1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第222回『史上最大の一斉ガチャ!(その1)』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第222回『史上最大の一斉ガチャ!(その1)』

2013-09-02 14:33 投稿

『パズドラ』攻略&大塚角満のブログはファミ通App
iPhone版はこちら →Android版はこちら

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』攻略ページ

史上最大の一斉ガチャ!(その1)

ネタの時系列がおかしくなるのは承知で、鮮度がイノチのものから書いていくことにする。取り急ぎ、直近で書かなければならないのは週末のゴッドフェスのことだな。

今回のゴッドフェス、事前の盛り上がりが凄まじかった。発表された日本神話をモチーフにした神タイプ“新和神シリーズ”の人気が高くて、俺のまわりでも「今回は回す!!」「コンプリートするまで魔法石をぶっこむ!!」と鼻息が荒くなっているヤツが多かった。そして、期待度の高さゆえか恐怖のフライングゴッドフェス(ゴッドフェスの開催日時を勘違いして1日前にレアガチャを回しまくってしまう心霊現象)を独自開催してしまうパズドラーが続出し、アチコチから「わぁ! まだ始まってなかった!!」「ゴーレムばっか出ると思ったらフライングだった!」(フライングじゃなくても基本ゴーレムだけどな!)なんていう断末魔の声が聞こえてきた。

今回は俺も、満を持してレアガチャを回すつもりだった。先日のダイジェスト記事でも書いたが、無事にログイン日数500日の節目を迎えたことで魔法石10個のプレゼントをもらい、コツコツ貯めていたモノと合わせて17個もの原資を持っていたからな。しかも、木属性のクシナダヒメのリーダースキル“撫子の想い”がじつに魅力的(3コンボ以上で攻撃力が上がり最大で10倍になる)だったこともあり、俺は「クシナダヒメは俺のモノ!! プラントアーミーズ復権のカギは彼女が握っているっ!!!」と怪気炎を上げていたのでした。

で。

ここでちょっと、ヤヤコシイ説明をしなければならない。

詳細はこれからじっくり書くつもりなのだが、じつは俺、中目黒目黒らファミ通のパズドラ担当(?)の4名は、ガンホーが社をあげて参加している“浅草サンバカーニバル”にダンサーの一員として参加させてもらっていた。1ヵ月ほど前から合同練習に混ざってサンバのステップを学び、夜な夜な会社の会議室でコソ練したりして、7分強の振り付けをどうにかこうにか覚え込んだのだ。その成果を発表する浅草サンバカーニバルの本番が、ゴッドフェスと同日の8月31日だったのである。

そんでだ。

話は飛んでカーニバルの直前。ダンサーの待機所(かっこいいな)で山本大介プロデューサーと話していたとき、俺はフト思いついてこんな提案をしてみた。

「山本さん、カーニバル終了後の打ち上げとゴッドフェスの開催が、ほぼ同時刻ですよ。……せっかくなので、打ち上げ会場にいる人たちで一斉ガチャやりません?w」

すると、おもしろそうなことには目がない山本さん、一気に破顔してこう応じてくれた。

「うおお! いいですねそれ! ぜひみんなに呼びかけちゃいましょうよ!」

こうして、“史上最大の一斉ガチャ”への布石が打たれたのであった。

2時間後。無事に浅草サンバカーニバルでの出番は終了した。気温36度、体感温度40度オーバーという酷暑の中で40分以上も踊り続けるのはキツいなんてもんじゃなかったが、その充実感は筆舌に尽くしがたいものがあった。ヘタなりに一生懸命練習してきたからこその感動に身を震わせ、俺は仲間たちと何度も何度もハイタッチを交わしながら打ち上げ会場へとやってきたのである。

そして、乾杯。俺はこのときの、カラカラの喉に流し込んだビールの味を一生忘れないと思う。

打ち上げ会場には、ざっと200人以上の関係者がいただろうか。すべての人が笑顔を浮かべ、ともに汗を流し合った仲間たちと談笑している。そんな中で、山本プロデューサーがマイクを手にしてこんなことを叫んだ。

「みなさ~ん!! パズドラのプロデューサーの山本です! じつはいまちょうど、パズドラでゴッドフェスが始まりました! そこでこの方から、粋な提案があります! ……大塚角満さん、よろしくお願いします!!」

マイクを手渡された俺、200人の注目を集めながら宣言した。

「ファミ通の大塚角満です! じつは皆さんにお願いがあります! ……いまここで、いっしょにレアガチャを回しませんか!? 史上最大の一斉ガチャをやってみたいんです!!><」

すると会場から「おおおおお!!w」という笑い混じりの怒号が響き、賛同者と思しき人たちが一斉にスマホを天に突き上げた。

もう、壮観なんてもんじゃなかった。気をよくした俺、さらに声を張り上げる。

「ありがとうございます!! では、いっせーの、せ……じゃないな。“ガンホー、アミーゴ!”の掛け声で回しましょう!!」

この“ガンホーアミーゴ!というセリフは、我々ダンスチーム(ガンホーアミーゴスという名称でした)の合言葉だ。練習で辛いときも、ステップが覚えられなくて呆然としたときも、「ガンホーアミーゴだオラァ!!」の気合で乗り越えてきたのである。この魔法の言葉に乗せてゴッドフェスにチャレンジできるなんて……。もうクシナダヒメを引いたも同然ではないか。

そしていよいよ、史上最大規模であろう200人による一斉ガチャが始まるのだが……!?

長くなったので続きは次回! ……なるべく最速で書きます!

大塚角満Twitterアカウント→@otsuka_kadoman

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

【ファミ通Appアプリ配信中】
iPhone版はこちら →Android版はこちら


パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧