『ドラクエウォーク』レベル上げは15章で決まり! 経験値最高効率に加えメタル袋も使えます【プレイ日記第686回】

2024-02-09 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』速報・最新記事

ファミ通Appドラクエウォーク攻略チームによる、人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。

⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

ゴジライラスト本日の担当:ゴジラ太田

⇒Twitter

新たな経験値稼ぎの場が登場!

皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! 週末の強風から週明けの大雪のコンボで思うように『ドラクエウォーク』をプレイできない日々が続きましたが、その後は怒涛のプレイで15章のサイドストーリークリアーまで進めました! これで灼爍天ブレアのこころ覚醒が解放!

宝珠のかけらはすぐに集まりそうだけど、20万歩がキツイ。1日1万歩計算で考えたら、覚醒できるのは2月終わりかな。灼爍天ブレアのこころ覚醒ミッションはサイドストーリー4話をクリアーしないと解放されないので、できるだけ優先して終わらせておきましょう!

01
 
02

新たな経験値稼ぎの場は15章でキマリ!

現在は15章でこころ集めをしているのですが、経験値がかなり多い! 下を見比べてもらえるとわかりますが、宝の地図で大人気の“岐阜のみのちいさき地図”で獲得できる経験値より多い!

■岐阜のみのちいさき地図(4体のとき)

 
03

■15章(すべて15章のモンスターで4体のとき)

04

その差なんと約2000! ですが、岐阜地図は基本的に一撃で倒せるのに比べ、15章は基本的に二撃になってしまいます(妖精の円月輪→はかいのてっきゅう)。しかし、一撃で倒してもモンスターが枯渇して戦えない時間が出てきますし、二撃でも正直モンスターを倒すペースはあまり変わらない気がするんですよね。

なにより「便利!」と思ったのが、メタル系においぶくろを使えること。地図を受注している場合は、メタル系においぶくろを使うと地図モンスターが出現しなくなってしまうので封印するしかありませんでしたが、15章では気兼ねなくメタル系においぶくろを使えます。

ただでさえ経験値が最高効率なのに、さらにメタル系モンスターもバカバカ倒せるように。これは最高過ぎる! ぜひ皆さんも15章を進めてホックホクの経験値稼ぎを楽しんでくださいね。ちなみに、出現モンスターが15章のみになるのは9話からですよ!

 
05

そして、15章で盛り上がってしまいすっかり忘れていたイベント(笑)。最後の更新で高難度クエストが登場したので挑戦し、なんとかクリアーできました。メガモン戦と同じく、メタキンガードで暗黒皇帝ガナサダイの“冥土の烙印”を無効化すれば、かなり楽に戦えましたよ。

06

限定称号はそれなりのカッコよさかな?

 
07

先日の不具合はなにか新たなものが実装される影響!?

アプリバージョン5.10.0で“こころ道で獲得した効果値が本来の2倍になってしまう”という不具合が発生。この状況で“まんたん”を使うとアプリが強制終了してしまいましたが、現在は修正されています。

08

こんな不具合があったら「こころ道の効果値が2倍になる不具合てことは、こころ道の効果値が上がるような何かが近々あるのかも?」と考えてしまいますよね(笑)。もしかしたら、つぎのレベル上限解放でこころ道の先が解放され、そこでこころ道の効果値を上げられるなにかが実装されるのかもしれません。それらを仕込んでいたら、今回のような不具合が発生した……と、自分に都合のいいように予想してみました(笑)。

とりあえず、いまは15章で経験値を稼ぎつつこころ集め、そしてブレアのこころ覚醒を目指して1日1万歩ペースを維持したいと思います。

それでは、また!

【ドラゴンクエスト関連商品をAmazon.co.jpで見る】

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧