1. サイトTOP>
  2. 無料パチスロアプリ『DonDel(ドンデル)』の最新作『秘宝伝(太陽)』を打つ

無料パチスロアプリ『DonDel(ドンデル)』の最新作『秘宝伝(太陽)』を打つ

2013-10-11 12:00 投稿

とあるスロッターのジレンマ

俺が『秘宝伝(太陽)』をホールで打ったのはたった1度だけ。だが、その理由は嫌いだからではない。俺は『バンバン(4号機時代の名機)』のころからの大都ファンだし、4号機の初代『秘宝伝』も2代目の『秘宝伝(女神)』もそれなりに打ち込んだ。『クレアの秘宝伝』だけは近所に導入がなく、残念ながら打てなかったが。そんな俺がなぜ1度しか打たなかったのか。いや、打ちたくても打てなかった……というのが正確だろう。


[関連記事]
※アプリなら『忍魂弐』が無料でできると聞いてやってみた結果
※ガッチガチのパチスロユーザーが無料アプリ『押忍!番長2』を一刀両断

ホールで打てなかった俺は嬉々としてアプリをDLしました

いまでこそ純増約3枚のAT機は世に浸透しているが、『秘宝伝(太陽)』がデビューした当時はそれほど多くなく、ハイリスクハイリターンのイメージが強かった。そのため、懐事情が寒いうえに自他ともに認めるヒキ弱の俺にとっては敷居が高すぎた。

それでも大都ファンを自負する身としては打たずにはいられなかったので、手を出してみた。結果から言うと、負けはしたものの、初代から連綿と受け継がれてきたゲーム性は楽しかった。

だが、俺には無理だと悟った。

なぜなら、肝心要のところでチャンス目を始めとするレア役を引くことがほとんどできなかったからだ。つまり、センスがない。『AKIRA』的に言うなら“ピーキー過ぎてお前には無理”ということ。当時は『番長2』に狂っていた(いまでもそうだが)こともあり、それ以来ホールで手を出すことはなかった。

ただ、興味はあったので某動画投稿サイトにアップされる秘宝太陽の実戦動画をくまなくチェックして見ていた。それを観ていると「俺もホールでこんくらいできるんじゃね?」と勘違いして何度もホール実戦をしたい衝動に駆られたが、寒い懐と『番長2』の魅力が俺を押しとどめてくれた。だから『秘宝伝(太陽)』のアプリが登場するのを知ったときは本当に嬉しかったし、前回(※ガッチガチのパチスロユーザーが無料アプリ『押忍!番長2』を一刀両断)でスロアプリに抵抗がなくなったこともあって心待ちにしていたのだ。

▲ホールでは後ろ髪を引かれながら何度も通り過ぎた『秘宝伝(太陽)』。それが俺のスマホで打てる日がくるなんて(感涙)。

よくわかる『ドンデル』

さて、ここで『ドンデル』のアプリを知らない人のために、最初に少し説明しておこう。このアプリはダウンロードさえしてしまえば、あとは起動するだけですぐに対応したパチスロアプリを打つことができる(もちろん無料)。会員登録をしなくても遊べるが、登録しておいたほうがいろいろとお得。面倒くさがらずにやっておくことをオススメする。

▲会員登録は無料であっという間にできる。アプリの機能を隅々まで活用するためにも絶対に登録しておこう。

会員登録のメリットは何かと言うと、SNSで同じアプリをやっている人たちと繋がれる点。タイムラインで写真やスタンプを投稿することができるし、レアアイテムをゲットできるイベントにも仲間といっしょに参加することができる。さらにシールや応募券、メダルを貯めることで、アプリ内で使えるアイテムだけでなく、ふだんの生活の中で使える実用品(ゲームハードや自動掃除機など)が当たる抽選に応募することもできるのだ。

▲応募景品はAコースからIコースまでとイチオシが存在していて、期間によって内容が変わる。マジで豪華な景品があるので、なんとしても当てたい。

そして、もっとも大きなメリットはフレンドチップのやり取り。アプリをやるのに必要なチップ(1枚につき50メダル)は自動的に補充(使っても1時間で1枚補充)されるので問題なさそうに思えるが、最大で5枚しか所有できない(課金すれば枚数を増やすことも可能だがもったいない)。ゲーム数に換算すると約150ゲーム。たとえ高設定を打ったとしても、運が悪ければあっという間に飲まれてしまいかねない。

そんなときに活躍してくれるのが、フレンドとフレンドが所有しているフレンドチップだ。フレンドチップは5枚集めるとチップ1枚と交換できるので、フレンドにひと声かけて譲ってもらえば、自動補充されるのを待たずにプレイを再開できる。つまり、フレンドが多ければ多いほど、チップを気にする必要がなくなるのである。

1プレイでのプレイ数も上限が決まっているが、レベルが上がるにつれてどんどん増えていくし、いざとなったらアイテムを使って増やすこともできる(ただし、延長アイテムの使用は1プレイにつき1回のみ)。

要するにフレンドをたくさん作って、レベルをどんどん上げて、アイテムを上手に使えば、課金をせずとも思う存分にアプリを満喫できるのだ。これがこのドンデルアプリ最大の魅力と言えるだろう。

▲レベルは遊んでいるうちに勝手に上がっていってくれる。消化プレイ数が長く、メダルをたくさん獲得するほど経験値を多くもらえるので、経験値アップアイテムを上手に使おう。

ヒキ弱スロッターの野望

というわけで、念願の『秘宝伝(太陽)』をさっそくプレイしてみた。『番長2』アプリのときも思ったが、やっぱり実機の再現性がすげぇ。某動画投稿サイトで見た演出がそのまま俺のスマホで展開されていることにちょっと感動した。

▲ボタン演出が発生した場合は、左下にボタンがひょこっと顔を出す。とくに必要じゃない場面でも、フリックして自分で引っ張りだすこともできる。

とりあえず“超秘宝”と“ダイナマイト”を目標にしたのだが、前者は意外にもあっさりと達成できた(もちろん強制アイテムは使ってない)。「あれ? 俺もしかしてヒキ弱なんかじゃないんじゃね?」と思ったさ、このときまでは。結果はボナバト1回(当然敗北)で乗せなしのまま20Gほどで終了……。「知ってた」の弾幕が俺の脳内に流れたのは言うまでもない。

▲このときは本当に胸が踊ったよ。俺もやればできる子なんだって。まぁ、数分後にそんなのは幻想に過ぎないって思い知らされたけどな。

んで、ダイナマイトのほうだが、そうそう簡単に入るもんじゃない。暇を見つけてはプレイしていたものの、体験できないままこの原稿の締切は刻一刻と迫ってくる。

なので、使ってしまいましたよ。秘蔵のアイテムを。

本当は自力で引きたかったけど致しかたない。せめて“ダイナマイト中は強制フラグを使わずに消化する”ってことで自分の安いプライドを守るのが精一杯だった……。

▲これが秘蔵のアイテム。ダイナマイトからスタートのうえ、高設定確定だなんて現実じゃまずあり得ないが、アプリだからこそできる力技。これもアプリの醍醐味ってヤツでしょ。
▲待望のダイナマイトは150G上乗せと平均には届かなかったものの、まずまずの結果。ただ、無難すぎて記事的にはなんにもおもしろくねぇな……。

俺の脳内選択肢が、秘宝太陽を全力で推している

ダイナマイト自体の結果は微妙だったものの、その後の上乗せや伝説移行のおかげでプレイ上限(もちろん延長アイテムも使用)までATで駆け抜けることができた。一気にレベルアップさせることができたし、大満足の結果と言えるだろう。プレイ上限も増えたことだし、今度こそ自力で引いてみたいものである。

▲ATのゲーム数を100G以上残してしまったのは心残りだが、実際にホールでも閉店終了ってことはあり得るので納得するしかない。

このアプリで遊んでのいちばんの収穫は、もう1度ホールで『秘宝伝(太陽)』を打ってみようかなと思ったこと。もちろん何も引けないままにチップが尽きてしまったり、プレイ上限に到達してしまうこともあったが、あっさりとボーナスやATを引けることも多々あった。

だいたいいまのホールは高純増ATが主流なんだから、必要以上にビビることはないんだよね。結局リスクはどの台でもいっしょだし。このアプリのようにボーナスやATを引けるなら5回に1回、いや3回に1回くらいは打ってみてもいいかも。

▲アプリでできたんだから現実でもできる。そう自分に言い聞かせてホールへ旅立ちたいと思う。これが勘違いでないこと祈って……。
著者:HAL
趣味はギャンブル(おもにパチスロ・麻雀)&アニメ鑑賞(ヲタ歴3年のニワカ)。某巨大掲示板と大手動画サイトの巡回が仕事と言い張る残念な人。自宅警備員ではないらしいが真偽は不明。ひと昔前以上に某スロ雑誌でライターをしていた模様(これまた真偽不明)。

秘宝伝 ~太陽を求める者達~

メーカー
ディーピー
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4S / iPhone4 / iPad(第1世代目) / iPod touch(8GBモデルを除く第3世代目および第4世代目)、Android OS 2.3.3以降

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧