『D2メガテン』魔神 オーディン【異世界】・女神 アナーヒター・魔王 アモンの上方修正が実施!その詳細をチェック!

2024-06-19 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

D×2 真・女神転生 リベレーション

あの悪魔たちが大幅パワーアップ!

『D×2 真・女神転生 リベレーション』にて、『真・女神転生V Vengeance』発売を記念した悪魔3体の上方修正が、2024年6月20日に実施される。

この記事ではそれら悪魔のラインアップと修正内容をチェックしていく。

上方修正される悪魔のラインアップ

・魔神 オーディン【異世界】
・女神 アナーヒター
・魔王 アモン

魔神 オーディン【異世界】

odin02_result

▼主神の怒り
・修正前
物理・電撃貫通を得る。クリティカル率が100%増加、クリティカル時に与ダメージが40%増加。敵の弱点をついたとき、終末戦争以外でプレスターンアイコンを消費しない。
自身が生存中、味方全体は高揚のときに物理・電撃属性の与ダメージが40%増加。さらに、敵全体は消沈のときに自身が受ける攻撃のクリティカル率が30%増加。1ターン目開始時、連動効果が発動「3ターンの間、味方全体を高揚にし、敵全体を消沈にする。」
「神槍グングニル」発動時、そのスキルの強化段階が1増加。

・修正後
物理・電撃貫通を得る。命中率が20%増加。クリティカル率が100%増加、クリティカル時に与ダメージが40%増加。
敵の弱点をついたとき、終末戦争以外でプレスターンアイコンを消費しない。
自身が生存中、味方全体は高揚のときに物理・電撃属性の与ダメージが40%増加。さらに、敵全体は消沈のときに自身が受ける攻撃のクリティカル率が40%増加。1ターン目開始時、連動効果が発動「3ターンの間、味方全体を高揚にし、敵全体を消沈にする。」
「神槍グングニル」発動時、そのスキルの強化段階が1増加。

▼神槍グングニル
・修正前
敵単体に物理属性または電撃属性の打撃型ダメージを威力150で与える。攻撃成功時、連動効果「敵全体に選択された属性の打撃型ダメージを威力100で与える。」このスキルの属性は自動で選択される。
【強化段階:1】単体ダメージが威力180に上昇
【強化段階:2】全体ダメージが威力120に上昇
連動効果も含む、このスキルによるダメージは下記が適用。反撃効果・死亡時に食いしばるスキルを無視。クリティカル・ミスが発生する場合がある

・修正後
敵単体に物理属性または電撃属性の打撃型ダメージを威力200で与える。攻撃成功時、連動効果「敵全体に選択された属性の打撃型ダメージを威力100で与える。」このスキルの属性は自動で選択される。
【強化段階:1】単体ダメージが威力240に上昇
【強化段階:2】全体ダメージが威力120に上昇
連動効果も含む、このスキルによるダメージは下記が適用。防壁貫通を得て反撃効果・死亡時に食いしばるスキルを無視。クリティカル・ミスが発生する場合がある。

▼思念融合
・修正前
PANEL1:物理・電撃属性で与えるダメージが15%増加。物理・電撃属性で受けるダメージが30%減少。​
PANEL2:自身が悪魔を倒したとき、連動効果「自身をチャージ状態にする。」(1ターン中1回)​
PANEL3:物理・電撃属性で与えるダメージが20%増加。最大HPが20%増加。​

・修正後
PANEL1:命中率が20%増加。物理・電撃属性で与えるダメージが15%増加。物理・電撃属性で受けるダメージが30%減少。​
PANEL2:自身を含む味方が悪魔を倒したとき、連動効果「自身をチャージ状態にする。」(1ターン中1回)​
PANEL3:物理・電撃属性で与えるダメージが20%増加。最大HPが20%増加。​自身がクリティカルを発生させたとき、連動効果「1ターンの間、味方全体を高揚にし、敵全体を消沈にする。」

●ワンポイント
もともとのコンセプトである高火力にフォーカス。チャージと合わせてかなりの火力が実現している。
PANEL3ではクリティカル発生時の高揚&消沈が追加され、使いやすさが向上。
不安要素となっていた命中率も固有パッシブと、解放ハードルの低いPANEL1に追加されているのがうれしい。

女神 アナーヒター

anahita_result

▼アクアグレイス
・修正前
氷結貫通を得る。1ターン目開始時、連動効果が発動「1ターンの間、味方全体はHP400相当の防壁を得る。」自身が生存中、味方全体は次の効果を発揮「防壁を得ているとき、自身が与える魔法型ダメージが30%増加する。」

・修正後
氷結貫通を得る。自身のバトルスピードへの影響が20%増加。
1ターン目開始時と自ターン開始時、連動効果が発動「3ターンの間、味方全体はHP1000相当の防壁を得る。」
自身が生存中、味方全体は次の効果を発揮「防壁を得ているとき、MPの自然回復量が1増加し、自身が与える魔法型ダメージが30%増加する。」

▼ヘルストリーム
・修正前
敵単体に氷結属性の魔法型ダメージを威力240で与える。攻撃成功時、1ターンの間、味方全体の攻撃力・防御力を20%増加させる。このスキルによるダメージは死亡時に食いしばるスキルを無視する。

・修正後
敵単体に防壁貫通を得た氷結属性の魔法型ダメージを威力280で与える。攻撃成功時、1ターンの間、味方全体の攻撃力・防御力を20%増加させ、敵全体の攻撃力・防御力を20%減少させる。このスキルによるダメージは死亡時に食いしばるスキルを無視する。

▼思念融合
・修正前
PANEL1:氷結属性で与えるダメージが15%増加。自身のバトルスピードへの影響が20%増加。
PANEL2:自ターン開始時、連動効果が発動「1ターンの間、味方全体はHP400相当の防壁を得る。」
PANEL3:氷結属性で与えるダメージが20%増加。最大HPが20%増加。

・修正後
PANEL1:氷結属性で与えるダメージが15%増加。「ヘルストリーム」で消費するMPが1減少。
PANEL2:自身が生存中、味方全体は次の効果を発揮「防壁を得ているとき、自身が与えるすべてのダメージが15%増加。」
PANEL3:氷結属性で与えるダメージが20%増加。最大HPが20%増加。1ターン目開始時、連動効果「味方全体に増強1カウントを与える。」

●ワンポイント
固有パッシブでバトルスピードが増加。さらに固有アクティブでは敵全体の攻防デバフが追加され、ひとりで攻防のバフデバフを持つことになったアナーヒター。
PANEL1ではヘルストリームの消費MPが1減少するので、ついにMP4でこれを放つことが可能になる。
PANEL3に増強を持っているので、破壊神マサカドと相性がいい。

魔王 アモン

amon_result

▼魔炎の息吹
・修正前
火炎貫通を得る。最大HPが50%増加。自身が受ける魔法型ダメージが40%減少。自身が魔法型攻撃または割合ダメージを受けたとき、連動効果を発動「1ターンの間、自身はHP1500相当の防壁を得る。」この効果の発動はバトル中4回まで。敵ターン終了時、連動効果が発動「自身をコンセントレイト状態にする。」この効果の発動はバトル中1回まで。

・修正後
火炎貫通を得る。自身が受ける腐食の霊鎖を1カウント軽減する。最大HPが50%増加。自身が受ける魔法型ダメージが40%減少。後攻でバトル開始時と自身が魔法型攻撃または割合ダメージを受けたとき、連動効果を発動「3ターンの間、自身はHP1500相当の防壁を得る。」この効果の発動はバトル中4回まで。敵ターン終了時、連動効果が発動「自身をコンセントレイト状態にする。」この効果の発動はバトル中1回まで。

▼アビスフレア
・修正前
敵全体に残滓を得た火炎属性の魔法型ダメージを威力120で与える。このスキルによるダメージは魔法防御力に依存し、死亡時踏みとどまるスキルを無視する。

・修正後
敵全体に残滓・防壁貫通を得た火炎属性の魔法型ダメージを威力140で与える。このスキルによるダメージは魔法防御力に依存し、死亡時踏みとどまるスキルを無視する。

▼思念融合
・修正前
PANEL1:即死・緊縛無効を得る。自身の魔法防御力を+500。
PANEL2:最大HPが20%増加。防壁を得ているとき、自身が受けるすべてのダメージが30%減少。
PANEL3:火炎属性で与えるダメージが20%増加。最大HPが20%増加。

・修正後
PANEL1:最大HPが20%増加。即死・緊縛無効を得る。自身の魔法防御力を+500。
PANEL2:最大HPが20%増加。防壁を得ているとき、自身が受けるすべてのダメージが30%減少し、火炎属性で与えるダメージが30%増加する。
PANEL3:火炎属性で与えるダメージが20%増加。最大HPが20%増加。
防壁を得た状態で「アビスフレア」発動時、連動効果「敵全体に防壁貫通を得た火炎属性の魔法型ダメージを威力40で与える。このスキルによるダメージは魔法防御力に依存し、死亡時踏みとどまるスキルを無視する。」

●ワンポイント
固有パッシブに、1カウントの腐食軽減が追加。防壁も1ターンから3ターンにターン数が増え、防御面が強化されている。
アクティブに防壁貫通が追加され、PANEL3にアビスフレア発動時の追撃が追加されているので、耐えて返す能力が大幅に強化されている。

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
公式Twitterhttps://twitter.com/d2megaten
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧