1. サイトTOP>
  2. 【TGS2013】『完乗!全国鉄道の旅』イベントに鉄道マニアのあのふたりが登場

【TGS2013】『完乗!全国鉄道の旅』イベントに鉄道マニアのあのふたりが登場

2013-09-20 17:09 投稿

鉄道愛溢れる中川礼二、南田裕介も認めた本格鉄道ゲーム!

カプコンから配信中のiPhone、iPod touch、iPad向けアプリ『完乗!全国鉄道の旅』。本作のステージイベントが、東京ゲームショウ2013のカプコンブースで開催された。『完乗!全国鉄道の旅』は、全国の鉄道ファン向けに作られた本格カードゲームということで、イベントには鉄道好きで知られるお笑いコンビ“中川家”の中川礼二、ホリプロマネージャーの南田裕介がゲストとして登場した。まず、本作を手掛ける藤井プロデューサーから紹介された本作のプロモーション映像が上映された。

[関連記事]
※カプコンが超本格的な鉄道カードゲーム『完乗!全国鉄道の旅』を配信した件について

ゲームには新幹線から引退車両までがカードとなって登場し、さらにローカル線の車両だけではなく、めったにお目にかかれない保守車両や臨時列車なども収録されているということで、「ゲームをやると実際に電車に乗ってその場所に行きたくなる」(中川)、「知っている駅や電車をゲームで見ると、つい口に出して叫んじゃいます」(南田)と、すでに本作の虜になっている様子。

▲運転手のモノマネで登場する中川礼二。そして映像の中で気になる駅や車両を見るたびに興奮する南田裕介。ふたりの鉄道愛が爆発していた。

また、本作の鉄道カードは、JRの時刻表などを手掛ける交通新聞社提供の写真を使用。鉄道ファン納得のベストアングルがカードになっているわけだが、そのカードが排出されるゲームシーンの上映では、「飯田線とかおおさか東線とか、ゲームショウとは思えない映像ですね(笑)」と中川礼二が風景カードについてコメントすれば、南田裕介も「これはもともと貨物線でしたね」、「ボンネット型は国鉄時代の古い車両……渋くていいですね!」と解説をするなど、鉄道を知らない人たちを置いて行きかねないマニアックなトークを展開した。そして、本作を作った藤井プロデューサーに対して、「よくぞ作ってくれました!」(中川)、「ぜひ社長賞をあげてください!」と、鉄道好きとして敬意を表していた。

そしてイベントの最後には、藤井プロデューサーから最新情報として、イベント“憧れの寝台特急 完乗!トワイライトエクスプレス”を2013年9月30日まで開催することを発表。さらに、本作をすでに遊んでいる人と新規にアプリをダウンロードした人を対象に、限定カードがもらえるキャンペーンを実施することも明らかにした。

最新情報も飛び出した今回のイベントを振り返り、3者はそれぞれつぎのようにコメント。

「いろいろなところを旅しながら鉄道の魅力を感じられるすばらしいゲームだと思いました」(南田)

「ゲームで電車に乗る予習をしてから実際に度に出るという楽しみかたができそう。鉄道好きには車両が好き、駅が好き、駅員が好きなどいろいろいますが、鉄道愛に溢れるすべての人に楽しんでもらえますね」(中川)

「気軽に手軽に全国を電車で回れるので、ライトな鉄道ファンの方にもぜひ遊んでいただければと思います」(藤井)

なお、今回のイベントに併せて、中川礼二と南田裕介の囲み取材も実施。そちらの模様は追ってお届けするぞ。

完乗!全国鉄道の旅

メーカー
カプコン
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第5世代)、iPad (3rd generation)、iPad Wi-Fi + 4G、iPad (4th generation)、iPad Wi-Fi + Cellular (4th generation)、iPad mini、およびiPad mini Wi-Fi + Cellular に対応。 iOS 5.1 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧