんとイベントTシャツと実機パネルがプレゼントされるということで、俺もぜひとも参加したかったが、プレスパスを提げて参加するのだけは勘弁してくれと担当編集に懇願されたため断腸の思いで諦めた。

▲エアリアルバースト(エアリアルラッシュ中のリリチェ揃いから突入する1G連モード)による上乗せ対決は、来場者側の2勝1敗。印象的だったのは、自分もステージに上がりたいと思いながらも来場者を応援していた会場のみなさん。『エウレカ』好きに悪い人間はいないんだな、うん。

そして、名塚さんのビデオメッセージの後に登場したのはFLOW。初っぱなからハイテンションの彼らが頭に持って来たのは、アニメの続編『エウレカセブンAO』の2期OP『ブレイブルー』。ゲーム対決で和やかな雰囲気になった会場を一気に盛り上げると、『COLORS(コードギアス 反逆のルルーシュ1期OP)』、『GO!!!(NARUTO-ナルト-4期OP)』を立て続けに熱唱。そして締めくくりは当然のように『DAYS』。密かに口ずさみつつ、初代を打ちまくっていたころの記憶を反芻していたのは言うまでもない。

▲来場者のジャンプで床が揺れるほどのミニライヴ。知らない人がここだけを見れば、とてもパチスロのイベントとは思わないだろう。

最後はステージに全員が登場し、大抽選大会が行われた。プレスパスの俺はもちろん当たるわけがなく、入場時と同じ後悔(一般応募)をしかけたが、貴重なイベントに参加させてくれた編集部にあらためて感謝の念を覚えた。

▲18時から20時まで約2時間のイベントだったが、本当にアッという間に終わってしまった。再び機会があれば、ぜひとも参加させていただきたいものである。

私情のなにがいけない!  俗物と呼んでもらって構わない。(by ドミニク)

このイベントに参加して、いちばんに感じたのが『エウレカ』はこんなにも多くの人に愛されているんだなということ。初代はもちろん、アニメも大好きな俺としては、なぜか自分のことのように嬉しくなった。

この記事がみなさんの目に触れるころには、導入&配信が完了している『パチスロ エウレカ2』。


すでに体験した人もいれば、打ちたいけれども時間がなくてまだという人も大勢いることだろう。少しでも多くの人が『パチスロ エウレカ2』に触れ、いままで以上に多くの人が『エウレカ』を愛してくれることを願って、このイベントレポートを締めくくらせていただきたいと思う。

[関連記事]
※新機種『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2』体験版がホール導⼊前に無料配信
※【新作情報】『パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2』実機導入日にアプリ版配信開始
※連載#01(『セブンスウェル チャレンジ』アプリ編)
※連載#03(正式版アプリレビュー編)
※連載#04(マイスロ編)

[関連リンク]
※スマホでパチンコ・パチスロ 777town SP
※パソコンでパチンコ・パチスロゲーム 777TOWN.net

取材・文/HAL
趣味はパチスロ・麻雀&アニメ鑑賞(ヲタ歴3年のニワカ)。某巨大掲示板と大手動画サイトの巡回が仕事と言い張る残念な人。自宅警備員ではないらしいが真偽は不明。ひと昔前以上に某スロ雑誌でライターをしていた模様(これまた真偽不明)。

パチスロ 交響詩篇エウレカセブン2

メーカー
サミーネットワークス
配信日
配信中
価格
下記参照
対応機種
iOS 6.0 以降。iPhone、iPad および iPod touch 対応。 iPhone 5 用に最適化済み、Android(docomo、auのみ対応)
備考
iPhone版:1800円[税込](※)
※配信開始を記念して、2013年11月17日まで期間限定価格1500円[税込]にて配信中

Android版:スマートフォン用サイト“777townSP”への月額課金にてプレイ可能
・お試しコース(1ヶ月に1機種のみプレイ可能):315円[税込]/月額
・3機種コース(1ヶ月に3機種までプレイ可能):525円[税込]/月額
・遊び放題コース(全機種プレイ可能):1050円[税込]/月額

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧