1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『Clash of Clans(クラクラ)』人を攻め、そして攻められる

【注目アプリレビュー】『Clash of Clans(クラクラ)』人を攻め、そして攻められる

2013-07-23 11:36 投稿

▲攻略まとめページはこちら!

 

●人を攻め、そして攻められる

『クラッシュ・オブ・クラン』のプレイを始めてからの最初の1週間は、ただ村を大きくしたいがために投資とゴブリン村への襲撃(他のプレイヤーの村、ではない)をくり返す、脳筋ながむしゃらプレイだったと思う。我がクランにあった脳ミソは俺と中目黒目黒、身内のHの3つだけだったので戦略の幅は広がらず、収入は金山、エリクサーポンプからの収穫と、ゴブリン村襲撃のいくばくかの報酬のみであった。

しかし、序盤の序盤はそれでいいかもしれないが、このゲームは壁をひと粒作るのも弱っちい大砲を作るにも大量のゴールド(お金)が必要なので、チョボチョボと100円貯金を積み上げるだけでは絶対に行き詰まる。だって、いま俺が取りかかっている壁面紫化計画(紫色の“壁レベル6”で村を覆う作戦)の場合、壁の部品ひとつが75000Gもするのだっ!!! それどころか、壁はいきなりレベル6のものが設置できるわけではなく、文字通りイチから育てなければならない。壁ひとつをレベル6まで育てる建設費は、

レベル1(200G)→レベル2(1000G)→レベル3(5000G)→レベル4(10000G)→レベル5(30000G)→レベル6(75000G)

こんな感じになっていて、合計すると……12万1200Gもかかるのであるっ!!! しかも、タウンホールのレベルが6の場合125個の壁を作れるというから×125すると(当然ながら限界個数作ってあります)、

12万1200G×125個=1515万G

……え、マジで??? そそそそんな、田舎だったら一軒家が建つくらいの大金を、俺は壁に投資してしまったのか……!!!? ……と、ご先祖様に土下座をしたくなるほどの衝撃を受けるお金が村運営には必要になってくるのです。

しかし、話は戻って序盤の序盤。

俺と目黒は社員食堂の一角に“緊急対策本部 村の財政難を考える会”の事務局を設置し、作戦会議を開いた。クランのリーダーである俺が口火を切る。

「クラクラって建物の建設時間もさることながら、お金もめちゃくちゃかかるよな……。たとえば、大砲をレベル6にするためには12時間の時間とともに10万Gが必要だし、タウンホールをレベル5にするときには75万Gも要求されるんだぜ?? ちくしょう、足元見やがって……。そんなに貯まるわけねーだろ……」

ネット上にある攻略情報なんかを見れば、効率のいいお金の稼ぎかた……なんていう記事も転がっているだろう。しかし、なるべく情報を入れず、自分たちの知恵と努力だけで前に進んでいこうとしている俺たち(別の言いかたをすると調べるのがメンドくさい俺たち)が、そんな方法を知るわけもない。

しかしここで、“キチンと考えてゲームを遊ぶのは10年前の『みんGOLオンライン』以来”という中目黒目黒が、「はっ!」とした顔でこう言った。

「大塚さん、わかりましたよ!」

ナンダナンダ! ナニがわかったんだ!!?

昼飯のキャベツ入りメンチカツ定食を頬張りながら目顔で促すと、ニヤリと笑った目黒がこんなことを言ったのだ。

「これ、ゴブリン村にちょっかい出している程度ではダメですよ。マルチプレイでどうにか金持ちの村を探し出して、金とエリクサーだけを目的に襲撃するしかない……!

俺はそれまでマルチプレイにはほとんど手を出さず、比較的平和な日々を送っていた。でもときたま他のプレイヤーに襲撃されてはわずかな蓄えを奪われ、そのたびに「なんなのよ、モウ!!」とにわかオネェ化してひとりで怒っていたのである。そんな、自分がやられてイヤなことを、ほかの人にやらなきゃいけないってことか……?

俺が逡巡していると、目黒がまたまた背中を押してきた。

「ちょっと試しに、俺がやってみますよ。何度か検索をかけて探したところ……この外国のプレイヤーからは、最大でゴールドを80000、エリクサーは10万近く奪えるみたいです。……うりゃ!!」

掛け声とともにその村を襲った目黒の兵士たちは、強奪の限りを尽くした。金で膨らんでいた金庫と、エリクサーでパンパンになっていたタンクにバーバリアンとアーチャーで攻め込み、バチュンバチュンと小気味よく資源を奪ってゆく。しかし、守るほうもさるものでじきに目黒の軍隊は全滅し、画面には“敗北”の文字が刻まれた。しかし、目黒の顔から笑みは消えない

負けましたけど……60000以上のゴールドとエリクサーを持ち帰りましたよ!! これだったら、消滅した兵士の代金を考えても十分に黒字です!! こいつはおいしい!!」

な、なるほど……!! こ、これがクラクラの神髄だったのかっ!!!

我々の村の発展スピードは、飛躍的に向上した。それを目の当たりにしたクランメンバーのHが、「あんたと目黒さんの村、急速に要塞化が進んでない? ……まさか抜け駆けして、課金でもしてんの!?」と懐疑の言葉を投げかけてきたので、人の村を襲撃するメリットと快感を説明する。これにHは、

「えー……。そんな……。人の村を襲うなんて……」

と難色を示していたが、背に腹は代えられずに襲撃を初実践したときにまんまと数万Gをせしめ、このプレイスタイル(ていうか、クラクラの基本)の快感を知る以来積極的に襲撃をくり返し、まもなくタウンホールのレベル7になろうとしているのだから人とは変わるものですね。ただ、襲撃してきた相手に対するカウンターとして“リベンジ”というシステムも用意されているので、あんまり手ひどいことをしていると痛い目に遭うと思うけど(※襲撃する相手はランダムで画面に出てくるので選り好みはできないが、襲撃されたときに限り、相手にリベンジできるのです)。

クラクラの記事、あと何回か書きます!

 


▲我が村の変遷を2点ほど。かなり前のものだけど、他のプレイヤーの村を襲うことを覚えた直後のものだと思われる。

 


▲その数日後。壁のレベルが一気に上がってきた!! しっぺ返しもかなり食らうが、その削り合いが最高に楽しいのだ!

 

▲攻略まとめページはこちら!

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画部編集長代理。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

クラッシュ・オブ・クラン

メーカー
Supercell
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.3 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧