1. サイトTOP>
  2. 【注目アプリレビュー】『エピックレイダース』秋の夜長にピッタリのやり込みゲー

【注目アプリレビュー】『エピックレイダース』秋の夜長にピッタリのやり込みゲー

2012-10-25 20:39 投稿

●いいとこ取りでいいじゃんか! 『エピックレイダース』を自信持ってベタ褒めする

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【注目アプリレビュー】協力プレイ最高!! の『エターニティーウォーリアー2』で大騒ぎ

※【注目アプリレビュー】もう一度言わせて! 『エターニティーウォーリアー2』はおもしろいっす!!

 

「大塚さん、またまたいいコを見つけましたよへっへっへ。絶対に好みだと思うので、ぜひ遊んでください」

社員食堂でエビカツタルタルソースがけ定食というナゾのメニューを食っていたとき、中目黒目黒はそう言ってiPhone 5の画面を突き付けた。俺の好みを知り尽くしているこの男は、何かと言うと我が琴線に触れそうなものを発掘してきて、「これ、どうですか?」と水を向けてくる。“これ、どうですか?”の対象となるのは、ゲーム、本、時事ネタ、ガジェット、おもしろグッズなどはもちろんのこと、ダイエットアイテム、怪しい都市伝説、会社の噂話、果ては女子にいたるまで多岐に富んでいて、じつに節操がない。しかもそれがゲームやアプリだったときには、“これ、どうですか?”がつぎの意味に化学変化する。

「これで原稿どうですか?」

今回が、まさにソレでした。

目黒は「ちょっと見ててください」と言って、スマホを横向きに構えた。そして画面を何度かポンポンとタップし、アプリのスタート画面に。そこには、パステルカラーが目に優しい、シンプルなレイアウトが映し出されていた。

さらに目黒は2回ほど、画面をタップした。そして「まだ俺も始めたばかりなので、弱いところしかできないんですけど……」と言ってどこぞに潜ってゆく。数秒の暗転ののち、画面には童話世界を思わせるトゲのない景色が広がり、その中心でなんともかわいらしいデフォルメキャラが、ぴょこぴょこと身体を上下させているのが見えた。

「これがメインのゲーム画面で、いま映っている4名のキャラクターが俺のパーティーなわけです。見ててくださいよぉ~……」

 

まもなく画面の左右から、ひと目で敵とわかるキャラクターがピコピコと躍り出てきた。すると目黒は、“俺のパーティー”と称していたキャラをポンと触り、そのままドラッグして敵モンスターに重ねる仕草をした。見ると、ドラッグしたポイントからラインが引かれ、選ばれたキャラクターはそれに沿って歩き出している。そして、「あ! 敵とぶつかる!!」ってところでそのキャラは剣を抜き払い、ズバズバと攻撃を開始したではないか! それに合わせて、敵も激しく応戦している。その様子を見た瞬間、俺はあられもなく「うひぃ!!」といい、歓喜でキラキラする声を出した。

「これ、もしかしてリアルタイムストラテジー!? ……いやでも、タワーディフェンス系のゲームにも見えるし。……なんなのこれ!!?」

目黒「しめた!」とばかりにニヤリと笑い、俺の発言を肯定した。

「『エピックレイダース』っていう新作アプリです。まさに、リアルタイムストラテジーのようであり、ディフェンス系のようであり、そしてRPGでもある。おいしいとこ取りの作品ですね。見た瞬間、大塚さんの大好物だと確信しましたよ」

目黒の言う通りだった。とくにリアルタイムストラテジーについては、このジャンルの黎明期から『エイジ オブ エンパイア』シリーズ(PC)で、目黒らと対戦をくり返していたので、遺伝子レベルで「ちゅき(ハート)」という感情が刷り込まれている。見たところ、ハードなリアルタイムストラテジーとは違うようだが、そのエッセンスがふんだんに盛り込まれていることがひと目でわかった。

「この女の子のキャラは“Saint”。ヒーラーですね。戦闘中に傷ついた仲間を回復してくれます」

そう言うと、目黒はかわいらしい女の子のキャラをタップし、HPが減っていたキャラまでドラッグしてきた。するとSaintは、手に持っていた杖を天に掲げ、何やら呪文を唱える。すると、傷ついていたキャラにキラキラと星のようなエフェクトが出て、HPが少しずつ回復し始めたではないか! なるほどなるほど! キャラクターの行動はすべて、画面のタップとドラッグでリアルタイムに決めていくわけか! これはおもしろい! そして新しいではないか!!

俺は昼飯を早々に切り上げて、すぐさま『エピックレイダース』をダウンロードした。基本無料なので、非常にお手軽である。そして、最初から使える“Knight”とSaintのふたりでパーティーを作り、最初のフィールドに入っていった。

そして、戦闘開始。さっそく迫ってきた敵キャラ目掛けて、肉弾キャラのKnightを派遣する。操作はもちろん、タップ&ドラッグ。非常に直感的かつポップなやり取りで、「すんげえスマホに適した操作だな!!」と心から感心する。この手のインターフェースって、誤操作の入る余地があると一気にストレスが溜まって醒めてしまうものだが、『エピックレイダース』はとても正確かつ気持ちよく画面が反応してくれるので、イラつく事象は皆無である(いまのところ)。

 

俺のKnightは奮闘していたが、やがてひとりで2匹の敵を相手するハメになり、みるみるうちにHPが減ってきてしまった。そこですぐに、Saintの回復魔法をKnightにかける。自分のキャラクターは基本、一度「やれ!」と言われたことはつぎの命令があるまで続けるタチのようで、Knightはひたすら攻撃を、SaintはKnightに回復魔法をかけ続けている。このへんも、煩雑な操作を回避するナイスな仕様で、プレイヤーは自分のパーティーが健気に暴れている姿をニヤニヤしながら眺めていればいい。うんうん! いいぞいいぞ!!

そしてすべての敵を打ち倒し、このラウンドは見事クリアーとなった。リザルト画面で報酬をもらい、装備やらスキル(各職業によってさまざまなスキルがある)の割り振りをしてつぎの戦いに備える。装備品もスキルも、軽いノリとは裏腹にメチャクチャ豊富で、プレイヤーは思い思いのキャラを育成できるに違いない。このあたりが、育てゲー好きにグサリと“刺さる”ポイントだ。

目黒の思惑にまんまとハマった俺は、隙があれば『エピックレイダース』を起動してニタニタコツコツとプレイをしている。

リアルタイムストラテジーの「俺、なんて巧みなんだ!」というドヤ顔アピール。

タワーディフェンス系の「うわあああ!! 忙しねええ!!」といううれしい焦燥。

そして、育てゲーならではの「こいつ、俺のオンリーワン!!」という自己満足感。

外面はコミカル&コンパクトなのに、3つのジャンルの魅力がギュッと凝縮されて見事な化学変化を起こしている……。『エピックレイダース』は、そんなゲームだ。

いま俺は、上記のKnightとSaintのほかに、防御に優れた“Temple Knight”、攻撃に秀でる“Assassin”の4人をレギュラーにして、ひたすらフィールドにくり出している。ラウンドが進むと敵の数が多くなり、ホゲホゲと鼻をほじりながらのプレイなんて夢のまた夢となるが(笑)、それがまたたまらなく楽しいよ!!

「うわ!! 回復使ったらオオカミが追いかけてきた!! やめろやめろ! ……ってアサシンがやられそう!! Saintさん回復ヨロ!!! ……ってオオカミに追いかけられてたんだった!!! うわあああ!! ちぬうううう…………!!」

てな感じで、本気で心から楽しんでいます。秋の夜長に、いつまでもプレイしちゃうんだろうな俺……。

でも!!

このゲーム、強い武器やら防具は課金で買うことになる。まあそれはそういうシステムなのでいいんだけど、ダンジョンで手に入れた宝箱を開けるのに、課金アイテムの“スター”を5個も消費(50個で85円)しなきゃいけないのがなんとも惜しいと言うか……(フィールドでカギを手に入れてればタダで開くけどさ)。宝箱は無課金プレイヤーへの救済として、無条件で開けさせてほしかった……。

※【遅くなってごめんなさい】ファミ通Appのアプリがやっとできました
iPhone版はこちら
Android版はこちら

[関連記事]
※【注目アプリレビュー】『エピックレイダース』パーティープレイが超楽しいRPG
※『エピックレイダース』のパーティー編成で迷ったらアサシンがオススメです

エピックレイダース

メーカー
GAMEVIL Inc
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad に対応。 iOS 4.2 以降が必要、Android 2.2 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧