1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第11回『グリーンコドラに罪はない』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第11回『グリーンコドラに罪はない』

2012-05-08 09:00 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●グリーンコドラに罪はない

ショックなことがあったので、今日は短くまとめてとっとと寝ます。

神様・ハイネ鳥居に選んでもらったメンツで、新たな旅をスタートさせた俺。先に進んで、より難しいダンジョンに挑戦するという選択肢もあったが、ここはあえて“木属性ダンジョン”に潜ることにする。「くり返し潜り続けていれば、いつかステキな木属性モンスターが現れてタマゴを落してくれるに違いない!!」という希望的観測があったからだ。俺は“ディメテル樹林”を主戦場として選定し、スタミナの許す限りここに通い詰めた。

しかし「いつかステキなモンスターのタマゴが!」なんて叫んでいながら、俺はレアで魅力的なモンスターを、タマゴを拾って手に入れたことがない。ただの一度もない。前回の日記で「ドリヤードをタマゴで手に入れた」ということを書いたがこれが最強にして最高峰の出来事で、ふだんタマゴで拾っているのは“アースファイター”が関の山である。

ではなぜ、ディメテル樹林をピンポイントで攻めようと思ったのか? この行動の裏にあるのは“かすかな記憶”だ。

初めてディメテル樹林を攻略していたとき、俺は道中で何度か緑色のドラゴンっぽいモンスターを見かけた覚えがある。とは言え、「ディメテル樹林には絶対に“グリーンコドラ”と思われるモンスターが生息している!」と断言できるほどでもなく、脳ミソの片隅に「ディメテルに緑ドラゴン」と破れかけのシールがへばりついている程度の淡い記憶に過ぎない。しかし、よりどころとなる情報はほかに何もなかったので、ダメもとでコレにすがろうと思ったのだ。なので気分的には、「アルラウネやドリヤードに喰わせる(合成する、の意)木属性のモンスターが手に入ればいいや」って感じのお気楽なもの。そして実際、何度潜ってもドラゴンっぽい雑魚モンスターは現れてくれなかった。

やっぱり、がむしゃらに潜っているだけでは強いモンスターは手に入らないのかな……。

俺の視界の片隅で、“レアガチャ”の文字が光っている

手持ちの魔法石は4個しかないので、現状ではレアガチャを回すことはできない。でも、フラリと魔法石ショップに入って“購入”ボタンを押すだけで、必ず☆3以上のレアモンスターが手に入る奇跡のガチャを回すことができちゃうのだ。

でも俺は、課金を封じた身……。

とは言え、俺が課金してレアガチャを回したとしても、誰かにバレるものでもない。俺が黙っていればいいだけなのだ。

回したい……。

あと1回だけでいいから、レアガチャを回してしまいたい……!

脳ミソの中で天使と悪魔が、ガチンコの殴り合いをしている。いまや「回しちゃダメよ!」と主張する天使は劣勢で、「いいじゃねーか! 回そうぜ!」と煽る悪魔にアキレス腱をキメられる寸前まで追い込まれている。いかん……! 押し切られる!!

そんな葛藤をしている俺の目の前に、ディメテル樹林のボス“アースドラゴン”が現れた。いかつい2本の角が恐ろしい木属性のモンスターで、こいつを見るたびに「アースドラゴンが仲間になってくれたらな……」と涙ながらに思う。ただ、ある程度育っている我がパーティーからみたら怖い相手ではなく、俺は数分でアースドラゴンを仕留めることに成功した。もう何十回となくくり返した、いつも通りのやり取りである。

しかし、そのとき--。

画面に一瞬、妙なものが映った。

アースドラゴンの股ぐらあたりにタマゴがボトリと落ち、それが風に運ばれて消えたのが見えた気がしたのだ。

「え………………。マ、マジで…………??」

もしかしたら、あまりにも欲しいがゆえに見た幻覚だったかもしれぬ。ボスであるアースドラゴンがタマゴを落とすなんて、想像だにしていなかったんだから。は、ははは。なんだそうか幻覚か。白日夢か。昨夜ちょっと飲み過ぎたから、まだ脳ミソがアルコールに浸かってるのかもしれねーな。

「は、はははは」

空笑いをしながら、震える指で画面をタップしてつぎの画面に進む。目は、さっきからまるで瞬きをしていない。血がにじむほど、見開かれたままだ。ままま、まさか本当に、アースドラゴンが手に入ったのか!? 俺の不幸なモンスター収集の歴史をリセットする、レアなモンスターがやってきたのか!!? するとまもなく、画面を見続ける俺に待望の瞬間が訪れた。

俺はノドも裂けよと絶叫した。

「グリーンコドラきたーーーーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!」

おおおおおおおっ!!! なるほど!!! アースドラゴンではなく、その元であるグリーンコドラがタマゴとして落ちるのか!!! 直でアースドラゴンが落ちれば楽でいいけど、こいつを育てればいつか屈強な親ドラゴン(?)になる……! うん、この子で十分だ>< 俺はやったぞ!! ついに木属性のモンスターを手に入れたんだあああああああ!!!

俺はさっそく、急いで撮ったスクリーンショットを中目黒目黒のiPhoneに送った。「落ちた!!! 20回くらい潜り続けて、ついに木のドラゴンをゲット!!!」という感動のメッセージを添えて。すると目黒から「すげえ!w お疲れ様です!ww」との返答が。どうやら目黒も、俺の執念に脱帽しているようだ。俺は『パズドラ』を始めてから初めて目黒を出し抜くことに成功し、格別な達成感を手に入れたのだった。

しかし、それから13分後……。

目黒から、下のスクリーンショットが送られてきた。

そこに写っていたのは、我が愛するグリーンコドラ。でも、俺が数分前に送ったものではない。見ると、スクリーンショットには以下のメッセージが添えられていた。

「こいつ、友情ガチャで出てきましたよw もうほかのモンスターに合成しちゃいましたけど^^;;;」

お、俺の苦労はいったい……………………。

もう寝よ…………………。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧