1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 突撃ドラリーX部!>
  4. 【ドラリーX部】第1回 『突撃ドラリーX部創部!』(女尻笠井篇)

【ドラリーX部】第1回 『突撃ドラリーX部創部!』(女尻笠井篇)

2013-02-15 18:22 投稿

[関連記事]
※『ドラゴンリーグX』公式サイトはこちら
※過去の『ドラゴンリーグX』関連記事はこちら

●体力回復の合間にでもお付き合いください~

ファミ通App読者の皆さん、初めまして。新たにファミ通Appでブログを書くことになった女尻笠井です。卑猥なペンネームについてはおいおい触れるとして、僕は最近、ここ数年いやゲーム人生で3本の指に入るほど、1本のゲームにハマっている。

そのタイトルこそ、アソビズムのiPhoneアプリ『ドラゴンリーグX』

1日4回ある試合はたとえ打ち合わせ中でも(こっそりだったり堂々とだったり)プレイし、1日のほとんどを経験値やキーン(ゲーム内のお金)稼ぎに費やし、電波が不安定だと試合に負ける可能性があるのでわざわざ地下鉄を途中下車し、カミさんから「そんなにiPhoneばっかイジってるなら手にくっつけるよ!」と脅され……。このゲームが配信されてからの約3ヶ月半、モチベーションは下がるどころか、日々増すばかり。

「そんなの、ファミ通の編集者だったら当たり前じゃん」なんて思われるかもしれないが、さにあらず。こう見えて(どう見えるもこう見えるもないと思いますが)、僕はコアゲーマーではありません(キッパリ)。もちろん、仕事柄、新作ゲームやお気に入りタイトルをプレイしていますが、仕事以外では通勤時にパズルゲームを遊んだり、土日にちょこちょこ家庭用ゲームを遊だりするくらい。

そんな僕をすっかり虜にしたのが、『ドラゴンリーグX』

『ドラゴンリーグX』は、もともとGREEでサービスが始まったフィーチャーフォン向けソーシャルゲーム『ドラゴンリーグ』をベースに、グラフィックやシステム面、インターフェースなどをiPhone向けに改良したもの。1日4試合最大20人対20人のリアルタイム対戦が売りで、ほかのチームと順位を競い合う“ドラゴンリーグ”で優勝を目指すというのが、ザックリとした特徴だ(もっと詳しいゲーム内容はこちら → ※参考記事その1その2)。

これだけ読むと、シンプルな対戦ゲームに思うかもしれない(それもまたゲームを始める敷居が低いという点でこのゲームの魅力ではある)が、ほかのユーザーや仲間とのコミュニケーション、試合運び、武具の強化、経験値の稼ぎかたなどが、複合的に絡み合い、やり込めばやり込むほど、懐の深さを痛感させられるゲームになっている。

たとえば、試合で勝つためには武具を強化して、自分の戦闘力を上げなければならなく、戦闘力を上げるために必要な武具を手に入れるためには、フィールド探索で宝箱を手に入れなければならない。手に入れた武具を強化するためにはキーンが必要でキーンを稼ぐためにはフィールド探索するか武具を売らなければならない。

これはほんの一例でしかなく、そのほかにもたーくさんの要素が絡み合っている。本来なら、「ここでバシッと攻略を!」と言いたいところですが、僕も日々勉強しながら遊んでいる“ユルドラリー”なので、ブログという形で読者の皆さんといっしょに『ドラゴンリーグX』を楽しみたいなと思っています。というわけで、僕だけでなく、初心者“ドラリー”の百人乗っても稲葉、ライターのバロンマサールというメンバーで“突撃ドラリーX部!~明日に向かって大投石~”をスタートさせようと思います。ブログ中心時々攻略的な感じで進めますので、皆さんよろしくお願いいたします~!

※本日2月15日は第4回ドラゴンリーグ最終日。皆さん、1試合1試合に一喜一憂しているんじゃないでしょうか? 現在僕は某リーグS級2位。1位との勝ち点は1! 残す試合は1試合。直接対決ではないので、相手の負け&自分たちの勝利以外に優勝の可能性はありません。その結果は後日!

ドラゴンリーグX

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone4 以降(iPhone4S、5 推奨)

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧