1. サイトTOP>
  2. ブログ>
  3. 大塚角満の熱血パズドラ部!>
  4. 【大塚角満の熱血パズドラ部!】第10回『品揃えの悪い魚屋』

【大塚角満の熱血パズドラ部!】第10回『品揃えの悪い魚屋』

2012-05-07 16:46 投稿

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

●品揃えの悪い魚屋

木属性のモンスターをメインに据えた“プラントアーミーズ”を結成すると息巻いたものはいいものの、想いの強さだけで理想のパーティーができるほど『パズドラ』は甘いゲームではない。ていうかそもそも、「木属性で強いモンスター、どこかにいないかなぁ~」と探し始めたことが話の発端なので、当時の俺の手元には1匹たりともまともな木属性のモンスターはいなかったのだ。

ある日、いつものように昼飯を食いながら中目黒目黒と『パズドラ』の話をしていたとき、俺はボソッと「このメンツじゃ、話にならないよなぁ……」とつぶやいた。「モノは試しに……」と手持ちのモンスターで作った“最強木属性パーティー”を眺めて出たため息である。これを聞いた目黒は、「お! どんなメンツがいるんですか??」と我がプラントアーミーズに興味津々。俺は無言で、目黒にiPhoneを手渡した。そこに映っていたのは、以下のような面々。

▲スクリーンショットを撮るのを忘れていたため、現行のメンツで当時のパーティーを再現してみた。

・アルラウネ(リーダー・木)
・アーマーオーガ(木)
・アースナイト(木)
・ドリヤード(木)
・エンジェル(光)

このパーティーを見た目黒は「こ、これは…………」と絶句し、震える手で味噌汁をひと口すすってから「な、なんて弱そうなwwwww」と爆笑した。俺、顔を真っ赤にして反論する。

「うるせーーー!! しょうがないだろ! 木のモンスターがぜんぜん手に入らねえんだから!!」

これを受けて、目黒はつぎのように言う。

「いやでも、これだと木属性のモンスターをただ並べただけで、ぶっちゃけポリシーが感じられません!ww ダンジョンで苦労するのが目に見えていますよwww」

俺、とたんにシュンとして応えた。

「ホント、まさにその通り……。柱になる木属性のモンスターがいないから、余計にショボく見えるし……。その“アルラウネ”も、何度も木属性のダンジョンに通ってようやく落ちた“ドリヤード”のタマゴを、必死に育てて手に入れたものだしな……」

このあいだのレアガチャで強い木属性のモンスターが引けてたら……。

その思いばかりが強くなる。友情ガチャは何度回しても“アクアファイター”ばっか出やがるので、過度な期待をすることはとっくの昔にやめてしまった。やっぱりメインで使えるモンスターを手に入れるには、レアガチャを回すしかないのか……?

そんなことを考えながらまわりの席をチラチラと見ると、俺たちが飯を食っているすぐそばのテーブルに“神様”ハイネ鳥居がやってきたのがわかった。目ざとくそれを見つけた目黒はニヤリと笑い「鳥居、ちょっとこっち来て!」と神様に手招きをする。急激に、イヤな予感が丹田のあたりから込み上げて来たのがわかった。ま、まさか……。はたして、飯のトレイを持ってやって来た鳥居に向かって目黒はこんな要求をする。

「鳥居、ちょっと大塚さんのパーティーを見てみてよ。そして感想と、改善ポイントのレクチャーよろしくwww」

公開処刑キターーーーーーーーーーーッッ!!!!!

鳥居は笑わぬ目で「わかりました」と低く言い、「あうあうあう」と無意味にあえぐ俺からiPhoneを強奪。そして、我がプラントアーミーズを見るやいなや「これは…………」と言葉を漏らし、味噌汁をひと口すすってからつぎのような質問を投げかけてきた。

「……大塚さん、ダンジョンはどこまで進んでいるんですか?」

俺、テーブルの上に出しっぱなしだったとっておきのチーズケーキを食べ散らかしたのがバレてご主人様に怒られる飼い猫のミュウのような気分になって(長えな!)正直に申告した。

「え、えっと、“魔王の城”の“王を守る者”まではクリアーしてあります……」

鳥居は「え!」と驚いて目を見開き、職場の大先輩である俺に向かって歯に衣着せないセリフをぶっ放した

「このメンツでそこまで来れたってことは……間違いなく“助っ人”のおかげだと思います!!w フレンドの方々に感謝せねばなりませんよ!!」

ひぃぃぃぃぃ!! 俺の存在、全否定!!! 鳥居、さらに続ける。

「大塚さん、現時点では木属性にこだわらず、手持ちのメンバーで“最強パーティー”を作って前に進んだほうがいいですよ。そして手駒が揃ってきてから、属性に特化する戦略に移ったほうがいい」

鳥居はそう言うと、慣れた手つきで俺のiPhoneをパッパッパと操作した。画面を覗くと、俺の恥ずかしいモンスターリストが表示されている。自分で言うのもナンだが、本当にロクなモンスターがいない、閉まりかけの魚屋の店頭のようなリストである。

「さすがの神も、編成に手こずりそうですなwww」

と目黒が茶々を入れる。そんなことは本人がいちばん招致しているので、俺はついつい泣き声を出した。

「あ、あの! こんなにやってもロクなのが集まらないから、いっそイチからやり直そうかなって!! 最初、なんも知らずに魔法石をコンティニューやらスタミナ回復で使い果しちまいましたけど、今度はそれをすべてレアガチャに!!」

しかし、鳥居はいたって真剣な顔で「大丈夫ですよ」と言い、「いまいるメンツからチョイスするなら、僕だったらこんなパーティーでやりますね」と言って新たな軍勢を見せてくれた。それがコレだ。

・プテーラ(リーダー・光)
・ホーリードラゴン(光)
・エンジェル(光)
・プレシオス(水)
・アルラウネ(木)

鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしている俺に向かって、鳥居が解説する。

「光属性に寄せた編成です。このプテーラはまだ育っていませんが、成長が早いし、使えるのでここに入れました。本当はもう1匹、光属性のモンスターを入れたいんですけど……。アーマーオーガを入れたほうが攻撃力と体力が上がりますけど、大塚さんは回復力が高いほうがいいと思ったので、あえてアルラウネを採用しました。あとはバランスを見て、合計HPを増やせるモンスターと入れ替えですね」

な、なるほどー! 確かに、これでプテーラがある程度育ってくれれば、そこそこ見られるパーティーのような気がする。神にかかれば、俺のショボい店先もちょっとは豪華に見せられるんだな!!

「大塚さん、しばらくそれでプレイして、じょじょに木軍団を集めてくださいねwww」

と目黒。言われんでも、この中途半端な光パーティーで、木のモンスターを狩りまくってやるぜ!!!

そして、すぐに事件は起こる

次回に続く~。

 

大塚角満(おおつか・かどまん)……週刊ファミ通、ファミ通コンテンツ企画部副編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズが2作品ある。現在、ファミ通.com上でブログ“大塚角満のゲームを読む”、“『ドラゴンズドグマ』で暮らす”、アメーバブログで“大塚角満のブログ”などを連載中
※ゲームを“読む!”はこちら
※大塚角満のブログ (Ameba)

 

[関連記事]
※大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー
※【まとめ】『パズル&ドラゴンズ(パズドラ)』総合ページ

パズル&ドラゴンズ

メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
https://pad.gungho.jp/
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iOS/Android

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧