1. サイトTOP>
  2. 発表会直前! 新型iPhoneの気になるウワサまとめ

発表会直前! 新型iPhoneの気になるウワサまとめ

2013-09-09 21:09 投稿

Apple発表会間近! iPhoneの噂まとめてみました

NTTドコモからリリースされるという情報を筆頭に、「これでもか!」というくらいさまざまな憶測が飛び交う次期iPhoneの噂。9月10日(日本時間、9月11日午前2時)に発表会も控えていることだし、ここは次期iPhoneのスペックの話を中心に噂を整理して、その情報をまとめていこうと思う。なお、すべてネット上に流れる噂であるため、情報の信憑性を保証するものではない。

[関連記事]
※指紋認証、A7などiPhone 5s、iPhone 5cの気になる情報まとめ【追記】
※ドコモから新型iPhone登場 iPhone 5s/5cが9月20日発売決定

噂その1:金色のiPhoneが出る!?

世界各国のフォーラムを確認してみても、新型iPhoneの端末サイズはiPhone 5と変わらないという見方で安定しているようだ。しかし、端末のカラーバリエーションが増えるという噂は、どのフォーラムでも見受けられる。気になるそのカラーバリエーションは、“ブラック&ストレート”、“ホワイト&シャンパンゴールド”、“ブラック&グラファイト”の3パアーン。なお、ディスプレイに関してもiPhone 5のものと同じであるという見方で安定している。

噂その2:新型iPhoneはとにかく速いらしい!?

「ただの色違いiPhone 5じゃねぇかよ」という声が聞こえてきそうな、若干盛り上がりに欠ける話題からスタートしてしまったが、気になる情報もある。それがこのプロセッサーに関して。海外のApple専門ブログサイトによると、新型iPhoneはApple A7チップを搭載しているらしい。A7チップは、iPhone 5に搭載されているA6チップと同じくデュアルコア編成ではあるが、64bit処理に対応することで32%もの高速化を実現しているという。

「64bit対応のプロセッサーでそんなに変わるの?」という声も聞こえてきそうなので、従来の32bitのみ対応のプロセッサーと何がどう違っているのかを簡単に説明しておこう。一言で述べると、64bit版と32bit版では、一度に扱える情報量に差があるのだ。無論、64bit版のほうが多い。だから早い。そんな感じ。

しかし、プロセッサーが64bitに対応したからといって、iOSが64bitの処理に対応していなければ意味をなさない。ということは、この情報が正しければ、iOS7はiPhone 5以前の端末をサポートする32bit版と、新型iPhoneをサポートする64bit版の2種類が登場することになる……。PCに詳しい人ならお気づきかもしれないが、これは結構難しい状況を生む可能性がある。そう、ソフトウェア(アプリ)によっては、64bitでの動作がサポートされない可能性があるのだ。うーん、どうなるんだろう? まったくわからない!

噂その3:指紋認証が付くらしい!?

大きな変更であるにも関わらず、意外と盛り上がりを見せないこの話題。それもそうか、日本ではガラケー時代からある技術だ。とにかく、その技術をiPhoneも導入するのではないかという情報が流れてきている。噂によると指紋認証センサーは、ホームボタンに付随する形で搭載されるという。また、別の噂によれば、指紋認証センサーの搭載により、ホームボタンの「□」マークが「◇」マークに変化するという話もある。技術的な知識がないのでなんとも言えないが、センサーの有無により、マークを変える理由があるのか? 気分的な問題なんじゃないの? そこんとこどうなの? 教えてエライ人!

噂その4:カメラは800万画素らしい!?

カメラ機能に関しては「800万画素だろう」、「いや1200万画素だ」と、さまざまな憶測が飛び交っている。しかし、先月流出した廉価版iPhone(詳細は後述)の取扱い説明書によると、廉価版iPhoneはリアカメラが800万画素、フロントカメラが120万画素であるという記載がされていたようだ。さらに、世界各国の工場からiPhone用と思われる1200万画素カメラの製造がされていないという、これまた根拠のない噂により、「リアカメラは800万画素になる」という噂のほうが優勢気味。

また、カメラ関連の技術として、アップルが動画撮影時にリア/フロントカメラを自動で切り替える特許を申請しているという噂も立っている。これは、フロントカメラから使用者の動きを分析し、使用するカメラがフロントなのか、リアなのかを適切に判断し、切り替えを行う技術だそうだ。

噂その5:おサイフケータイに対応するらしい!?

ここにきてまさかの新展開。9月7日、アップルがNFC(近距離無線通信)と指紋認証スキャナを一体化させたシステムの特許をEUに出願しているという情報が流れた。これにより、iPhoneにNFC、いわゆるおサイフケータイ機能が追加されるのではないかという話題が海外でフォーラムで再沸騰している。同フォーラムのネットユーザーの意見には「iPhoneがNFCを搭載しなかったのは、指紋認証というセキュリティが確立されていなかったからか」という声も上がっており、iPhone 5SのNFC搭載に対する期待が高まりつつある。

しかしその一方で「企業が特許を出願するだけしておいて、まったく利用しないなんていうことはよくあること」や「iPhone 5Sじゃなくてその次とかに搭載されるんじゃないの?」という新型iPhoneには搭載されないのではないかという声も多くみられる。

噂その6:発売はすぐらしい!?

北米でiPhoneを発売しているキャリア、ベライゾンとAT&Tが社員に対し、9月20日~9月22日までの休暇取得を制限しているという情報が流れている。ここから、新型iPhoneのリリースは、9月20日になるという見通しが有力視されている。ちなみに、iOS7のリリース日は、9月10日の発表会当日(日本時間、9月11日午前2時以降)が濃厚であると予測されている。

これまで、日本での発売日は北米に倣っているところから、日本国内でも9月20日に発売が開始される可能性が高い。というか、期待したい。

噂その7:今度こそドコモからiPhoneが出る!?

ここまで具体性のあるリーク情報が続くというのは、異常とも言える。これまで新型iPhoneが出ると噂されるたびに、「ドコモからもiPhoneが出る!」という噂は立っていたが、今回の情報量はその比にならない。今度こそは!

噂その8:廉価版iPhoneはポリカーボネートボディらしい!?

巷では、iPhone 5Cという名で呼ばれる廉価版iPhone。廉価版自体が本当にでるのかはさておき、従来のアルミボディから一新され、ポリカーボネートをボディ素材として利用するという噂が立ち上っている。また、廉価版という位置付けから、ストレージ容量は16GBモデルのみになるという予想も。そのほかの仕様は、すべてiPhone 5と同等となるという見方が強いようだ。価格に関しては、500ドル未満という声が主流であり、iPhone 5から200ドルほど安くなると予想される。

以上が、新型iPhoneに関する噂。このほかにもいろいろと噂が立っているが、それらの真相も9月10日(日本時間、9月11日午前2時)のApple発表会で明らかになる。ファミ通Appでも、発表会の模様をお届けする予定なので、お見逃しなく!

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧