1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第35回『メールの爆弾』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第35回『メールの爆弾』

2012-06-15 15:47 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●メールの爆弾

樹天龍・ホウライを手に入れたことで、「『パズドラ』道は極めた。プラントアーミーズ最強。宇宙の真理は俺のもの」とドヤ顔でふんぞり返っていた俺。“ノーマルダンジョンを制する”という本来の目的を忘れ、ぐだぐだと無為な日々を過ごしていた……というところまで前回の日記で書いた。今回はその続きである。

「お、俺が悪かった……。キチっと心を改めて、いまからノーマルダンジョンに挑むことにするわ……」

深く反省した俺はそう言うと、途中で進軍が止まっていたダンジョン“陽炎の塔”に潜る決意をした。

ひさびさに見てみると陽炎の塔は5つに分かれており、俺はそのうちの4つまでをクリアーしていたことが判明した。残っているのは“赤の守護龍”というダンジョンで、名前からして火属性のモンスターがうじゃうじゃ出てくるだろうことが、容易に想像できる。思わず、俺は便秘のイヌのような唸り声を出した。「うーん……」。

「どうしたんですか? 早く潜りましょうよ」

いっしょに昼飯を食っていた目黒が俺を急かす。もとより俺も、とっととここはクリアーしてつぎの段階に進みたかったのだが、コトはそう簡単には運ばないらしい。俺は痛恨の表情を作り、苦々しげな声で目黒に言った。

「いやあ、ここって火のダンジョンだろ? 火……ってことは、有効なのは水属性。しかし俺、水属性のモンスターはロクなの持ってないんだ……」

これに対し、目黒はこんなことを言う。

「……いや、ロクなのがいないのは水に限ったことでは…………イエなんでもないです。ちなみに、水属性のベストパーティーはどんなのになるんですか??」

俺はしぶしぶと、iPhoneの画面を目黒に見せた。そこにあったのはこんな画面。

目黒、「ぶっwww」と吹き出した。「ちょwwwww 番人が2匹も入ってるじゃないっすか!!ww コマ不足にもほどがありますよww あ、ガーディアンもいるwww。俺、陰湿な目つきで目黒を睨みつけて言った。

「しょーがねえだろ!! ほかにいねえんだから!! ……困ったときの水の番人!! 躓いたときのガーディアン!!!」

もはやヤケクソである。

でも、ない袖は振れないので、俺はしかたなくこのメンツで赤の守護龍に入っていった。10階層からなる深いダンジョンで、出てくる敵も歯応えがあり、油断はならない。

それでもどうにか、俺は先に進むことができた。いちばん有効だったのは助っ人に選んだ“大海の歌姫・セイレーン”の回復スキルで、彼女が傷ついた仲間を健気に回復してくれるので、ギリギリの線で踏ん張れたのである。

しかし、さすがにボス戦は勝手が違った。

現れたのは炎の大ドラゴン・イフリートで、体力、パワーともに圧倒的である。セイレーンの回復はもとより、回復ドロップを確実に消していかないとアッと言う間に攻撃の波に飲まれてしまう……という、俺からしたら分不相応な相手で、1ターン1ターンがヒヤヒヤの綱渡りとなった。

それでも、本当に薄氷の上で藁をつかんでいるような(?)立ち回りではあったが、なんとかイフリートの体力を削ることができた。ずっと俺のプレイを見ていた目黒も、ホッとした声で称えてくれる。

「おお……! なんとかなりましたね! つぎの攻撃で、最低2連鎖くらい作れればイケますよ!!」

そう、俺はそこまでイフリートを追い詰めていたのだ。パズル面を見ても、水ドロップを中心に連鎖を作りやすい配置になっていて、よっぽどのことがない限り俺の勝利は決まったようなものだった。体力は半分以下に減らされ、イフリートはつぎのターンで攻撃してくるので失敗したら逆にやられてしまう瀬戸際だったが、なに、2連鎖以上作ればいいんだ。嬉々として、俺は言った。

「おし!! やっちまうか!! これで陽炎の塔はクリアーだ!!!」

水ドロップに指を乗せた俺は、頭に思い描いた通りに指を動かそうとした。俺のシミュレーションでは、最低で4連鎖、落ちてくるドロップしだいでは6連鎖以上が見込める配置だったので、余裕なんてもんじゃない。「勝った!!!!」と俺は吠えた。

 しかしつぎの瞬間、信じられないことが起こる。

画面にいきなり妙なメッセージがポップアップされて、ドロップを移動させていた指が止まってしまったのだ……!!! そう、メールが着信したのである。俺、瞳孔が開き切った目で送信者の名前を見て、断末魔の悲鳴を上げた。

「キャ、キャバ嬢からメッ!!!!」

そんな突発的な事件は意に介さず、2連鎖すら作れなかった我がパーティーにイフリートの鉄拳が襲い掛かる。

 ズガンッッッ!!!!!

 ピーーーーーーーーーーーーーーーー。

 GAME OVER

「………………」(俺)

「…………………………………………………」(目黒)

……こういうことって、よくあるよね! ね!!?

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/パズル
メーカーガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイトhttps://pad.gungho.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧