1. サイトTOP>
  2. 【ギャングスター攻略01】ラスベガスでやりたい放題に楽しもうぜ!

【ギャングスター攻略01】ラスベガスでやりたい放題に楽しもうぜ!

2013-06-20 13:30 投稿

●ラスベガスでやりたい放題……する前に!

ついに配信が開始されたゲームロフトのクライムアクション最新作『ギャングスターべガス』。みんなも好き放題やっているのだろうか? この手のゲームは自由度が高すぎて寄り道が止められず、ストーリーそっちのけで遊んでしまうプレイヤーも多いことだろう。今作には40種類のストーリーミッションに加えて、40種類のサイドミッションが用意されているし、寄り道を始めたら正直キリがない。筆者もたまに本筋を忘れてしまうくらいだ。しかし、せっかくなんだから、ストーリーも楽しもうじゃないか! ストーリーミッションにはゲームのチュートリアルが含まれていることもあり、順番にこなしていけば、徐々にべガスでの過ごしかたが身についてくる。ストーリーを制する者がべガスを征すると言っても過言ではない! 本記事ではストーリーミッションを中心に、べガスでのし上がる方法をガイドしていくぞ。

 


▲ここが夢と欲望の街ラスベガス。前作の舞台であるリオデジャネイロとは雰囲気がガラリと変わった。

 

[関連記事]
【動画あり】激ヤバの『ギャングスターべガス』を先行プレイ

 

●堕ちていく主人公。総合格闘家から逃亡者へ!?

[Chapter1-1“DOWN IN THE FOURTH”]
ゲームを始めると最初にプレイすることになるのがこのミッション。主人公の総合格闘家・ジェイソンは、試合真っ只中で、その試合前にギャングのフランクと交わした約束を思い出しているというシーンだ。ここではガイドに従って適当に殴っていれば勝てるので、操作方法を確認しておこう。画面左下のバーチャルスティックでキャラクターを移動させ、画面右下の拳が描かれたボタンで近接攻撃だ。バシバシと続けざまにタップすれば連続攻撃。長押しすれば威力の高い強攻撃をくり出せる。ノックアウトしたら、転落人生の始まりだ!

 


▲適当に流して、わざと負ける。簡単な話だ。それなのに……。

 


▲相手、弱すぎ! 正直、目をつぶっていても勝てる。こうして、追われる身になるのだった。

 

試合後は怒り心頭に発したフランク一味からの逃亡劇が始まる。ジェイソンがベラという人物に助けを求めると、突如謎の美女が現れて、窮地を救ってくれた。彼女の名前はカレン。素性はさておき、運転は彼女に任せて敵を蹴散らせ! ここでは銃撃のチュートリアルがある。狙いをつけたい敵をドラッグして照準を合わせたら、射撃ボタンをタップ! 押しっぱなしにしていれば、続けざまに銃撃できる。ここを突破すればミッション1はクリアーだ。

 


▲追っ手を銃撃で蹴散らしながら逃亡。最後は崖からダイブだ!

 

[Chapter1-2“BUSTING THROUGH”]
ここでは、助けをよこしてくれたベラという人物の激しい性格が描かれる。ただのおばちゃんではなく、大の大人を素手で黙らせるほどの腕っ節もあるようだ。ベラと合流したら警察の追っ手を撒き、ベラのアジトへ逃げ込もう。道順は路上に出現する黄色いガイドに沿って進んでいけばOKだ。

 


▲運転のチュートリアルを兼ねたミッション。[トップメニュー➡OPTION➡操作方法]から好みの操作方法に変更できる。

 

●ギャングデビュー! 初仕事とべガスの人間関係

[Chapter1-3“RUNNER ON THE RUN”]
フランク一味から匿ってもらう代わりに、今後はベラやその仲間の依頼をこなしていくことになる。初仕事はミスターEという人物からの依頼だ。話を聞いてみると、彼の秘薬を取り戻してくれとのこと。ここではダッシュ移動の方法や、障害物を乗り越える方法を学べる。秘薬を持ち逃げしたリトルジョーを追いつめたら、最初のミッションで学んだ格闘術でボコボコにしてやれ! ミッション後にはベラとフランクのライバル関係が明らかになる。ジェイソンは利用されているのかもしれないが、ひとりでフランク一味とやり合うのは避けたい。いまはベラの言う通りにするしかないようだ。

別れた直後にミスターEから電話がかかってきて、レースに出ないかと誘われる。これで新たなストーリーミッションが解放。このときもそうなのだが、複数のストーリーミッションが同時に解放されることもある。どの順番でクリアーしても影響はないようなので、好きなものからやっていこう。

 


▲また強烈なキャラが現れた……。ミスターEと協力してリトルジョーを追いつめろ!

 

[Chapter1-4“THE DROP-OFF”]
ベラからブリーフケースの回収を頼まれる。現場に向かうと数名のギャングとの乱闘になるので、ここでも格闘術でボコボコにしてやろう。囲まれないように移動しながら、ひとりずつ確実に倒すのがポイントだ。最初の一撃だけボタンを長押しして強攻撃し、あとは隙の少ない通常攻撃を連打するといい。

 


▲囲まれると形勢は不利になってしまう。袋だたきされないように、ポジションに気を配れ!

 

●違法なレースと銃撃戦!

[Chapter1-5“START YOUR ENGINES”]
ミスターEから誘いのあったレースのミッション。ジェイソンのマシンは加速性能はともかく小回りが利くので、インコースを攻めて勝利をもぎ取れ! コースは黄色い壁で縁取りされているが、この壁は見た目だけのもの。突っ込むとすり抜けるので、派手にコースアウトしてしまう。コースアウトしてしまったら、ミッションをリスタートしたほうが早い。リスタートするには左上のマップをタップして画面を切り替えて、リスタートをタップだ。

 


▲ミスターEは「ナビに専念する」と言ってくれるが期待するだけ無駄。「ヒャッハー!」とか騒いでいるだけである。最高にハイってヤツかぁ!?

 

[Chapter1-6“NO DEAL”]
このミッションではカレンに取引への同行を頼まれる。現場にはすでにフランクの手が回っており、激しい銃撃戦が展開。ディーラーから借りた強力な銃を使って蹴散らしてやろう。ここでは物陰に隠れる方法のチュートリアルがある。隠れることのできる壁などに近づくと攻撃ボタンの上に隠れるボタンが現れるので、そこをタップすればOKだ。ただ、この戦闘ではカレンにも体力が設定されていて、モタモタしているとやられてしまう。隠れてばかりではなく積極的に攻めていこう。屋根の上から撃ってくる敵が厄介なので、優先的に倒したい。

 


▲車中ではカレンの過去が……語られなかった! そして何故か語り始めるジェイソン。どうしてこうなった?

 


▲画面左にカレンの体力が表示される。カレンがやられる前に敵を殲滅せよ!

 

●破壊や盗みもギャングの仕事!

[Chapter1-7“BLOWING UP THE POLLS”]
このミッションはフランクが懇意にしている政治家の活動を妨害するのが趣旨。政治力を削ぐことがフランクへの間接的な攻撃となるのだ。このミッション中に限りベラから手榴弾が支給される。その数はなんと無限! こいつを使って4つの政治広告をぶっ壊してやろう。ターゲットをドラッグして照準を合わせたら、画面右下の手榴弾ボタンをタップするだけの簡単なお仕事だ。政治広告を取り囲んでいるギャングもまとめて吹き飛ばそう。ただし、騒ぎを聞きつけた警察の介入には要注意。サイレンが聞こえたらほとぼりが冷めるまで現場を離れよう。画面右上のマップにある赤い印がなくなるまで逃げきれば、警戒は解けたことになる。

 


▲破壊対象の位置は赤い菱形で表示されるので、迷う心配はない。

 


▲爆風に巻き込んでギャングたちを一網打尽に! 警察の警戒エリアはマップに赤い円で表示されるので参考にしよう。

 

[Chapter1-8“LIFT A RIDE”]
前回に引き続き、憎きフランクへの嫌がらせ……ではなく、間接的な攻撃をするミッション。フランクが購入したスーパーカーを横取りするという痛快なものだ。現場についたら物陰に身を潜め、撃つ、隠れる、撃つ、隠れるの基本パターンをくり返そう。赤い車が横取りするスーパーカーなので、間違っても壊さないように! クルマを傷つけないために、武器はピストルを使うといい。また、あくまで窃盗が目的なので、敵を殲滅しなくてもクルマを盗むことは可能。おすすめはしないが、ドンパチが苦手なら挑戦してみるのもいいだろう。クルマを盗んだら警察の追っ手が現れるので、まずは振り切ろう。マップに表示されている赤い点がパトカーで、赤い円が警戒エリアだ。事故ったりしなければ、簡単に逃げ切れる。

 


▲今回は敢えてショットガンを使用した。ワイルドだろ~? どうせ人のクルマだ。傷がついても走行できれば問題ない!

 


▲納品するまでがお仕事です! マップを見ながらガレージを目指せ。

 

今回の解説はここまでだ。フランクとベラの因縁、カレンの過去など、いくつかの伏線を残して序盤の物語は動いていった。今後もコツコツとフランクに嫌がらせをしていくのがジェイソンのおもなお仕事。直接手を下せる日はやってくるのか? 乞うご期待!

●ラスベガスの歩き方~フレモントストリート•エクスペリエンス~

このコーナーではベガスライフをより楽しむための情報をお伝えしていくつもりだ。今回はゲーム中にたびたび登場する名所をひとつ紹介したい。

ベラのアジトがあるアーケード街だが、ここはラスベガスに実在するフレモントストリート•エクスペリエンスだろう。実在のこの通りはギャングではなくたくさんの観光客やパフォーマーで賑わっている。天井は発光ダイオードを使った巨大なスクリーンになっていて、1時間おきにさまざまな映像ショーが流れ、人々の目を楽しませてくれる。ゲーム中ではさすがに天井の映像ショーは流れないようだが、やはりスクリーンになっていて、べガスを忠実に再現したいというスタッフの心意気が感じられた。

多くの旅行者がネット上に天井映像ショーの動画をあげているので、興味があるならググってみてほしい。『ギャングスターべガス』を遊び倒したら、そのうちリアルのべガスに飛んで聖地巡礼と洒落込むのもおもしろいだろう。無論、悪事はゲームの中だけにとどめておくように!

では、素敵なべガスライフを……。

 


▲この通り、ゲーム中でも天井はスクリーンになっている。

 

ギャングスターベガス

メーカー
ゲームロフト
配信日
配信中
価格
600円[税込]
対応機種
iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、iPad 2 Wi-Fi、iPad 2 Wi-Fi + 3G、iPad (3rd generation)、iPad Wi-Fi + 4G、iPad (4th generation)、iPad Wi-Fi + Cellular (4th generation)、iPad mini、およびiPad mini Wi-Fi + Cellular に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧