1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】アクションあり、ガチャありの新感覚タワーディフェンスとは!?『ガチャウォリアーズ』

【注目アプリレビュー】アクションあり、ガチャありの新感覚タワーディフェンスとは!?『ガチャウォリアーズ』

2013-03-26 12:00 投稿

●新感覚タワーディフェンスとは一体?マーケットを巡っていたところ、新感覚タワーディフェンスという謳い文句のゲームを発見。リリース10日でAppstore1位を獲得し、10万ダウンロードを突破したらしい。メーカーはワンオブゼムという会社。どうやら新進気鋭のメーカーのようだ。とにかく、タワーディフェンス狂の私としては、これはプレイせねばならんということで、早速プレイ! 何がどう新感覚なのか、しっかり確かめてみたぞ。

●基本的なルール&序盤の戦略を紹介

ゲームシステム自体は、ベルトスクロールタイプのタワーディフェンス(以下、TD)。簡単に説明すると、右から攻めてくるゾンビの群れから本陣を守るために、左側にユニットを配置し、状況に応じて動かしながら敵を倒していくという内容だ。では、どこが新感覚なのかというと、ガチャ(スカウト)で手に入れたユニットを強化しながら使っていくというところ。また、ユニットを配置後も移動させられるという要素が含まれているため、通常のTDはやり尽くしたという人でも、新鮮な感覚で楽しめるはず。難易度が高い作品が多いTDの中では、初心者でも比較的遊びやすく、手軽に楽しみたい人などにもオススメだ。

▲とにかく個性豊かなユニットが多数登場。自分だけのチームでゾンビどもを叩き切れ!

ゲーム内容がわかったところで、つぎはちょっとしたプレイのコツを解説していこう。目的は、敵を自陣に攻め込ませないということなので、とにかく専守防衛がキモになってくる。攻撃は最大の防御と、どんどんユニットを前進させていくのもいいが、これは消耗戦になりがちなので、自分のデッキ内にかなりたくさんのユニットを保持しないとキツイ。そのため、序盤はあまりオススメはできない。まずは、すべてのラインを塞ぐようにユニットを配置し、敵を少しずつでも確実に倒していくのがコツ。また、強いユニットを前列中央に配置し、敵の侵攻に合わせて上下に動かしながら戦うというのも序盤では有効な戦術だ。この場合、後列には遠距離攻撃ができるユニットを配置しておくと、さらに効果的。

▲グリッドは表示されていないが、敵は決められたラインを上下しながら進行してくる。

●個性的なユニットが120種類

ゲームの大まかな説明を終えたところで、つぎはそのほかの魅力に迫ってみよう。まず目に付くのが個性的なイラスト。タギングを彷彿とさせる、ポップ でシャープなイラストが個人的にかなりツボ! そのタッチで描かれたキャラクターの数も120種類と豊富なので、ユニットが増えてきたら、さまざまな編成 で楽しめることだろう。

▲オープニングムービーもパンクでイカす! この絵柄が好きな人には、たまらないカットだ。

▲悪の博士。バトル中も画面をウロウロ動き回り、ゾンビを投げつけてくることも。終いには両手のクスリをグビっと飲んでボスに大変身する。

▲ボスに変身した姿はステージごとに異なる。どんなモンスターに変身しようとも我がチームの敵ではないのだ!

 

ユニットにはステータスをはじめ、攻撃方法、必殺技がそれぞれ用意されており、タワーディフェンスとしては要素が豊富。ユニットの総数は全部で120種類にも及ぶため、何を自分のお気に入りとして運用するかがカギになりそうだ。遠距離攻撃ができるものを後衛に置いてみたり、上のラインに攻撃できるものを最下段に置いてみたりと、配置ひとつをとっても工夫が求められるようになっている。必殺技にも、全ラインに及ぶ攻撃をしかけるものや、敵を吹き飛ばすものなど、個性が際立つ。デッキに組み込めるユニットは、全5体と少なめなので、この攻撃方法や必殺技などを吟味して、デッキ構成やユニットの配置を決めるといい。また、同じ種類のユニットであれば、複数体を1つとカウントしてデッキに組み込めるので、たくさん持っているユニットをデッキに組み込み、物量作戦で挑むというのもひとつの手。

▲ビリビリと光っているのは必殺技が発動可能になった合図。時間経過で何度でも使えるので、出し惜しみせずにガンガン攻めよう!

▲ユニットのイラストもクール!

また、ユニットには育成要素もある。ステージクリアー時にもらえる”士気”というポイントを使用することで、ユニットのレベルを上げ、体力や攻撃力などのステータスを増強できるというシステムだ。そして、ユニットをレベル上限まで強化したら、今度はさらに強くなる”進化”というシステムが使えるようになる。”進化”は複数回使えることもあるので、「このユニットは弱い」と決めつけるのは時期尚早。なにせ、”進化”を繰り返すことで、ドンドン強くなる可能性があるのだから! 言い方を変えてみれば、どんなユニットでも主力になる可能性を秘めている(?)ということ。新しいユニットを手に入れたら、まずは強化をしてみるといいかもしれない。この、未来が感じられる強化・進化要素には、ワクワクさせられるはず!

▲ユニットは、ステージのクリアー報酬としてもらえることもある。ゲットできれば万々歳だ!

▲進化には、”士気”のほかに素材となるユニットが必要。進化の回数を重ねるごとに、必要素材は多くなるぞ。

●無料でも十分遊べる内容

本作は、ユニット育成やチーム編成の楽しさを味わえるいっぽうで、実際に取れる戦略の幅は広くない。専守防衛というルール上、どんなステージでも前衛に体力が高いユニットを配置し、後衛に遠距離攻撃ができるユニットを配置するという形を基本とした戦略に偏ってしまいがちだ。これは、初心者にとってはとっつきやすい反面、TD系を遊び込んでいるユーザーにとっては物足りなさが残るかもしれない。ただ、ステージクリアー型で1プレイが短時間で終わり、かつユニット数の多さも伴ってそこまでマンネリに感じることはないはず。無課金でも十分遊べる内容なので、今後のアップデートに期待しつつ、まずは遊んでみてほしい。

▲すぐに目につく大きい敵がボスだ。ボスはザコ敵に比べて移動速度が速く、スススッと素早くラインを変えながら攻めてくる。一気に詰め寄られたときは軽いパニック状態に。

 

 

 

Gotcha Warriors(ガチャウォリアーズ)

メーカー
ワンオブゼム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Phone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 5.0 以降が必要 iPhone 5 用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧