1. サイトTOP>
  2. 『ダビスタ for GREE』最初からつまずいている人はとにかくこれを!

『ダビスタ for GREE』最初からつまずいている人はとにかくこれを!

2013-04-30 15:14 投稿

●序盤における配合のコツを伝授!

競馬雑誌“サラブレ”の編集部がお届けするこのコーナー。前回は基本的な配合理論をお届けしましたが、今回はさらに踏み込んで、同編集者のタッチ藤田と太田ヨウキチが実際の配合のポイントを紹介します。

※競馬情報満載のサラブレモバイルはこちら(スマートフォン、またはフィーチャーフォンでご覧ください)
[スマートフォンはこちら]
[フィーチャーフォンはこちら]

 

★本作へのアクセスはこちら(スマートフォン)
★本作へのアクセスはこちら(フィーチャーフォン)

 

●お金が貯まらず、苦戦している人は思った以上に多い!?

タッチ藤田(以下、藤田):前回は繁殖牝馬セールで「こんな繁殖牝馬を購入するといいよ!」という説明と、簡単な配合理論(インブリード)の紹介をしました。今回はより能力の高い馬の生産を目指して……。

太田ヨウキチ(以下、太田):ちょっと待った!  1頭目のプレゼント馬を5歳くらいまでは走らせて賞金を稼ごう……という内容だったけど、自分の馬は一向に賞金を稼いでくれる気配がないんだけど?

藤田:え、まだまったく賞金が手に入っていないんですか?

太田:1度掲示板に載ったけど、勝利はチュートリアルの新馬戦の1勝のみ。しかも、最近の5レースくらいは10番人気で10着が続いているんだけど。しかも、15戦目で競走中止をしてひどい骨折になっちゃって。怪我が治った頃には年齢的にも能力がさらに衰えてそうだなあ……。

藤田:それは確かに苦しいかも。では、2頭目の馬を生産して、その馬に賞金稼ぎを頑張ってもらうことにしましょう。

太田:それがね、繁殖牝馬もすでに3年目くらいに死んじゃってるんだよね……。

藤田:うわっ、八方塞がりですね。……仕方がありません、「繁殖牝馬セール」で新しい繁殖牝馬を手に入れて牧場の再建を図りましょう。

太田:新しい繁殖牝馬といっても、資金がほとんど無いんだよ?

藤田:大丈夫! 「繁殖牝馬セール」には無料(0DD)の繁殖牝馬も上場されているので、それを手に入れれば良いんです。早速、マイ牧場の「繁殖牝馬セール」のボタンを押してみてください。ちなみに、「繁殖牝馬セール」は1年中開催されているので、好きな時に行って大丈夫です。

太田:なるほど、じゃあ早速行ってみよう。

 ▲「繁殖牝馬セール」は1年中開催されている。無料で手に入る繁殖牝馬もいるので覗いてみよう。

 

●繁殖牝馬選びの方法は、やっぱり血統に注目!

太田:「繁殖牝馬一覧」を見てみると、確かに「トイキーボー」という0DDの繁殖牝馬がいたよ。

藤田:では、その馬を選んで「血統表詳細」を見てみましょう。前回にも説明したとおり、繁殖牝馬選びでは血統表に[速]の文字が入っている馬を選ぶのがポイントです。種牡馬と繁殖牝馬の両方の血統表に、同じ祖先馬がいればインブリードが成立して、その祖先馬の特長が仔馬に伝わりやすくなります。[速]の血をインブリードさせて、「速力」の高い仔馬を生産することが狙いです。

太田:トイキーボーの血統を見ると、パーソロン[速][底]、Milesian[速][堅]、スノッブ[速][難]があるね。

藤田:確かにありますね。ですが、配合相手になる種牡馬に、これら(パーソロン、Milesian、スノッブ)の血を持っている馬があまり多くないので、ちょっとオススメしづらいですね……。1月1週になると「繁殖牝馬セール」の上場馬が入れ替わるので、トイキーボーは見送って、牧場の時間を進めてみましょう。

太田:了解~。「翌月へ」ボタンを押して、と……。よし、1月1週になったので、もう1度「繁殖牝馬セール」に行って繁殖牝馬をチェック! おや、今度はリーガルジニアスという繁殖牝馬がいたよ。

藤田:血統表詳細を見せて下さい。おお、リーガルジニアスはNearco[速][底]、Native Dancer[速][底]、My Babu[速]、Raja Baba[速][ダ]、Bold Ruler[速][ダ]と、いろんな血を持っていますね。これなら多くの種牡馬と[速]のインブリードを作ることができそうなので、この馬を手に入れることにしましょう!

太田:じゃあ「購入」っと。無料で繁殖牝馬が手に入るのって嬉しいね。4月まで時間を進めて、種牡馬選びをしよう!

藤田:種牡馬選びですが、チュートリアルの新馬戦をひとつ勝っているから、資金は500万円ほどはあると思います。不受胎もあるかもしれないので、最低2回は種付けできるように、種付け料300万円以下のなかからオススメを挙げてみますね。ついでに、それぞれの「血統表詳細」で[速]マークの付いている祖先馬を列挙しておくので、コラム読者の皆さんも自分の繁殖牝馬の血統と照らしあわせて、どの種牡馬との配合で[速]のインブリードが発生するかチェックしてみましょう!

 ▲これがリーガルジニアスの血統表詳細。[速]のマークに注目しよう。

 

★序盤のオススメ種牡馬リスト(300万DD以下)

300万DD
マーベラスサンデー
距離:1400~2000m
ダート◎ 実績B 安定B
サンデーサイレンス[速][底]
Turn-to[速][上]
Nearctic[速]
Tom Fool[速]
Native Dancer[速][底]
ファルブラヴ
距離:1200~2000m
ダート△ 実績B 安定A
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]
デヒア
距離:1200~1800m
ダート○ 実績B 安定A
Nearctic[速]
Secretariat[速][難]
Bold Ruler[速][ダ]
ロドリゴデトリアーノ
距離:1600~2200m
ダート△ 実績B 安定A
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]
Buckpasser[速][ダ]
Tom Fool[速]
Sir Gaylord[速][底]
 アジュディケーティング
距離:1200~1800m
ダート◎ 実績B 安定A
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]
Crafty Admiral[速]
Bold Ruler[速][ダ]

 

250万DD
 トウカイテイオー
距離:1600~2200m
ダート△ 実績B 安定B
パーソロン[速][底]
Milesian[速][堅]
MyBabu[速]
Palestine[速]
Nearctic[速]
 ファスリエフ
距離:1200~1800m
ダート○ 実績B 安定B
Nureyev[速]
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]×2
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]
Nashua[速]
Never Bend[速][ダ]
 トワイニング
距離:1400~1800m
ダート◎ 実績B 安定A
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Nashua[速]
Never Bend[速][ダ]
Nearctic[速]
 スキャン
距離:1400~1800m
ダート◎ 実績B 安定A
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Nashua[速]
Nearctic[速]
マイネルラヴ
距離:1200~1600m
ダート△ 実績B 安定A
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Nashua[速]
Buckpasser[速][ダ]
Tom Fool[速]
Lyphard[速]
Secretariat[速][難]
Bold Ruler[速][ダ]
キンググローリアス
距離:1200~2000m
ダート◎ 実績B 安定A
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Nashua[速]
Bold Ruler[速][ダ]
Tom Fool[速]×2
 リンドシェーバー
距離:1400~1800m
ダート◎ 実績B 安定B
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
ティンバーカントリー
距離:1600~2000m
ダート◎ 実績B 安定A
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Nashua[速]
Buckpasser[速][ダ]
Tom Fool[速]
Hyperion[速][底]
バブルガムフェロー
距離:1600~2200m
ダート◎ 実績B 安定A
サンデーサイレンス[速][底]
Turn-to[速][丈]
Lyphard[速]
Nearctic[速]

 

200万DD
 シャーディー
距離:1400~1800m
ダート○ 実績B 安定A
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]
Crafty Admiral[速]
Hoist the Flag[速]
カコイーシーズ
距離:1600~2200m
ダート○ 実績B 安定B
Raise a Native[速]
Native Dancer[速][底]
Tom Fool[速]
Eight Thirty[速]
Nearco[速][底]
スウェプトオーヴァーボード
距離:1200~1600m
ダート◎ 実績B 安定A
Mr.Prospector[速][底]
Raise a Native[速]

 

150万DD
 エイシンサンディ
距離:1600~1800m
ダート◎ 実績B 安定A
サンデーサイレンス[速][底]
Turn-to[速][丈]
Nearctic[速]
 パラダイスクリーク
距離:1800~2200m
ダート○ 実績B 安定B
Never Bend[速][ダ]
Klarion[速]
Nearctic[速]

 

 120万DD
 ウイニングチケット
距離:1600~2200m
ダート○ 実績B 安定B
ゼダーン[速]
Hyperion[速][底]
Buckpasser[速][ダ]

 

100万DD
 アグネスワールド
距離:1000~1600m
ダート○ 実績B 安定A
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]
Crafty Admiral[速]
Lyphard[速]
 ゼンノエルシド
距離:1400~1800m
ダート○ 実績B 安定B
Nearctic[速]
Tuder Melody[速][難]
 ブラックホーク
距離:1200~2000m
ダート○ 実績B 安定A
Nureyev[速]
Nearctic[速]
Nearco[速][底]
Native Dancer[速][底]
Bold Ruler[速][ダ]
ミラクルアドマイヤ
距離1200~1800m
ダート△ 実績B 安定A
ゼダーン[速]
Hyperion[速][底]
Nearctic[速]

藤田:プレイヤーごとに種付けできる種牡馬が違っている場合があるので、オススメでピックアップする馬が多くなっちゃいました。見るのが大変になっちゃってゴメンナサイ。

太田:うん、上で挙げてもらった種牡馬のうち、確かに俺の牧場では種付けできない種牡馬もたくさんいるね。種付けできる種牡馬を増やすには、「新種牡馬導入」が必要になるんだね。

藤田:そういうことです。上で挙げた種牡馬は[速]の祖先馬を持っているということに加えて、“距離適性が短め”で“安定と実績のパラメータがAかB”というのも選んだポイントになっています。

太田:種牡馬の距離適性って短いほうが良いの?

藤田:種牡馬の距離適性が短いほうが、仔馬にスピードが付きやすい傾向を感じるんですよ。そして、安定と実績がAやBの方が誕生する仔馬の能力の平均が高めに感じるんですよね。それに対して、安定Cはまれにズバ抜けた能力の馬が出ることがありますが、平均的にはやや能力が劣る場合が多い。だから、とりあえずの資金稼ぎには短距離型で安定と実績がAやBの種牡馬を選ぶようにしましょう。もちろん、ゆくゆくは長距離G1の制覇を目指す時期も来ると思うので、そういう時は長距離対応の種牡馬を使うことになります。

太田:その他に、序盤の種牡馬選びで意識した方が良いことってある?

藤田:できればダート◎の種牡馬を使うのが良いですね。芝よりもダートのレースの方が、多少スピード能力が劣っていても掲示板に載りやすい気がします。あとは、できれば健康のパラメータがAかBの種牡馬が良いです。丈夫でたくさんレースに出ることができた方が、当然それだけ可能性は増えるわけですから。

太田:なるほどね。じゃあ、リーガルジニアスに種付けする種牡馬はどれにしようかな。Nearco、Native Dancer、My Babu、Raja Baba、Bold Rulerのどれかを持っている種牡馬で……、よし、アジュディケーティングにしよう!

藤田:おお、良い種牡馬を選びましたね。アジュディケーティング×リーガルジニアスの配合だと、Nearco[速][底]とNative Dancer[速][底]とBold Ruler[速][ダ]の3つのインブリードが発生します。インブリードの種類でいえば、[速]が3つに[底]が2つに、[ダ]がひとつ。つまり、速力がかなり産駒に伝わりやすくて、勝負根性も期待できます。さらに、アジュディケーティングはもともとダート適性が◎の種牡馬ですが、そのうえさらに[ダ]のインブリードがあることでダートが得意な産駒の誕生も期待できます。

太田:なるほど、良さそうだね! では早速……種付け完了っと!

 ▲アジュディケーティングの「血統表詳細」画面。祖先馬の名前の左側に★印がついているのがインブリードの発生している血だ。

【そしてアジュディケーティング×リーガルジニアス産駒の成績やいかに!?】

翌年に誕生した牝の仔馬は「アラタナイッポ」と名付けられ、その2年後に競走馬としてデビューした。新馬戦は10番人気の最下位と惨敗したが、2戦目の2歳未勝利では4番人気の6着。4戦目の2歳未勝利で2番人気2着となって初めて賞金をゲットすると、7戦目の3歳未勝利でついに1番人気1着に!
その後もコツコツとレースに出走し、たま~に掲示板に載って賞金を咥えてきてくれた。結局、アラタナイッポ号は6歳一杯で引退することになったが、通算成績は28戦4勝、獲得した総賞金はなんと6771万円という頑張りを見せてくれたのだった。

 ▲無料の繁殖牝馬からでも、配合次第によってはここまで稼いでくれる馬も誕生する!

藤田:というわけで、序盤でつまづいてもリカバリーは可能! というか、むしろ最初につまづいた方が、早いうちから血統を考えながら配合をする訓練ができるので、ゆくゆくは上手なプレイヤーになる気がします。

太田:前向きな考え方だね(笑)。んじゃ、そのうちキミよりも俺の方が上手なプレイヤーになるということだね!

藤田:それは……さすがに負けませんよ?(笑) ってわけで、今回の記事を参考に、序盤の資金稼ぎを頑張って乗り切ってください!

■ただいまサービスインキャンペーン実施中!
サービスインを記念して、2013年4月15日~2013年5月末の間に利用開始し、
チュートリアルを完了した日から10日間、レース出走に必要なアイテム【出馬投票券】を
無料で使えるオープンキャンペーンを実施中。この機会にさっそく始めてみよう!

★本作へのアクセスはこちら(スマートフォン)
★本作へのアクセスはこちら(フィーチャーフォン)

ダビスタ for GREE

メーカー
エンターブレイン
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金制)
対応機種
【スマートフォン】iOS:iOS 4.3以上(5.0以上推奨)、Android OS:2.2以上(2.3以上推奨)【フィーチャーフォン】docomo:flash 対応機、au:WIN flash 対応機、softbank:3G flash 対応機 ※一部非対応の機種があります。
備考
※ゲームを遊ぶにはGREEへの会員登録が必要です。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧